オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
グランツーリスモ5公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:25
レビューを投稿する
海外での評価
84
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
“最速”だけを目指したらどうなる? SCEJ,“GT”シリーズとレッドブル・レーシングのコラボプロジェクト「X1プロトタイプ」の内容を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/10/29 11:45

ニュース

“最速”だけを目指したらどうなる? SCEJ,“GT”シリーズとレッドブル・レーシングのコラボプロジェクト「X1プロトタイプ」の内容を公開

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは10月28日,同社の“グランツーリスモ”シリーズとレッドブル・レーシングのコラボレーションプロジェクト「X1プロトタイプ」の内容を公開。合わせて,本プロジェクトによって生まれ「グランツーリスモ5」に収録されるレースカー「レッドブルX1」の情報を公開した。

グランツーリスモ5

「グランツーリスモ」公式サイト


 このX1プロトタイプは,「もしルールやレギュレーションをすべて度外視して地上最速のレースカーを作るとしたら,それはどんな車でどんな性能を持つだろう?」という問いから始まったプロジェクト。そしてこのプロジェクトによって生まれたのが,架空のレースカー「レッドブルX1」だ。

グランツーリスモ5

 レッドブルX1は,“GT”シリーズを手掛けるポリフォニー・デジタルによって練り上げられ,世界的レーシングコントラクターであるレッドブル・レーシング,およびエアロダイナミクス(空気力学)の専門家にしてレースカーデザインの鬼才エイドリアン・ニューイが参加したプロジェクトによって誕生。セバスチャン・ベッテルによる鈴鹿サーキットでのシェイクダウンテストも行ったうえで「グランツーリスモ5」に収録されるという。

グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5

 今回は,気になるX1プロトタイプの主要緒元を始め,気になるスクリーンショットが多めに届いている。なかにはダウンフォース特性図など,エンスー必見(?)のデータもあるので,ぜひチェックしておいてほしい。

#####以下,リリースより#####

==「X1プロトタイプ」主要緒元==

<ディメンション>
全長: 4.75m 全幅: 2.18m 全高: 0.98m
ホイールベース 2.9m フロントトレッド: 1.85m リアトレッド: 1.78m

<車重>
乾燥重量: 545kg 走行重量: 615kg

<エンジン>
型式: V型6気筒直噴ツインターボ
排気量: 3000cc
最大出力・回転数: 1106.0kW(1503.8 ps) / 15000rpm ※1483hp
最大トルク・回転数: 714.1Nm(72.9 kgf*m) / 12000rpm

<サスペンション>
フルアクティブライド・サスペンション

<ファンによるボトムのダウンフォース>
最大出力 9800N(1000 kgf), 1.63G相当

<ウイングおよびベンチュリー効果による車速の二乗比例で効くダウンフォース>
100km/h時: 1044.7N( 106.6 kgf ), 0.17G相当
200km/h時: 4181.7N( 426.7 kgf ), 0.69G相当
300km/h時: 9412.9N( 960.5 kgf ), 1.56G相当
400km/h時: 16732.5N( 1707.4 kgf ), 2.78G相当

300km/hでのコーナリングG試算

総タイヤ荷重: 4.19G相当 (=重力 1.00G + ファンによるダウンフォース 1.63G + ウィングによるダウンフォース 1.56G)
タイヤ摩擦係数: =1.97 (ベース= 2.16、 高荷重時に効率が91.5%ほどに低下するモデルになっている)
タイヤが発揮できるコーナリングG: 8.25G (=4.19 * 1.97 )

※添付の「X1ダウンフォース特性図」との連動を考慮した記述
試算: 300km/h でのコーナリングG
総タイヤ荷重: 2575.6 kgf (前輪 1142.7 kgf + 後輪 1432.9 kgf )
タイヤ摩擦係数: =1.97 (ベース=2.16、高荷重時に効率が約91.5%に低下する)
タイヤが発揮するコーナリングフォース: 5073.9 kgf
コーナリングG: 8.25G (= 5073.9 kgf / 615kg )

<パフォーマンスデータ>
0-60mph : 1.4sec 0-120mph : 2.8sec 0-200mph : 6.1sec
最高速度 : 280mph以上( 450km/h以上)
300km/h時の前後・左右最大加速度 : 8.25G

ダウンフォース特性図
グランツーリスモ5

グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5

グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5

グランツーリスモ5 グランツーリスモ5

 名作と呼ばれたあらゆる歴史的なレーングカーと同様に、「レッドブルX1」は幾重にも及ぶ試行錯誤の末に完成しました。プロジェクト当初「レッドブルX1」はターボエンジンを動力源とし、ホイールカバーとグラスキャノピーを持つシングルシートの低抵抗ウイングカーでした。これ自体、15,000回転・1,483馬力・最高速度400Km・6G(横G)という凄まじいスペックを発揮するマシンでしたが、エイドリアン・ニューイの夢と熱意によって「ファンカー」の技術を取り入れるという、より挑戦的な提案へと昇華しました。この技術はマシンの下からファンによって強制的に空気を吸引し、マシンの下の気圧を下げることで大きなダウンフォースを発生させるもので、1970年代後半にF1にも登場、そしてすぐさま禁じられたという背景を持つ技術です。

グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5

 エイドリアン・ニューイの新しい提案に基づくマシンのデザイン変更は、低速コーナーでのコーナリングスピードを著しく高め、その真価を証明することとなりました。グラスキャノピー、タイヤのフルカウル、ボディスタイルによる低抵抗、ファンによる低速域のダウンフォース向上、フロント・リアウィングおよびリアディフューザーの高速安定性の効力、それら全てが集結した結果、「レッドブルX1」は、人体の限界値とほぼイコールとなる8Gを超える横G、そして最高速度450Km以上という、驚異的なスペックをもつマシンへと生まれ変わりました。そして、デザインチームによって最後に行われたシェイクダウンテストにおいて、セバスチャン・ベッテルは初走行にも関わらず、鈴鹿サーキットのコースレコードを一気に20秒以上も短縮する驚異的なラップタイムを記録しました。

グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5
グランツーリスモ5 グランツーリスモ5 グランツーリスモ5

レッドブルレーシング チーフテクニカルオフィサー
エイドリアン・ニューイのコメント:


「レッドブルX1」は実用技術の最適な組み合わせが一つのデザインの中で統合した、まさに進化そのものと言える存在です。その結果は非常にスリリングでした。「レッドブルX1」はレギュレーションに縛られないレースの未来であると同時に、実現可能な現実でもあります。その破壊的なまでの速度とコントロール性能はセバスチャン・ベッテルによって証明されています。PlayStation 3と『グランツーリスモ5』によって、私たちは未来をテストドライブすることができるのです。

「グランツーリスモ」シリーズプロデューサー
株式会社ポリフォニー・デジタル社長 山内一典のコメント:


このプロジェクトで目指したのはテクノロジーと美意識の限界を探ることです。エイドリアン・ニューイとのセッションはリアルとバーチャルの素敵な出会いでした。プロジェクトは両者の好奇心と情熱によって駆動され、最終的に高いレベルでカーデザイン、物理シミュレーショ.ン、レースカー製作技術、ドライビングを集結させることができたと思います。

「グランツーリスモ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    グランツーリスモ5

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月