オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Mass Effect 2公式サイトへ
読者の評価
89
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
96
Powered by metacritic
Mass Effect 2
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
傑作RPG「Mass Effect 2」のXbox 360版が,マイクロソフトから2011年1月13日にリリース。シェパード少佐の新たな冒険が,ついに日本でも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/11/04 18:21

ニュース

傑作RPG「Mass Effect 2」のXbox 360版が,マイクロソフトから2011年1月13日にリリース。シェパード少佐の新たな冒険が,ついに日本でも

Mass Effect 2
 マイクロソフトは本日(11月4日),Xbox 360版「Mass Effect 2」2011年1月13日に発売すると発表した。価格は7140円で,CEROのレーティングはD(17歳以上対象)となっている。
 Mass Effect 2は,2007年(日本では2009年)にリリースされた「Mass Effect」PC/Xbox 360)の続編で,前作と同じく宇宙連合軍のシェパード少佐が銀河の星々をめぐりながら,人類の運命をも左右する巨大な陰謀に立ち向かっていくというRPGだ。開発は,「Dragon Age: Origins」PC/PlayStation 3/Xbox 360)でおなじみのBioWareが担当している。
 欧米では2010年の1月にリリースされているので,約1年遅れの日本語版ということになる。とはいえ,なにしろ会話が膨大かつ複雑であり,テキストもかなりの量になるため,日本語でプレイできるのは嬉しい話だ。

Mass Effect 2
Mass Effect 2

 前作に比べてグラフィックスや戦闘シーンがパワーアップし,システム面でも細かなブラッシュアップが施され,より遊びやすいものになっている。おなじみのMetacriticsのメタスコアでは,Xbox 360版が96ポイント,PC版が94ポイント(2010年11月4日現在)ときわめて高く,欧米各メディアはほぼ絶賛といったところ。

 前作のプレイヤーだけでなく,海外のRPGに興味がある人はプレイする価値があるはずだ。詳しくは,以下のリリース文を参照してほしい。

Mass Effect 2

英語版「Mass Effect 2」公式サイト



Xbox 360用 SFシューティングRPG『Mass Effect 2』
2011年1月13日(木)に7,140円(税込)で発売

広大な銀河系を舞台に究極の
インタラクティブストーリーが展開するSF RPG最新作

マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区)は、Xbox 360用のSFシューティングRPG『Mass Effect2』を2011年1月13日(木)に希望小売価格7,140円(税抜:6,800 円)にて販売することを発表しました。
多数のアワードを獲得し、世界各地で絶賛されたSF 超大作『Mass Effect 2』 が、いよいよ日本でも発売となります。

『Mass Effect 2』 について
『Mass Effect 2』は、Game of The Year をはじめ、多数のアワードを獲得したSF超大作『Mass Effect』の最新作で、広大な銀河系を舞台に究極のインタラクティブストーリーが展開するRPGです。
本作では、プレイヤーは独立部隊を指揮するシェパード少佐として数多の星々を巡り、銀河で巻き起こっているさまざまな事件を調査しながら、人類の運命を左右する未曾有の危機へと迫っていきます。
銀河中に散らばっている精鋭戦士を集め、最新鋭の宇宙船の舵を取り、宇宙最強の独立部隊として戦力を強化しながら、極めて困難な任務に立ち向かっていきます。

西暦 2185 年
人類は、時間と空間を支配する大いなる技術「マスエフェクト」の発見によって遠宇宙へと進出し、複数の異星人種族からなる銀河統治組織「シタデル評議会」の傘下で歩みを進めていた。主人公、連合軍のシェパード少佐が、有機生命体の殲滅を目論む 「リーパー」の襲撃を退けてから2年後――宇宙の各所で、人類のコロニーが丸ごと消失するという未曾有の事件が発生。人類は、静かに忍び寄る新たな脅威にさらされていた。
その中、銀河を航行中に謎の勢力の襲撃を受け、ひとり暗黒の宇宙空間へと飲み込まれた後、消息を絶っていたシェパードは、ある研究施設の中で目覚める。高度な生物テクノロジーによってシェパードを蘇らせたのは、人類の存続と繁栄のためには手段を選ばない秘密組織「サーベラス」だった。
人類を揺るがす史上最悪の事態を知ったシェパードは、絶望的な状況の戦いに勝利し、人類と宇宙の未来を切り開くため、サーベラスと手を組み、再び銀河の渦中へと旅立つ ――

最高のクオリティーのグラフィックとサウンド、映像演出を実現
『Mass Effect 2』では、スタートボタンを押した瞬間からダイナミックにストーリーが展開し、プレイヤーを壮大な『Mass Effect』の世界へと引き込みます。
緻密に構築された世界観でくり広げられる、インタラクティブなストーリー体験。
前作 『Mass Effect』 からさらに爽快感と戦略性を増した、シューティングファンを満足させるTPS(三人称視点シューティング)スタイルの戦闘システム。シリーズのファンには、前作のセーブデータを使用してキャラクターやストーリー展開を引き継ぐ楽しみも用意されています。

数多の異星人種族が独自の歴史や文化を形成している、
さまざまな惑星

個性あふれる、新しい仲間たちとの出会い。前作『Mass Effect』から引き続き登場する、古い戦友たちとの再会。そして、銀河を股に掛けた壮絶な戦いと、人類を脅かす未知の敵――『Mass Effect 2』では、無数のドラマと、スリルに満ちたゲームプレイが待ち受けています。シェパードは、人類と宇宙にどのような未来をもたらすのでしょうか?


製品特徴

・究極のインタラクティブストーリー:
『Mass Effect』シリーズ共通の特徴として、会話シーンにおいてプレイヤーは、シェパードの言動を選択することができます。模範的な態度をとるか、非情にふるまうか、プレイヤーの選択によって、シェパードのキャラクター性と状況が大きく変化し、奥深いストーリーを体験することができます。
また『Mass Effect 2』では、シーンによっては言動だけでなく、会話中にアクションも起こせるようになりました。このインタラクティブな会話システムに加えて、臨場感あふれる映像演出とカメラワークが、ストーリーへの深い没入感を生みだします。なお、前作『Mass Effect』のセーブデータを引き継いだ場合、前作でのシェパードの選択も、またストーリーに影響を及ぼし、前作から続く『Mass Effect』 ワールドの壮大なスケールを体感することができます。

・壮大な銀河を巡る冒険:
『Mass Effect』の世界は、西暦2100年代後半の未来、広大な銀河系を舞台に、第一級のSF作品として緻密に練り上げられています。プレイヤーは新たなる脅威の手掛かりを追うため、超光速航行技術を結集させた宇宙船「ノルマンディー SR-2」とともに、宇宙に散らばるさまざまな惑星を探査します。
どの惑星へ向かうか、どの順番で探査するのかは、プレイヤーの自由です。
惑星を巡るうちに、独自の歴史や文化を形成する数多の異星人種族や、未知の文明、技術などとも関わり合うことになり、プレイヤーの選択によって豊富なサイドストーリーが展開していきます。異星人や惑星、宇宙船に代表される最先端の技術、未来文明などは、綿密な設定に基づいて最高峰のグラフィックとオリジナリティーあふれるビジュアルで表現され、ストーリーに圧倒的な臨場感と説得力を与えています。

・より洗練された戦闘システム:
敵への遭遇とともにシームレスに開始され、リアルタイムに進行するTPS(三人称視点シューティング)スタイルのバトルシステムを採用。
前作『Mass Effect』 から、より操作系を洗練し、アクション性を高めたシステムにより、臨場感あふれる戦闘を楽しむことができます。戦闘では、さまざまな種類の武器のほか、「テクノロジー」や「バイオティック」といった多彩な特殊能力を用いることができ、部隊メンバーに命令を与えることによって、戦術的にバトルを進めることも可能。アビリティの選択時は、周囲の時間を止めて敵に狙いを合わせたり、仲間に指示を出したりできるため、アクションが苦手なプレイヤーも迫力の戦闘を楽しめる点が特徴です。各キャラクターは、戦闘やクエストから得た経験値によって成長し、スキルを伸ばしていきます。
『Mass Effect 2』 では、キャラクターの成長システムや武器の強化システムを前作からブラッシュアップすることにより、それぞれの能力や役割をより特徴的なものとし、さらに戦略性を高めています。
  • 関連タイトル:

    Mass Effect 2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月15日〜11月16日