オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Mass Effect 2公式サイトへ
読者の評価
89
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
96
Powered by metacritic
Mass Effect 2
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Mass Effect 2

Mass Effect 2
公式サイト http://www.xbox.com/masseffect2
発売元 日本マイクロソフト
開発元 BioWare
発売日 2011/01/13
価格 7140円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
89
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • ちょっと物足りない 45
    • 投稿者:hellthy(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/10
    良い点
    主人公と仲間との会話には何通りものパターンがあり、作りこみの凄さが窺える。
    映画のような演出とクオリティは、見ていて引き込まれる。
    悪い点
    結局のところ内容は、仲間集めと仲間との信頼関係を深めるだけの一本道。
    やりたいからやるのではなく、やらされていると言う感覚。
    自由度が少ない点や、強制型ストーリーはシリーズものなので仕方ないと言えば仕方ないが、大半の惑星が探索(資源確保)だけの存在なのはもったいない。
    ダッシュ時間が短く、滑り込みやしゃがみが遮蔽物前でしか出来ないのは×。
    総評
    どんなゲームでも言える事だが、実績を解除するためにプレイするような方向性になってしまってはダメなような気がする。
    やりたいからやる、と言うゲームそのものが持つ魅力を持たせて欲しかった。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 3 3 2
  • ちゃんとRPGしてると感じる作品 85
    • 投稿者:marfon(男性/20代)
    • 投稿日:2011/04/16
    良い点
    選択肢が多い (たぶん百個以上)
    明確な目的の物語 (JRPGにありがちな迷走がない)
    寄り道要素 (惑星探索,突発的なミッション)
    コーデックスの量 (設定資料集レベル)
    異星人がちゃんと異星人 (ずんぐりしてたり,クラゲっぽい)
    カメラワーク (映画的というか海外ドラマ的)
    PS3版が発売する (名作は独占されるべきではない)
    悪い点
    前作未プレイだと満足度が下がる (xboxユーザーはぜひ前作を!)
    資源集めの作業感 (とにかく量が多い)
    つなぎ的な展開 (ほぼ仲間集めで物語が終わる)
    音楽がやや地味 (ありきたりな曲)
    DLCが武器や衣装 (海外では追加シナリオがある)※2011/4/16日現在
    "海外では"PS3版とXBOX版ではレンダリング方式が違う
    (これにより色や影の印象が違う)
    総評
    ゲーム全体はTPSアクションよりな印象を受けた。
    前作より格段にスピーディーになっているが、任意でしゃがむことができないなど細かいところに目がいってしまう、むしろ細かいところにしか悪い点が無い
    このゲームを作っている開発会社(ドラゴンエイジシリーズ等を製作)のキャラ作りは割りと日本人好みなのをするがMEシリーズはやや濃い印象を受けた…PS3ユーザーは(自分の主観によるものだが)キャラに重きを置いているユーザーが多いので不安である。(ちなみに私はbioware社員ではない)

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 4 5
  • 歴史に残るゲームか? 95
    • 投稿者:fmm44482(男性/30代)
    • 投稿日:2011/03/05
    良い点
    ・ 絵がすごくきれい。映画を見てるよう。ここまで絵がきれいだなぁという印象の作品はちょっと思い浮かばない

    ・ ME1よりME2の戦闘の方がおもしろい。ME1のRPGの部分がME2では減ったというレビューを見たが、私はME2の方が単純におもしろいと感じます

    ・ 戦闘に関しての続きですが、ME1ではもっさりしたところもありましたが、2では臨場感や迫力がパワーアップしています

    ・ 話がおもしろい。細かいこだわりもあり、プレーしていると本当に広い宇宙を旅しているような感覚になります。世界観がすばらしい

    ・ ME1では、自分のスーツ(鎧?)の色が変えれなかったけど、今回は自由に変えることができる。全身赤のスーツとかにして、美しいゲーム画面で見ると、すごくかっこいい!デモシーンでも着ているものが反映される

    ・ 仲間も個性的。このキャラはいらないなぁと思うキャラもない。サイドストーリーをすることにより、それぞれのキャラに思い入れや親近感がわく。誰を連れて行くか毎回迷います。

    ・ ME1は話が少し短い気がしたが、ME2は適度な長さです。飽きさせない、だらけないちょうどの長さ
    悪い点
    ・ 惑星探索が少し面倒かな?と思うときがある

    ・ パッケージがダメ。ME1もそうだったが、日本であんまり売れないのはパッケージにも原因があるような気がします。はっきりいえば、パッケージ見てもおもしろそうに見えない。
    総評
     正当な進化とはこの作品のことだなぁと感じます。前作の悪いところはすべて解消しましたという印象。

     ここまでレベルの高い作品がなぜ日本ではあまり知られていないか不思議に思うくらい。フルプライスで買っても損はしないとレビューで見たが、同感。

     ME2から始めても全然問題がないが、これから始める方はぜひME1からプレイしていただくことをおススメします。ME1は今中古で安いし、なによりME1で一緒に戦った仲間がME2で再会するときの感動はME1をやらないと味わえません。

     ME1からのセーブデータの引継ぎがあります。が、繰り返すようですがこれだけの作品をME2から始めるのはもったいない!ME1からプレイを!


     3部作とのことでME3がすごく楽しみ。ME2がここまでレベル高いと自然ME3の期待も相当高い自分がいます。次回作がここまで楽しみな作品はそうそうない
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • スタートレックが好きだった人には超オススメ! 90
    • 投稿者:にぅ(女性/40代)
    • 投稿日:2011/02/02
    良い点
    ・ストーリー
    非常に作り込まれた世界観と、それに見合ったしっかりとしたメインストーリーがあります。
    中だるみしない程よい長さ(決して短くはない)で、クラスを変えて、全員生還を目指して、悪人キャラで、等の周回プレイも苦になりません。

    ・キャラメイク
    キャラメイクでは、海外女優のような美しい顔も作れます。
    顔の各部位が連動してない(比較としてオブリビオンは連動していると言えば分かるかな?)ので、途中で最初からやり直したくなった時など、数字を入力する事で同じ顔を作る事ができます。

    ・グラフィック
    とても美しいです。
    異星人がリアルかつ表情豊かで、生き生きとしています。
    モーションキャプチャーを使ってるんでしょうか、会話している相手が椅子に座った時などの動きが非常にリアルです。

    ・選択
    会話などに善と悪があったりなかったりしますが(どちらにも属さない場合や一見して分からない場合もある)、そこからまた会話が発展する、全然違う動作に移ったりと、とても面白いです。
    また、「殺すか見逃すか」「壊すか残すか」などの選択肢もあり、前作からのキャラ引継ぎ時の様子から想像すると、見逃した場合や残した場合には、次作に出てくる可能性もあります。

    ・戦闘
    シューター系の苦手な人でも、ノーマル難易度でクリアできます。
    (私はシューターというだけで避けて通るほど、シューター系は苦手ですが、「あくまでもRPG」という製作者側の話を見て買う事にしました。)
    銃を使うのでシューターをイメージしますが、バイオティックスキルを使えば銃をほとんど使わずに対応する事も可能です。(クラスにもよります。)
    勝手が分からない序盤はちょっとだけ苦労します。

    ・惑星
    実際に下り立つ事のできる惑星はそこまで多くありませんが、惑星自体は200くらいあり、ほとんどの惑星で資源が採れる=惑星探査できます。
    惑星探査は表面を撫でるだけですが、それぞれの星に説明が付いていて、本当に作り込まれてるなと感じます。

    ・周回ボーナス
    1周目をクリアしたキャラを引き継ぐと、レベルやスキルなどがそのままの、強くてニューゲームができます。(クレジットは引き継げません。)
    2周目からは、キャラを引き継がない場合でも、20万クレジットと資源各5万が最初に貰えます。
    (私は前作はプレイしてないので、前作の引継ぎ関係なしの話です。)
    悪い点
    ・分からない用語が多い
    聞いた事のないカタカナ用語(造語)が沢山出てきて、最初は会話をしていても何を言ってるのか理解できない事がしばしばあります。
    星の名前、異星人の種族名、組織名など、コーデックスだけ読んでもなかなか頭に入りません(笑)
    最初に躓くのがクラス選びで、クラス名でどんなクラスか想像できず、スキルを見ても、「・・・?」です。
    分からない用語はFFXIIIよりも多いと感じました。
    2周目からの方が理解できて面白いかも知れません。

    ・クレジット(お金)が足りない
    武器などを強化するのに店で買うしかないものもありますが、クレジットを貰えるのが現状ミッションしかなく、2周目のボーナスがあっても足りません。

    ・キャラ引継ぎでクラスの変更不可
    慣れてくると、「クラス選び失敗したな〜」とか「次はこのクラスでやりたいな〜」とか思い始めるんですが、キャラ引継ぎではクラスは変えられません。
    色んなクラスを試してみたい場合は、新規で始めるしかないのが残念です。

    ・ヘルプメッセージが・・・
    すぐに消えてよく分からない場合と、会話中に字幕と重なって表示されて困る場合があります。

    ・ディスクが読み取りにくい
    これは本体にもある程度原因があるとは思いますが、ディスクが読めない→他のゲームのディスクを入れると普通に読める→このゲームのディスクを入れてもやはり読めない、というのが何度もありました。
    取り込むのに何度も失敗するという話も某掲示板で出ていたので、読み取りにくい場合があるようです。(私もディスク2は取り込むのに3回ほど失敗しました。)
    ちなみにうちのは初期型エリートで、酷使はしていません。
    総評
    これぞスペースオペラという感じで、スタートレックのドラマが好きだった人などは、買って損のないゲームだと思います。

    メインのストーリーがあって、それとは別にその他のミッションもあるという、国産RPGに馴染んだ人にも抵抗のない作りのRPGです。
    ストーリーはもちろん違いますが、スターオーシャン4をよりリアルに壮大にした感じでしょうか。

    絵的にも、海外のファンタジーRPGのような泥臭さ(女性キャラでもムキムキガニ股などを含む)はなく、洗練されていて、洋ゲーの苦手な人でも受け入れやすいと思います。
    買った人間からすると、「どうしてこうなった」的なパッケージなのが非常に残念です・・・。

    私は初回プレイ時に、コーデックスを読み、全ての惑星を掘り尽くし、クリアに70時間以上掛かりました。
    2周目はそこまで掛からないかなと思ってたんですが、最終的には60時間くらい掛かってました。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • すばらしいタイトル。 95
    • 投稿者:norakichi(男性/30代)
    • 投稿日:2011/01/31
    良い点
    1での不便な面、時間がかかった面などちゃんと改良している。

    壮大SFストーリーで細かい所まで時代設定、時代背景、演出が組まれている。

    そしてその延長線上にクエストがあり、選択肢がある。

    シューティングゲームとしても優秀である。

    1は非常に広大であった反面時間がかかったり、ストレスな所が多かったが、ストレスなくゲームを出来るし。

    また仲間にはそれぞれストーリーがあり、それが陳腐な内容ではなく時代背景にそった物をもっている。
    そして選択肢次第では生死にもかかわる。

    武器には表記攻撃力といった物はのってなく(表記されてないだけ)
    5点バースト撃ちか、フルショットでばらけ易いアサルトライフルか。
    ボルトアクションスナイパーライフルか、そうじゃないかと。
    体感で自分が選ぶウェポンシステム。

    職業によって戦闘の仕方が変わる。
    射撃やスキルの話ではなく、仲間の位置を変えたり戦闘を優位に運ばせたりする。
    悪い点
    武器、防具数が少ない。
    総評
    日本ではSFというと欧米と比べ人気がないが。
    その広大は世界設定は感嘆に値する。

    そしてそこらにいるNPCが見事にそれをサポートしていて。
    そこを感じながら自分の選択肢で重要な選択をする。
    その選択が本当にテレビの前で考え込むほど選択肢だったりする。

    濃厚なSFストーリーがまっており、選択肢によって環境が変わるなど。
    BGを出したBiowareらしく、RPGとはなんぞやって所をうまくキチンとハイレベルに捉えて実行している。
    世界演出は今RPGでは群を抜いて素晴らしい。

    ゲームなのにプレイヤーの心理思想をつく選択肢が多い。
    もちろん仲間との人間関係やロマンスなどの選択肢もあり初回ですべて見ることは不可能。

    1をやってないと2は楽しめるが半減以下。
    これは普通は悪い点と取れなくないが、ここまで作りこんでるならむしろ仕方ない。
    だからこそこの濃厚さがあるんだと納得できる。

    11年度入ったばかりだが11年ベストゲーム有力筆頭だろう。
    これを超えるゲームは11年に片手で数えれる以上は出ないと、断言するのは嫌いだが
    断言できる。

    武器数が少ないということで95点。
    でもこういっては失礼だがそこらの95点のゲームと訳が違うハイクオリティな95点

    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 5 5
  • シューターに近くなったRPG 80
    • 投稿者:non1986(男性/20代)
    • 投稿日:2011/01/28
    良い点
    ME1から引継ぎ1週目クリアそのデータをさらにインポートして2週目プレイ中でのレビューとなります

    〜虻遒悩遒辰織ャラクターを引き継ぎ出来る
    引継ぎによって銀河(主に人類が活動するエリア)の状況に変化がある
    A虻遒任鰐祇限に乱射できた銃が今作ではサーモクリップという銃の部品が所謂弾薬的な性質を持ちトリガーハッピーで大味なゲームから脱却できている(戦闘の流れはギアーズ的)
    ぜ軍に前作の一部メンバーと新規参加のメンバー
    DLCで2名ほど新しいメンバーの追加が確認されている(日本語版ではまだリリースされていない)
    新型ノルマンディにはトイレやシャワークルーの部屋に食堂等があり前作と比べると長期間航海をする船に必要な物がそろっている(見た目だけの設備だが)
    Яイ離▲奪廛如璽箸簓雋錣肇◆璽沺爾離▲奪廛如璽箸可能(プロトタイプという特定キャラ限定のアップデートもあり)
    ┘殴后椒蝓璽僉爾筌廛蹈札▲鹽前作で分かりにくかった事について一歩踏み込んだ情報が手に入る
    戦う敵も前作のようにゲスとクローガンばかりではなく傭兵(各種族)やドローンと謎の種族コレクターに新型ハスク(ゾンビ的なモンスター)等バリエーションが増えた
    アーマーの細かいカスタムが可能(カラーも選択可能)
    ムービー中パラゴン(評判)に影響する行動を取ることが可能
    悪い点
    ^継ぎできるのはキャラの見た目とお金少々(1週目)今作のデータの引継ぎの場合前の周回ではレベルと拾った武器と開発した重火器のみで再び前回と同じレベルまで戻すのに苦労する
    △箸發く金が足りなくなりやすい(船に使う燃料や資源採掘に使う探査機も有料で武器等のアップデートに使うデータもかなり高い)
    0い点△梁りなくなる理由は敵を倒しても小銭が得られないのと多額の予算が中々もらえないため(ミッションをこなすとそこそこの額がもらえるがそれでも足りない)
    ぅ好函璽蝓爾梁臠召鯢隊編成に費やしているため3のための2といった感じになっている
    ゥ燹璽咫蔀耄磴┐仂欧簇△帽掛けている時微妙にキャラクターが空気椅子状態になっている場合がある
    戦闘時以外は走る速度が遅いので街を見て回るのが少し面倒
    Д丱ぅティクス等のスキルを使うとカバーが外れるので下手に使うとボコボコにされる
    ┿餮擦鮟犬瓩襪燭瓩肪鰐未鬟好ャンするのがかなり面倒で作業的
    武器の種類がかなり減っている(ハンドガンに至っては2個のみ)
    総評
    前作のサレンを倒しソヴリンを破壊して2年経過した辺りから本編がスタートする
    筆者もほったらかしにしていたセーブデータをサルベージしてインポートしたため覚えていないイベントやキャラクターも多かった上に新種族が複数出てきたのでかなり混乱したが今作も各種族や事象に技術の図鑑があったので便利だった
    思い出せない事が色々ありそれがかえって2年間昏睡状態にあったという設定があるストーリーを面白くしている
    戦闘は進歩したギアーズ+バイオショックといった感覚で武器の相性もありスキルと特殊弾薬に武器自体の相性を考えて使う事になるので(高難易度では特に)乱射すればいいというわけではないのは進歩したと思える
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 4
  • 中身の伴った大作 90
    • 投稿者:のくとふ(男性/20代)
    • 投稿日:2011/01/29
    良い点
    ・徹底的にSFしている。ここまでベタで緻密なSFを、まさかゲームで味わうことができるとは数年前には考えもしなかった。
    ・前作よりも進化し、TPSとしてもまともに見られるようになった戦闘。
    ・会話によって展開が変わるシステムも相変わらずの高品質。
    ・地味ながら、オートセーブがまともに機能するようになった。
    悪い点
    ・ロードが長い。
    ・惑星探査はやはり単調。
    ・前作のRPG性を必要以上にカットしている。
    総評
    待ちに待った超大作の日本語版。翻訳の質も一部がお粗末ではあるが、普通にプレイする分にはまず気にならない。ストーリーは今時信じられないくらいの古典的なSFで、設定の基盤もしっかりしている。その手の小説、映画が大好きな人間はマストバイ。
    また、最近の続編としては珍しく、前作の短所をしっかり解消してきている。
    敵の種類によって武器やスキルを使い分けたり、味方をいかに使うかで戦闘の難易度が全く違うし、ステージも前作のような酷いマンネリは感じさせない。個人的には、オートセーブが機能するようになったのが嬉しい。
    前作の悪名高い惑星探査も幾分かは楽になったが、今作で採用された「惑星に探査機を打ち込むお仕事」もこれはこれで単調。
    残念だったのは、前作にあった豊富なカスタムパーツが一切廃止されたこと。確かにパーツの整理は面倒だったが、装備の性能を好きなように調整できた前作のシステムはなんだかんだで楽しかった。今作の様に武器の種類を少なくし、それぞれに個性をつける方向性ならば、前作のカスタムシステムは相性が良かったのではないかと思う。
    また、ロードがかなり長い上に頻度も少なくは無い。

    ゲームとしては間違いなく面白いし、やって損はしないのだが、前作をやっていないともったいないゲーム。前作も今の水準で見たとしても決して悪いゲームではないので、前作未経験の方は是非とも前作からやって欲しい。
    また、DLCの配信もスタートしている。全てをローカライズして配信してくれるかは不透明だが、期待は持てる。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • ゲームだからこそできることを体験させてくれるRPG 100
    • 投稿者:Kodm(男性/20代)
    • 投稿日:2011/01/28
    良い点
    ・選択肢や行動によって非常に多くの変化がある。

    ・主人公のクラスを変えることで戦闘に変化を出せる。

    ・ストーリーと世界観がすばらしい。
    悪い点
    ・一本道RPGと違って選択肢が非常に多いので疲れる。

    ・惑星探索における資源採取があまりにも退屈。

    総評
     見たり聞くだけなら小説やコミックでもできるが、そこで行動させてくれるというのはゲーム等のアトラクションにしかできない。ハイレベルな次元でそれを実現してくれているところがなによりもすばらしい。例えば特定のミッションを完了する前か後で、あるオブジェクトを調べたときの味方のセリフに変化がある。連れて行く味方によってもセリフが変化するなど非常に細かい部分まで考慮されていて、プレイ回数を重ねるたびにその点に気づくだろう。

     戦闘については1よりかなり改善されていて、照準のぶれやサークルの広がりがなくなり、より初心者向けの操作感となった。またヘッドショットが有効化、カバーポジションがより明確になるなどの改善も見られた。

     RPGとしてのキャラクターのステータスや装備のシステムについてはかなり簡略化されて、よりわかりやすいものとなった。1においてステータスの振り分けや装備の構築に使っていた時間をよりストーリーを理解したり、ゲームを進行させるために使えるようになった。

     惑星探索で資源を回収して装備をアップグレードしていくようになったのだが、これが唯一の汚点だろう。非常に退屈な作業を強制させられる気分は最悪である。初めのうちは選択肢があまりにも多いことに疲れることだろう。TPSで目を使った後に会話の選択肢で脳を疲れさせるという疲労のダブルパンチに慣れている人間はなかなかいない。

     このゲームの最大の特徴は、ハリウッド級のSF映画のような世界の中で行動していると感じさせてくれるシステムや、ストーリーと世界観である。会話に常に選択肢があり、選んだ回答しだいで展開が変わってくる。それ以外にも様々な要素において変化が生じる。選んだクラスによって戦闘に変化が生じるため非常にリプレイ性が高い。2週目以降のことも考慮されているところが抜け目がないといったところだろうか。これが現代のゲーム機におけるRPGだと実感させてくれるすばらしいゲームなのでぜひプレイしてみてほしい。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 前作からの引継ぎ(かつ内容を覚えている)あり、なおかつ高難易度を無かったことにするなら90点 70
    良い点
    ・とにかく緻密かつ壮大な世界観
    ・自分の選択肢により多彩に変化する周囲の状況
     特に前作を経験していると、サブクエストで関わったNPCが出てきたりするが、仮に前作で「その場で殺害する」ような選択肢を選ぶと出てこない、など
    ・優位な位置に陣取り、敵を狙い撃つFPSと、状況に応じてスキルを用いるRPGがうまく調和している。ヘッドショットや残弾制の導入でFPS要素は一層強くなっている。
    悪い点
    ・カバー状態で武器やアビリティの切り替えを行うと勝手にカバー状態が解除されて棒立ちになり、そのまま蜂の巣にされることが多々あり。選択時に左スティックを入れたままにしているのが悪いと思い意識的にニュートラルに戻すようにしているが相変わらず。高難易度では致命的すぎる。
    ・味方NPCが特定位置での待機を指示しているにも関わらず、勝手に突っ込んで自滅する。特に高難易度ではその場の敵を一掃しないと復活しないのでそのままジリ貧になりやれるのがオチ。今回メディジェルが貴重なのでそんなに頻繁には使えない。
    ・そのくせ敵はほぼ回避不能な攻撃(隠れていてもムダ)を繰り出してくる。通常難易度ならなんとかなるが、高難易度で硬くてなかなか倒せない上に敵の攻撃力が凄まじくあっという間にやられる状況ではどうにかしようという気にならない。
    ・これほどの高難易度にも関わらず、ストーリーが進むと強制的に次のステージ、という場面がいくつかある。アップグレードを買い忘れたり、やり残したイベント(味方の能力がアップする可能性がある)がある場合、戻ることができないためもう手遅れである。
    ・惑星に降りての戦闘が非常に少なくなったため、前作にも増して戦闘しているより移動や採掘(地球儀ならぬ惑星儀をぐるぐる回しながら、その表面をレーダー照準で舐めつつ鉱石の反応を見つけ出す)など戦闘以外の時間が長い。
    ・装備のコレクション要素が無くなり寂しくなった。前作では武器や防具に拡張機能を組み合わせるカスタマイズ性があったが、今回はひたすらプラスとなる能力を取得していくだけになった。
    ・会話スキップしていると勝手に選択肢を選んでしまう操作性の悪さは相変わらず。
    総評
    理不尽なくらいが燃えるというくらいのドMでないなら、ノーマル(またはひょっとするとベテラン)難易度で止めておくことをオススメする。
    最高難易度で何度も詰まりつつ進めてはいるが、達成感皆無。
    残念ながら他のゲームと比べて、難易度と面白さが直結していないように思える。

    高難易度を無視すれば、いくつか粗はあるが、是非とも前作から通しで体験して欲しいと言える一品。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 2 4 2
  • 大幅な進化を遂げた骨太SF RPG 95
    • 投稿者:SP皿洗い(男性/20代)
    • 投稿日:2011/01/25
    良い点
    ・登場キャラクターのリアルなグラフィック、豊かな表情と仕草。
    これは洋ゲーの中でもトップレベルだと思います。そこに「生きている」と思わせるような素晴らしい質感。

    ・インタラクティブなシナリオ
    数多くの選択肢とパラゴン・レネゲイドの傾倒によるシェパード少佐の振る舞いの変化がメイン・サブシナリオに関わらず様々な展開を見せる。

    ・作りこまれた世界観、豊富な用語集
    登場する各種族の生い立ちや種族同士の相互関係、探索する惑星の一つ一つにも細かい設定がつけられている。
    それをカバーするコーデックス(用語集)もちゃんと用意されており、読んでいるだけで楽しい。

    ・シチュエーションに合わせて変化するロード画面
    ノルマンディ内のエレベーター移動、惑星での離着陸等、シチュエーション毎に異なるパターンのロード画面が用意されていて飽きない。

    ・模型の収集やペットの飼育等の遊び心のあるミニコンテンツ

    [ME1から改善点]
    ・装備システムの刷新
    新しい武器は道中での拾得のみ、、防具はシェパードのみ変更可、武器アップグレードはスキルに統合、グレネード、各種ツールは消滅。
    これにより不要になった膨大な数の装備品をいちいち換金したりオムニジェルに変換する必要が無くなりスリムに。尚、オムニジェルも廃止された。

    ・戦闘システムの改善
    体力バーの表示廃止及び自動回復を高速化、弾数が有限になる代わりにオーバーヒートの廃止、近接攻撃が独立。一般的なTPSと同等のシステムになり操作し易くなった。
    また、カバーアクションの反応もかなり向上している。

    ・描画時間の短縮
    ME1ではシーンが切り替わる度に数秒の間、テクスチャの描画が完了せず雰囲気を壊す事があったがME2では改善された。
    悪い点
    ・MAKO(車両)のアクションパートの廃止、移動可能範囲の縮小
    MAKOに乗ってフィールドを進んだり、未探査惑星を縦横無尽に駆け巡る事が出来なくなった。また、移動出来るフィールドも縮小され、特にシタデルは移動可能範囲が半分程になってしまい寂しい。自由度が若干減ってしまった。

    ・小さなバグが散見される
    貨物等の遮蔽物に身を隠しても、隠れるモーションのまま強制的に上に乗ってしまったり、テキストが表示範囲外に行ってしまったり、サブミッションをクリアしても帰還不能だったりと小さなバグがいくつかある。今後の修正パッチに期待。

    ・Eメールやコーデックスを読む際の右スティックによるスクロール移動が細かく出来ずイライラする

    ・ロード頻度が上がった
    総評
    ME1をシェイプアップし且つ不満要素を解消、更に没入感を高めた紛れもない名作。
    このME2単体でも十分面白いが、先ずは前作「Mass Effect」を一度クリアしてからのプレイをオススメ。
    その方が序盤の置いてけぼりを食らうことなく、この濃厚なスペースオペラを存分に味わう事が出来る。

    また海外版ではDLCも配信されているので、こちらも是非ローカライズして配信して欲しいところ。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 1をやっていないからプレイしないじゃもったいない 95
    良い点
    ・グラフィックは凄く綺麗。
     映画を見ているというより、映画に参加してる感じがする。
     ムービーが長すぎず短すぎずバランスが良い。
    ・ストーリーが面白い。
     イベントごとに一つのダンジョン、といって良いのかわからないが
     とにかくドンパチする。
     終わったら宇宙船に帰ってパワーアップしたり、クルーと会話したりする。
     で、別の星でまたドンパチする。
     基本的にこれの繰り返しなのだがミッションのシチュエーションが秀逸なので、
     次は何が起こるんだろうと気になって止めるタイミングが見つからない。
    悪い点
    ロードが長い。
    船の移動がとてもかったるく、
    二階に行くつもりが間違えて一階に行ったりするだけでNowLoading・・・・・・
    これはインストールしてもそう。

    あとこれはコントローラーの問題かもしれないが、
    文字を下にスクロールさせようとスティックをちょっと動かしただけで
    いきなり真下に行ってしまって中間の文章が読めない。
    正直、スナイパーライフルでヘッドショット狙う方が簡単なくらい、
    文字のスクロールの調整が難しい。
    とにかく資料を読んでおかないとついていけなくなるゲームなので
    これはしんどかった。
    総評
    洋ゲーもやったことがなく、
    ましてTPSなんて意味すら知らなかったが
    凄く面白いとネットで紹介されていたので前作をプレイせずに買った。

    もちろん前作をやっていた方がおもしろいと思える箇所もあるだろう。
    前作に登場したキャラが出てきても、こっちには何の思い入れもない。
    前作のストーリーを聞かされてもようわからんところもある。

    しかしそれでも面白い。
    前作の課題をきっちり解消してより洗練された作品にした努力を、
    前作未プレイの身でありながら感じることが出来る。
    それくらい丁寧に作られている。

    ある程度の説明はゲーム内で情報として得られるし(凄い量だけど)
    1の大まかなストーリーもネットで公開しているところもあるので、
    少しの予備知識があれば、十分だと思う。
    さすが2010年の頂点に立ったゲーム。
    これは体感した方が良い。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 5 3
  • 周回どころかまた前作からやりたくなる 95
    • 投稿者:MO2(男性/30代)
    • 投稿日:2011/01/24
    良い点
    様々な設定が深く丁寧に作られていて世界に没入できるのは前作同様。
    3部作完結予定の作品の2(中盤)であることから、解明された謎もあり
    新たな謎も発生し、あれこれ妄想させてくれる。

    戦闘はTPS形式で前作からさらにブラッシュアップされた。
    カバーシステムの改善など、よりアグレッシブに楽しめる。
    MAPも「コピーしただけ」と感じるような場所は自分が知っている限りなかった。
    グラフィックもさらに綺麗になった。
    (個人的には初期設定では少しざらついた感じのエフェクトがかかっているので
    オプションでOFFを推奨)

    セーブ・ロードのストレスは無く、自動セーブをONに設定しておけば
    エリア移動時等に結構こまめにセーブしてくれて何かと安心。

    前作で煩雑&ストレスだと感じたアイテム関係の部分は思い切った整理がされており
    改善されたと言える。

    前作、本作共に日本版は「字幕日本語・音声英語」でローカライズは丁寧。
    キャラクターの個性さえ十分考慮された表現がなされておりクオリティが高い。
    没入間を増すために日本語音声でプレイしたいとも思うが、英語に合わせた
    リップシンクがしっかりしているし、前述の通りローカライズレベルは高いので
    大した問題ではない。
    悪い点
    前述した「アイテム関係の整理」によるものなのか、武器やアーマーの種類が少ない。
    アーマーカスタマイズにより色や模様の設定ができるものの、
    自分を含め、物足りなさを感じる人は多いだろう。

    また、前作でできた惑星に降り立って車両による探索というものがなくなった。
    車両の操作等「ダルい」という意見が多かったが、各惑星の風景や星空、
    空気感を楽しめるなかなか良い部分だったため残念。

    今作では「画面に表示されている惑星表面をスキャンして資源を計測し
    探査機を打ち込むだけ」という一見お手軽なシステムになっているが、
    味気ない上に結構ダルい。

    細かいところまでプレイしている人ほど感じそうな点としては
    艦内でのキャラクターとの会話パターンが以外に少ないことである。
    もちろん各キャラクターの様々なエピソードが聞けたりするのだが
    もう少しバリエーションが多ければもっと楽しめたと思う。

    海外で配信済みのDLCに関して、国内でのスケジュールがまったく発表されていないこと。
    本編のみでもおもしろいのだが、DLCも絶対遊びたいだけにヤキモキする。
    総評
    このシリーズの最大の特徴かつ長所と言えるのが(クリアデータをインポートすれば)
    前作で行った様々な行動がちゃんと反映されるという点。
    そのうえ勿論この2のみのプレイ内でも自分の行動が物語に大きく影響する。
    その影響は本当に大きく、メインキャラクターの生死にすら関わる。

    完結作となる3でシェパード達、様々な異星人達、そして銀河はどうなるのか。
    小さなことから大きなことまで1〜2とさらに3の自分達の行動の軌跡と結果が
    どうなるのか本当に楽しみで仕方がない。

    2のDLC配信と3のローカライズが無事に行われますように。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 5
  • 面白かったけど 60
    • 投稿者:walkrun(男性/40代)
    • 投稿日:2011/01/24
    良い点
    ・重厚な世界観
    ・戦闘は改善してます。面白いです。
    悪い点
    ・ストーリー
    ・いわゆるRPG的な部分が物足りない。
    → RPGというよりも、ADVに近いかもしれない。
    総評
    バックグラウンドはしっかりしてるのにストーリーが薄い。冒頭や
    クライマックスは超面白い。ですが、今回時間を費やした部分がイマイチ。
    確かに大事だと思いますが、冗長過ぎました。

    他にNPCで伝説的な人が居て力を借りるとか、そのキーマンが死んじゃうとか、
    連合やら種族やらサーベラスの汚い部分が見えたりとか、第三者をもっと
    絡めて欲しかったかな。

    敵が無機質過ぎるのも良くないかもですね。その分3作目は謎の解明とか
    いろいろありそうで、期待出来そうな気はします。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 4 5
  • 今までで最高のSFゲーム 95
    • 投稿者:(男性/20代)
    • 投稿日:2011/01/23
    良い点
    ・斬新な会話システム
    会話の選択肢によって会話の選択肢が変わっていき、会話も楽しめる。
    ・グラフィックが綺麗
    グラフィックは詳細に作りこまれていてキャラクターの表情も豊で言うこと無し。
    ・キャラクター設定の豊富さ
    キャラクターの顔や生まれた場所、生い立ちなどが細かに設定でき自分の思うままの主人公が作れる。
    ・ストーリー
    ストーリーは映画のようでテンポが良く飽きが来ない。
    ・武器やアーマーのアップグレード
    武器やアーマー、ノルマンディがアップグレードでき素材を集めるのも楽しい。
    ・惑星の探索
    惑星に探査機を発射して鉱物を集めたり、ミッションで惑星降りたらでき、ストーリー以外の楽しみが有る。
    悪い点
    ・ロード時間長い
    ロードがとにかく遅いこれが一番残念。
    ・所見プレーヤーお断り
    ストーリーは前作をプレイしないとイマイチ分からない部分がある。
    ・処理落ち
    激しい戦闘になるとすぐ処理落ちする。
    総評
    ストーリーも楽しめて、やり込み要素も有って値段以上の価値有り。
    ロードは長いがロード画面がかっこいいのでそこまで苦でわない。
    前作で不満だった点も改善された。
    全体的に文句の無い出来でボリュームも十分。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • より濃厚なスペースオペラ 90
    良い点
    ・1よりより濃厚なスペースオペラになった
    ・前作の戦闘は、まれにみる大味TPSでしたが、2はかなり改良がなされ、TPSとちゃんと仕上がっている
    ・前作だと星の探索はいちいち惑星降りて探索していましたが、今作は衛星上からスキャンして探索できるので楽になった
    ・グラフィックは前作にも増してよりリアルに。人間のしわや異星人の皮膚の質感などかなり凄くなっている
    ・選択肢によっては後々にストーリーに響く、選択の重さが良い
    ・今回も惑星の説明から、種族の説明分などの、コーデックスがローカライズされてる。正直ここまでローカライズするのもかなり大変だと思う
    悪い点
    ・1からやってないと良く分からないストーリー。1やってないとわからない組織や単語などかなり多くなにいってるか分からない&前作での選択肢によっての影響が序盤からモロにでてる
    ・1と同じく、基本的に一本道。キャラの信頼を得るためのクエストなどありますが
    ・1はとにかくオープンワールド的な部分が多くありましたが、今回はその辺が無し。それに伴ってか、コピペダンジョンなど無くなったりと良い点もありますが
    ・武器をロッカーからなどから手に入れたり買ったりする前作と違い、入手できる武器が決まっている。武器集めたりするのが好きだったので残念
    総評
    ・海外ではGOTYなと取る等かなり評価が高い作品ですが、やってみてうなずく内容でした。個人的には、1でかなり不満だった戦闘が、かなり改良され、ちゃんとしたTPSになってるのは評価したいところです。
     ただ、前作やってないと序盤かなり置いてけぼりな内容だったり、前作での選択によっては死んでしまうキャラの有無などあり、前作のクリアデータを使えたりと、前作やってることが前提。
    今回も洋RPG(TESシリーズやfallout3)などといったものより限りなくJRPGよりなゲームだと思います。スペースオペラ&シューティングなRPGなため人を選ぶ内容ですが、宇宙物好きな人にはぜひオススメできる内容でした
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 4 4 3
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月