オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition」国内でもリリース。1000個ロット時単価9万760円
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/03/17 11:00

ニュース

6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition」国内でもリリース。1000個ロット時単価9万760円

i7-980X製品ボックスのイメージ
Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 米Intelによる正式発表から一夜明けた2010年3月17日11:00,Intelの日本法人であるインテルは,6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition/3.33GHz」(以下,i7-980X)を国内でもリリースした。同社の大口顧客となるPCメーカー向けの1000個ロット時単価は9万760円となっている。

 また,i7-980Xとアーキテクチャを共有するサーバー&ワークステーション向けCPU「Xeon 5600番台」「Xeon 3600番台」についても,価格情報が公開されたので,取り急ぎ,表1,2のとおり,速報としてお届けしたい。i7-980X&新型Xeonの製品概要は16日掲載の記事,i7-980Xのポテンシャルについては11日掲載のレビュー記事を,それぞれ参照してもらえれば幸いだ。

Intelによるi7-980X,Xeon 5600&3600番台発表のレポート記事


i7-980Xレビュー記事

 
※i7-980Xは,Intelによる1000個ロット時単価。残る2製品は,4Gamer調べによる,2010年3月17日時点の実勢価格
[略称の説明]HTT:Intel Hyper-Threading Technology,TDP:Thermal Design Power(熱設計消費電力),AES-NI:Intel Advanced Encryption Security-New Instructions
※1 PCメーカー向けとなる1000個ロット時単価
※2 1-wayのみ対応
※3 組み込み向け製品
[略称の説明]TB:Intel Turbo Boost Technology,L3:L3キャッシュ容量,DDR3:トリプルチャネルDDR3コントローラの最大対応速度


Westmere世代の順調な立ち上がりをアピール

インテル社長,ボカロ&イラスタにハマる?


 17日11:00から都内で開催された報道関係者向け説明会「IAプレス・ミーティング」は,i7-980Xの発表会を兼ねるものだった。

i7-980Xのサンプルを持つ吉田和正氏(インテル 代表取締役社長)
Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 同説明会に登壇したインテルの吉田和正代表取締役社長は,32nmプロセス技術を採用するWestmere(ウェストミア)アーキテクチャのCPU――同社はこれらを「新2010インテル プロセッサーファミリー」と呼んでいる――が,市場で極めて順調に立ち上がっているとアピール。そのうえで,「本日,(そんなWestmere世代に)新たな最強の仲間が加わった。私たちのフラッグシップの製品になるi7-980X,いままでGulftownと呼ばれていたCPUだ」と,一般PCユーザー向け製品としては史上初となる6コアCPUを紹介した。

Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
32nmプロセス世代のCoreプロセッサは,Core 2 Duoと比べて“初速”がとても好調というスライド。Core 2 Duoは,当初,品不足気味だった記憶もあるので,そこは割り引く必要があると思われるが,それでもこのグラフはなかなかすごい
Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
「世界で最も速く,スマートなプロセッサ」として紹介されたi7-980X。ビデオのトランスコードや3Dレンダリング,ゲームにおけるAI処理などで,4コアの「Core i7-975 Extreme Edition/3.33GHz」(以下,i7-975)と比べて,30〜50%高速だとされた

会場では,i7-980Xとi7-975を比較するデモも行われた。トムソン・カノープス製「EDIUS Neo 2 Booster」を用いた動画のトランスコードと,Autodesk製「Maya 2010」を用いた3Dグラフィックスレンダリングでは,いずれもi7-980Xが圧勝
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)

 i7-980X搭載PCは,10社以上のシステムビルダー(≒ホワイトボックスPCメーカー)から搭載されるほか,サイドフロ−方式を採用する新型CPUクーラー「DBX-B」を同梱したボックス版も登場し,「Intel X58 Express」チップセット搭載マザーボードとの組み合わせで利用できると強調。ここで,吉田氏と,インテル技術本部の及川芳雄氏が,自ら秋葉原でパーツを選定し,組んだ自作PCが紹介されている。

Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
ボックス版i7-980Xの概要。「オーバークロッキング対応」と謳われる
Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
i7-980Xを使った自作に,インテルの超偉い人2名が挑戦


●吉田氏


 自作は5台めという吉田氏は,スーツでビシっと決めた出で立ちでパーツを買う姿で笑いを取りつつ,「音楽が好き」として,DTMで曲を作ったり,オリジナルカバーイラストを作りたいと,創作向けのPCを「Enterntainment Music Station」として自作。グラフィックスカードに凝らない代わりに,プロ向けのMIDIコントローラを2製品も接続するのがなかなかマニアックだが,それ以上に,「インテルの社長が,ボーカロイド『巡音ルカ』や,イラストツール『イラストスタジオ』を紹介しているさま」が,会場の笑いを誘っていた。

吉田氏が自作したPCは,創作用途に振った構成。ダンディなイメージで知られる氏が,恥ずかしそうに顔を赤らめながら巡音ルカを紹介している(下段中央)のがちょっとかわいい。一方,キーボードとMIDIパッドの両コントローラがAKAI Professionalで揃っているあたりに,吉田氏のこだわりも見える
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)


●及川氏


 及川氏は,「技術本部の総力を結集」し,高性能に振った「Extreme Performance PC」を自作。「ATI Radeon HD 5870」や,Intel製SSD「X25-V Value SATA SSD」のRAID 0構成を採用しつつ,エアフロー重視でSilverStone Technology製PCケース「SST-RV02」に詰め込んだPCを披露した。さらに,この状態で動作クロックを4.32GHzまで引き上げてみせている。

及川氏のマシンは端的にまとめると本格派。冷却能力重視という意味では,4Gamer読者とも通じるところがありそうだ。ちなみに吉田&及川氏が選んだのはいずれもATIブランドのグラフィックスカード。いろいろとオトナの事情が透けて見える?
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)

 ややもすると業界内での内輪受けっぽい雰囲気が漂いかねない,こうした企画だが,吉田氏が「コンピュータを自分で作れるというのは楽しいことだと思う」と実感を込めて語っていたのはなかなか印象的だった。ハイエンドのプロセッサを売っていく先として,インテルは「何でも思い通りに作れる自作PC市場」を,十分に重視しているということなのだろう。

会場には,まさにその自作市場向けとなるマザーボードも何枚か展示されていた。写真は5月発売予定という,MSIのゲーマー向けブランド「Big Bang」新作,「Big Bang-X Power」。6基のPCI Express x16スロットは,搭載するデジタルスイッチを駆使し,柔軟にレーン数を切り替えられる
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)

 なお,インテルは,一人が1台のPCを持つ時代に向けて,テレビCMをはじめ,さまざまな施策をとっていくとのことだ。

「マグロとパソコンを置き換えてください」というテレビCMで,一人が1台のPCを持つべきだというメッセージを発信したインテル。マーケティング本部 本部長の江田麻季子氏は,そのマグロを持って登場し,一般層や女性にPCを持ってもらうべく,各種イベントを展開していくと発表した
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
Core i7(LGA1366,ヘキサコア) Core i7(LGA1366,ヘキサコア)


i7-980X搭載のゲーマー向けPC


 インテルの発表に合わせて,パートナーとなるシステムビルダー(=ホワイトボックスPCメーカー)各社から,i7-980X搭載PCが発表になった。このなかから,ゲーマー向けモデルに絞って,4Gamerへニュースリリースの届いた順に,下記のとおり紹介したい。


製品名:G-GEAR GA9J-G22/S

BTO標準構成価格:24万9980円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 Project White(九十九電機)のi7-980X搭載モデルは,DirectX 10世代のハイエンドGPUを搭載した手堅い構成。ディスプレイ,キーボード,マウスは別売り。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3
  • GPU:GeForce GTX 285(グラフィックスメモリ1GB)
  • ストレージ:HDD(容量1.5TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:210(W)×460(D)×460(H)mm
  • OS:32bit版Windows 7 Home Premium(※64bit版も差額なしで選択可能)


製品名:G-Maximum EX GX7 [GTX7-10C]

BTO標準構成価格:29万5800円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 クレバリーのCOORDY’Sブランドで用意されるi7-980X搭載モデル。「GeForce GTX 260」のNVIDIA SLI(以下,SLI)構成採用と,Intel製SSDの採用が特徴だ。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3
  • GPU:GeForce GTX 260(グラフィックスメモリ896MB)×2
  • ストレージ:SSD(容量80GB,Serial ATA 3Gbps,Intel製「X25-M Mainstream SATA SSD」)+HDD(容量1.5TB,回転数7200rpm,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:206(W)×493(D)×468(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Home Premium


製品名:Amphis BTO GS1860iCi7EX TYPE-SR

BTO標準構成価格:39万9980円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 ユニットコムがパソコン工房で販売するゲーマー向けブランド「GS」の最上位モデル。「GeForce GTX 285」のSLI構成がポイントだ。ディスプレイ,キーボード,マウスは別売り。2010年3月30日12:00受注分まで1万円引き。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3
  • GPU:GeForce GTX 285(グラフィックスメモリ1GB)×2(SLI)
  • ストレージ:SSD(容量150GB,Serial ATA 3Gbps,Intel製「X25-M SATA SSD」)+HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:210(W)×605(D)×525(H)mm
  • OS:32bit版Windows 7 Home Premium


製品名:NEXTGEAR i710GA1-MAMB

BTO標準構成価格:25万9980円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 マウスコンピューターの「G-Tune」で展開されるミドルタワーモデル。DirectX 10世代のハイエンドGPUと,Intel製SSDによるRAID 0構成の搭載を考えると,コストパフォーマンスはかなり高めだ。ディスプレイ,スピーカーは別売り。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3(※PC3-8500動作)
  • GPU:GeForce GTX 285(グラフィックスメモリ1GB)
  • ストレージ:SSD(容量40GB,Serial ATA 3Gbps,Intel製「X25-V Value SATA SSD」)×2(※RAID 0)+HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:190(W)×495(D)×435(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Home Premium


製品名:MASTERPIECE i1500BA6

BTO標準構成価格:38万9970円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 メインメモリ12GB仕様,GeForce GTX 285のSLI構成を採用した,マウスコンピューターのゲーマー向けハイエンドモデル「G-Tune MASTERPIECE」。Intel製SSDによるRAID 0構成も特徴だ。ディスプレイは別売り。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 12GB(構成未公開)(※PC3-8500動作)
  • GPU:GeForce GTX 285(グラフィックスメモリ1GB)×2(SLI)
  • ストレージ:SSD(容量80GB,Serial ATA 3Gbps,Intel製「X25-M SATA SSD」)×2(※RAID 0)+HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:205(W)×580(D)×543(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Professional


製品名:MASTERPIECE i1500BA6-ATI

BTO標準構成価格:37万9890円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 MASTERPIECE i1500BA6をベースに,GPUを「ATI Radeon HD 5850」のATI CrossFireX(以下,CFX)構成に変更したモデル。ディスプレイ,スピーカー,ゲームパッドは別売りだ。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 12GB(構成未公開)(※PC3-8500動作)
  • GPU:ATI Radeon HD 5850(グラフィックスメモリ1GB)×2
  • ストレージ:SSD(容量80GB,Serial ATA 3Gbps,Intel製「X25-M SATA SSD」)×2(※RAID 0)+HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:205(W)×580(D)×543(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Professional


製品名:Prime Galleria ZXR2

BTO標準構成価格:32万9980円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 サードウェーブ(ドスパラ)のゲーマー向けPC「Prime Galleria」で展開されるハイエンドモデル。「ATI Radeon HD 5870」のCFX構成を採用し,強烈な3D性能を実現している。なお,今回紹介するドスパラ製PCには,いずれも,メインメモリを12GB搭載し,Intel製SSD「X25-M Mainstream SATA SSD」(容量80GB)をCドライブとして採用する「スペシャル・エディション」がプラス4万円で用意されており,写真はそのスペシャル・エディションになる。ディスプレイは別売り。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3(※PC3-8500動作)
  • GPU:ATI Radeon HD 5870(グラフィックスメモリ1GB)×2
  • ストレージ:HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:192(W)×511(D)×436(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Home Premium


製品名:Prime Galleria ZX-E

BTO標準構成価格:25万9980円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 i7-980XとGeForce GTX 285を搭載しつつ,販売価格をなるべく低く抑えたモデル。コストパフォーマンスはまずまずか。ディスプレイは別売り。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3(※PC3-8500動作)
  • GPU:GeForce GTX 285(グラフィックスメモリ1GB)
  • ストレージ:HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:192(W)×511(D)×436(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Home Premium


製品名:Prime Galleria ZX-SLI

BTO標準構成価格:30万9980円(税込)


Core i7(LGA1366,ヘキサコア)
 Prime Galleria ZX-Eをベースに,GeForce GTX 285をSLI構成としたモデル。こちらもディスプレイは別売りだ。

  • メインメモリ:PC3-10600 DDR3 SDRAM 2GB×3(※PC3-8500動作)
  • GPU:GeForce GTX 285(グラフィックスメモリ1GB)×2
  • ストレージ:HDD(容量1TB,回転数未公開,Serial ATA 3Gbps)
  • 本体サイズ:192(W)×511(D)×436(H)mm
  • OS:64bit版Windows 7 Home Premium

  • 関連タイトル:

    Core i7(LGA1366,ヘキサコア)

  • 関連タイトル:

    G-GEAR

  • 関連タイトル:

    COORDY’S G-Maximum

  • 関連タイトル:

    LEVEL∞

  • 関連タイトル:

    G-Tune

  • 関連タイトル:

    GALLERIA

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日