オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リーグ・オブ・レジェンド公式サイトへ
  • Riot Games
  • 発売日:2009/10/27
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
86
投稿数:72
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/26 12:00

プレイレポート

「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

 ライアットゲームズは,PC向けMOBAタイトル「リーグ・オブ・レジェンド」の新チャンピオン「サイラス」を本日(2019年1月26日)実装した。先んじて,パブリックβ環境(PBE)にて「サイラス」を試してきたので,そのインプレッションをお届けしよう。

 143体めのチャンピオンとなったサイラスは,“解き放たれし者”という二つ名を持ち,自身を投獄した国への復讐のために革命を志すというバックグラウンドを持つ。チャンピオンの性能としては,Rスキル(アルティメットスキル)を使って敵チャンピオンのRスキルをコピーし,自分のものにできるのが特徴のメイジだ。
 彼のスキルは接近戦に特化しており,機動力とダメージも高いので,動きはメイジというよりファイターやアサシンに近い。ただ前述したとおり,敵のRスキルをコピーできるという唯一無二の能力があるため,彼の特性はメイジやファイターといった括りではなく,「サイラス」という特性を持つと表現したほうがいいのかもしれない。

画像(001)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ



敵の強みをそのまま返し,逆転の革命を起こせ


 サイラスの一番の目玉は,敵のRスキルをコピーできる能力なのは間違いない。しかしそれ以外にも優れたスキルを持っている。
 コピーだけではないと理解することが,サイラスを使いこなすための第一歩となるだろう。
 特徴的なスキルが多いので使いこなすのは少し難しいが,以下に各スキルの効果と,使用感をまとめてみたので参考にしてほしい。

「サイラス」のスキル

固有スキル:ペトリサイトバースト
画像(002)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

◇スキル説明
 スキル使用後,次に行う通常攻撃が強化され,鎖を旋回させて付近の敵にもダメージを与える。

◇スキル解説
 スキルの使用後の通常攻撃が強化されるという,単純でわかりやすい固有スキルだ。使用感はレク=サイのQスキル“女王の怒り”で強化された通常攻撃の範囲が,より広くなったものという感じで,ミニオンウェーブもこの固有スキルを活かすことで素早く処理できる。
 敵との戦闘では,この固有スキルを活かすことで与えるダメージが大きく変わってくる。サイラスを使いこなしたいなら,スキルとスキルの間に通常攻撃をする癖を付けるところから始まるだろう。


Q:鎖の鞭
画像(003)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

◇スキル説明
 サイラスが両腕の鎖を叩きつけ,敵にダメージとわずかなスロウ効果を与える。少ししてから鎖の交差部分が爆発し,再度ダメージと増加したスロウ効果を敵に与える。

◇スキル解説
 サイラスのスキルの中では最もクールダウンが短く,かつ攻撃範囲も広めだが,癖のある攻撃範囲なので少々扱いにくい。基本的には鎖が交差する部分が敵に当てるように使えばいいだろう。クールダウンが短いため,ペトリサイトバーストと合わせて使うサイラスの主力スキルとなる。


W:王殺し
画像(004)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

◇スキル説明
 対象に飛びかかって強烈な攻撃を浴びせ,ダメージを与えると共に自身を回復する。対象の体力が低い場合は与えるダメージが増加し,サイラス自身の体力が低い場合は回復量が増加する。

◇スキル解説
 敵との距離を詰めるダッシュスキルであり,トドメを刺すのにも使えて,しかも回復までするという万能スキルだ。ただし,体力の回復は敵チャンピオンに使用した時のみ発動する。
 その便利さゆえかクールダウンが長めなので,ここぞというときに使っていきたい。サイラスは近距離チャンピオンであるため,ダッシュスキルがない状態で距離を取られると攻撃できなくなってしまう。敵チャンピオンのスキルをしっかり把握し,距離を取られたときのためにダッシュスキルを残しておこう。


E:逃亡/拉致
画像(005)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

◇スキル説明
 短距離をダッシュして自身にシールドを張る。再詠唱すると敵を鎖で打ってスタンとダメージを与え,最初に命中した敵の方向へ自身を移動させる。

◇スキル解説
 1度めの詠唱でダッシュし,2度めの詠唱で敵にスキルを当てればもう1度ダッシュできる。また,どちらのダッシュでも壁抜けは可能。使用感としては,エコーのEスキル“フェイズダイブ”に近い。
 1度めの詠唱でシールドも獲得できるため,移動目的で使う以外に,戦闘中に使って受けるダメージを軽減するのも強力だ。1度めの詠唱と2度めの詠唱,それぞれで固有スキルの発動条件を満たせるため,最大限ダメージを与えたいときは,すぐには2度めの詠唱を行わず,通常攻撃を挟むようにしよう。
 Eスキル“逃亡/拉致”とWスキル“王殺し”の使い方がサイラスの肝となる部分だ。


R:乗っ取り
画像(006)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

◇スキル説明
 敵のアルティメットスキルを乗っ取って自身のスキルとして使用する。サイラスに乗っ取られた後も,敵はアルティメットを発動できる。乗っ取りがクールダウン中でない限り,いつでも敵のアルティメットスキルをコピーできるが,一度乗っ取った相手からはしばらく乗っ取れない。

◇スキル解説
 ここまで5つのスキルを見てきたが,このRスキルが,サイラスを使う上で最も重要なスキルだ。どういったスキルをコピーするのがいいかといった説明は後にするとして,まずスキルの仕様を理解しよう。
 まず,Rスキルをコピーしたい敵チャンピオンを指定する。射程はそれなりに長いが,敵の視界に入らずにスキルをコピーするのは難しい。敵チャンピオンを指定すると,対象に向かって鎖を放ち,Rスキルをコピーすることができる。

 ただし,この鎖はヤスオ“風殺の壁”や,ゾーイなどが持つ対象指定不可状態で回避可能なので注意したい。コピーしたあとは任意のタイミングで使用できる。コピーしたスキルは使用するか,使用しなくても一定時間で解除される。
 この乗っ取りは,スキルレベル1ではクールダウンが一般的なRスキルと同じぐらいだが,スキルレベルが上がるたびに劇的にクールダウンが短くなる(実装前情報では,クールダウンが85秒→50秒→15秒)。クールダウンに入るタイミングは,コピーしたスキルを使用するなどで,保有を解除したときだ。
 使用するタイミングを見計らって,ここぞというタイミングで使うか,あるいは短いスパンで何度もコピーして有利を築くかは,使用者のプレイスタイルが問われる部分だ。

サイラスが乗っ取りでRスキルをコピーすると,対象となったチャンピオンのアイコンが体力バーの右に表示され,チャットにも通知が表示される
画像(007)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ


サイラスのアルティメットスキル「乗っ取り」について


 サイラスのRスキル“乗っ取り”は,少々複雑なシステムになっているので,特殊な例について軽く解説しておこう。

  • コピーしたスキルが攻撃スキルだった場合,攻撃力(AD)でのみダメージが上がるスキルだとしても,魔力(AP)でダメージが増加するようになる。ただし,攻撃力と魔力の両方でダメージが上がるスキルは,魔力の部分だけを参照する。
  • 変身型のRスキルを持つニダリーなどを対象にした場合,“乗っ取り”を使うと変身し,変身後のQWEスキルも使えるようになる。Rをもう一度使用して変身を解除するまで,変身したままの状態になる。
  • 次に使用するスキルを強化するハイマーディンガーなどのRスキルは,スキル使用後,ハイマーディンガーの強化されたQWEのスキルのどれかを使用できる。
  • ペットを召喚するアニーなどのRスキルでは,ペットを召喚して戦わせることができる。これらのペットはRキーで操作できる。
  • ティーモなどのスタックするタイプのRスキルでは,コピーした際にスタックが最大の状態になっていて,使い切ると解除になる。

 ここまでは乗っ取りのシステムについて説明してきたが,どんなRスキルをコピーするのが強いのかというと,クールダウンの長いRスキルや,メイジのRスキルが挙げられる。
 クールダウンの長いモノだと,オーンマルファイトアムムといったチャンピオンのRスキルなどがおススメだ。メイジのRスキルならダメージと攻撃範囲が優秀なチャンピオンを狙いたい。
 また,普段はあまり注目されないが,意外と強力なのがサポートチャンピオンのRスキルだ。サイラスは魔力アイテムを購入するため,ソラカジャンナといったチャンピオンのRスキルをコピーすればチームを大きく回復できるし,ソナナミラカンといった広範囲への行動妨害を持つスキルでも大きなダメージを期待できる。

 逆に,コピーしてもほとんど役に立たないのが,連発可能なRスキルを持つコグ=マウカサディン,そもそもRスキルが存在しないウディア,通常攻撃を強化するタイプのトゥイッチヴェイン,移動できるだけのクインゾーイ,サイラスにとって役に立たない自己強化系のRスキルを持つレンガーマスターイーといったチャンピオンだ。
 せっかくの能力を無駄にすることになるので,“乗っ取り”相手は慎重に選んでいきたい。


サイラスのレーンはMid,あるいはJungle?


 サイラスの担当レーンについては,公式サイトではMidレーンかJungle,あるいはTopレーンになるだろうと説明されているが,実際に筆者が試してみたところ,Midレーンが最も安定する印象だ。
 Jungleを担当するには少し火力が足りず,ブルーセンチネルやレッドブランブルバックなどの体力が高いモンスターを狩るときに時間がかかってしまう。Jungleにはもっと優秀なチャンピオンがいるわけで,わざわざサイラスをJungleで使う理由を見出せなかった。
 Topレーンはサイラスと相性の悪いファイター系のチャンピオンが来やすく,不利な状況を強いられる。頼みの綱である“乗っ取り”も,ファイターのスキルはサイラスにとって役に立たないものが多い。

 ただ,Midレーンとの相性がいいというだけで,JungleとTopで使えないというほどではない。使っていくうちに新たな発見もあるだろうし,サイラスの研究が進んでくれば思いもよらない使い方があるかもしれないので,いろいろと試して見てほしい。


敵の強みを逆手に取り,試合に驚きをもたらそう


 143体めのチャンピオンであるサイラスは,敵チームの強みを利用するという新しい方向性のチャンピオンに仕上がっている。筆者として気になるのが,プロの試合でサイラスがどのような評価を受けるかという点だ。
 敵のチームに依存するから使いにくいのか,それとも敵のチームの強みを相殺できるから使われるのか。いずれにせよ,サイラスが実装されたことにより,これまでとは違った風がサモナーズリフトに吹くことになりそうだ。

月の生霊サイラスのスプラッシュアート
画像(008)「リーグ・オブ・レジェンド」,本日実装の新チャンピオン「サイラス」のインプレッションをお届け。敵のスキルをコピーするメイジ

 新チャンピオン「サイラス」は,975RP,または7800ブルーエッセンスで購入できる。また見た目や各種動作を変更するスキン「月の生霊サイラス」も販売中だ。
 敵のRスキルをコピーするユニークな能力を持つサイラスを,ぜひ使ってみてほしい。

「リーグ・オブ・レジェンド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・レジェンド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月