オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Tom Clancy's H.A.W.X公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
78
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2008#30]トム・クランシーワールドに登場したコンバットフラシム「H.A.W.X」で大空のエースを目指せ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/07/18 16:29

イベント

[E3 2008#30]トム・クランシーワールドに登場したコンバットフラシム「H.A.W.X」で大空のエースを目指せ

 フライトシミュレータがPCゲームのメインストリームから外れて久しい。かつては「洋ゲーといえばフラシム,フラシムといえば洋ゲー」というイメージがあり,名作/傑作と評価されたタイトルも数多い(なんてこというのはオールドゲーマーだけだという話もあるが)。だが,最近はリリースされる本数もめっきり減り,せいぜい年間数本といったところ。その内容もカジュアルなものが目立つ。状況は,コンシューマ機やアーケードでもあまり変わらないようで,一部のシリーズタイトルを除き,ジャンルそのものにあまり元気がない。
 ああ,白い雲がきらめく大空で力いっぱい空対空ミサイルをぶっ放して敵機のパイロットを地獄の底に叩き込んだり,手も足も出ない敵地上部隊を機関砲でことごとく蹂躙したりしたいなあ,というPCゲーマーのためにUbisoft Entertainmentが現在制作中なのが「Tom Clancy's H.A.W.X」(以下,H.A.W.X)だが,そうでないプレイヤーも遊んでいいと思う。

Tom Clancy's H.A.W.X Tom Clancy's H.A.W.X

Tom Clancy's H.A.W.X
 トム・クランシーフランチャイズとしては初のフライトシミュレータになる本作は,E3 Summit 08のブースとプライベートルームで,プレイアブル展示されていた。4月に電撃発表されて以来,実際に動いている姿が公開されたのは,パリで行われた同社のプライベートショウ“Ubidays”以来,二度目のことになる。今回もリオデジャネイロ上空のミッションだけという制限はあるものの,開発はかなり進捗している様子だ。制作はUbisoftのブカレストスタジオが担当している。発売は2008年秋で,PCのほか,Xbox 360版とPLAYSTATION 3版が予定されている。

 世界の空で使用されている最新鋭戦闘機50種類をライセンスし,Google Mapの技術をベースにしたというリアルなマップを舞台に,プレイヤーは派手なドッグファイトを演じることになる。実際に操縦した(Xbox 360版だが)感覚としては,リアル系というよりは,やはり非常にアーケードライク。この手のゲームに慣れていないプレイヤーでも手軽に楽しめることを目標とした,カジュアルな仕様になっている。ライバルはバンダイナムコゲームズのエースコンバットシリーズになるだろうか。

Tom Clancy's H.A.W.X Tom Clancy's H.A.W.X

Tom Clancy's H.A.W.X
 時は2012年。プレイヤーは,今や世界の平和維持になくてはならないまでに急成長した民間軍事企業のパイロットとして,さまざまな紛争地帯の上空を飛ぶことになる。トム・クランシーフランチャイズのほかのシリーズ,例えばGhost ReconやRainbow Sixなどとストーリー的につながりがあるとのことだったが,そのへんは今一つ不確定のようだ。

 本作の特徴は,E.R.S(ENHANCED REALITY SYSTEM)と呼ばれるフライトアシスト機能にあるだろう。これは,レーダーやタクティカルマップ,接近するミサイルの探知,ダメージコントロール(爆撃による副次被害の警告),そしてウェイポイントといったさまざまな情報の提示および,機体やミサイルのコントロールといった機能を通じてパイロットの補助を行うもの。コンセプトとしては,「Ghost Recon Advanced Warfighter」に出てくるハイテク情報収集システム,Cross-Comに似ている。E.R.Sさえあれば,ビギナーパイロットでもベテラン並みの戦いが可能になるのだ。

Tom Clancy's H.A.W.X Tom Clancy's H.A.W.X

Tom Clancy's H.A.W.X
 そのため,画面には各種情報が入り乱れて大変賑やかになる。敵機や地上のターゲットが次々に表示され,敵のミサイルが接近すると自動的に回避コースが算出され,最適な爆撃コースが空中に浮かび上がり,ひっきりなしに無線が飛び込んでくるといった具合で,とってもクール。操作に必要なボタンも少なく,インタフェースはよく考えられている。
 かくのごとく便利なE.R.Sだが,プレイヤーはそれを使用するかしないかの判断ができる。E.R.Sを使えば飛行も攻撃もやりやすくなるし,戦闘中に無理な機動をしても自動的にキャンセルされるので,エンジンストールや墜落といったトラブルも発生しない。だが,プレイに慣れてくれば,E.R.Sをカットして,戦闘機の潜在能力をすべて引き出すことが可能になるのだ。プレイヤーのスキルに応じて,さまざまな飛行/戦闘が楽しめるというところがミソである。

Tom Clancy's H.A.W.X Tom Clancy's H.A.W.X

 筋金入りのフライトシマーであればあるほど,自機を背後から三人称視点で見ることだけで「カジュアル!」と決めつけてしまいそうだが,あっちのレバーを押してこっちのスロットルを引いてといった面倒な操作なしで簡単に飛べ,さまざまな情報がひっきりなしに流れ込んでくる,現代のハイテクでスピーディな戦いを体験する価値は十分にある。コンバットフライトシミュレータというジャンルの裾野を広げる意味でも重要なことだろう。
 なによりグラフィックが美しく,眼下に広がるリオデジャネイロの街の細かさや,青く広がる南太平洋,機体のディテールなど,ただ飛んでいるだけでも愉快だ。
 ブースのデモ版では確認できなかったが,他人のシングルプレイにいつでも「ジャンプイン」できるCo-op(協力プレイ)モードや,1対1で戦うPvPモード。そして最大16人のプレイヤーが敵味方に分かれて空中戦を演じるチームデスマッチなど,マルチプレイも期待できそうだ。
 やや停滞気味であるフラシムジャンルの,カンフル剤としての価値が期待されるこのH.A.W.X。ブースでの直撮りムービーを掲載したので,どんな感じなのか確認してほしい。


  • 関連タイトル:

    Tom Clancy's H.A.W.X

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日