オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
nForce 700
  • NVIDIA
  • 発表日:2007/12/17
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
NVIDIA,Quad&3-way SLI対応のフラグシップチップセット「nForce 790i」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/03/18 22:00

ニュース

NVIDIA,Quad&3-way SLI対応のフラグシップチップセット「nForce 790i」

 日本時間2008年3月18日10:00PM,NVIDIAはIntelプラットフォーム向けチップセットの新モデル「nForce 790i Ultra SLI」および「nForce 790i SLI」をリリースした。型番からも分かるとおり,nForce 790iシリーズは,2007年12月17日に発表された「nForce 780i SLI」チップセットの上に位置づけられ,NVIDIA SLI(以下SLI)をサポートする製品群だ。

nForce 790i Ultra SLIリファレンスボード。複数のマザーボードベンダーから,このデザインを採用した製品が発売となる見込み
nForce 700

 nForce 790iシリーズが持つ主な特徴は,以下のとおりとなる。

  1. FSB 1600MHz版CPUの正式サポート
  2. DDR3 SDRAMサポート
  3. 最大60レーンのPCI Expressリンクをサポート
  4. 3-way/Quad NVIDIA SLIサポート
  5. ESAサポート

nForce 700
 FSBクロック1600MHzのサポートにより,「Core 2 Extreme QX9770/9750」などが利用可能になる。また,ノースブリッジに当たる「SPP」(System Platform Processor)に内蔵するメモリコントローラが,DDR3 SDRAMのみのサポートとなるのも,大きなトピックといえ,紆余曲折の末,DDR3/DDR2両対応となった「Intel X48/X38 Express」とは好対照といえるだろう。
 なお,nForce 790i Ultra SLIとnForce 790i SLIの違いは,前者がNVIDIAとCorsair Memoryの提唱するオーバークロックメモリプロファイルのDDR3対応版「EPP 2.0」(EPP:Enhanced Performance Profile)をサポートし,メインメモリクロック2GHz相当(実クロック1GHz)での動作が可能になっている点が挙げられる。――もちろん,EPP 2.0対応のメモリモジュール「SLI Memory with EPP2」が別途必要だが。

EPP 2.0の概要。EPP 2.0対応モジュールはCorsair Memory,Kingston Technology,OCZ Technology,Crucial Technology,Qimondaから登場予定とされている
nForce 700 nForce 700

 下位モデルでEPP 2.0非対応のnForce 790i SLIでは,DDR3-1333までのサポートとなるものの,実のところ両モデルの違いはこのEPP 2.0対応くらいで,それ以外はまったく同じ()。nForce 790i Ultra SLIは“nForce 790i SLIの高速メモリ対応版”と位置づけるのが正しいと思われる。
 念のため付記しておくと,NVIDIAのAMDプラットフォーム向け製品として概要が発表されているチップセット製品「nForce 790a/750a SLI」や「nForce 730a」などと異なり,nForce 790i SLIはグラフィックス機能を統合していない。そのため「Hybrid SLI」は利用不可能だ。


 SPP内蔵のPCI Express 2.0コントローラは60レーンまで対応でき,SPPに直接接続する形でPCI Express 2.0 x16 ×2(もしくはx8 ×4,x16 ×1&x8 ×2)を確保可能。CPU−GPU間のデータを一元管理してGPUへデータ振り分けを行う「CPU Broadcast」,そしてGPU間で生じるデータのやり取りをP2P接続で行う「Point to Write Shortcut」(PW Short)に対応したことにより,nForce 780i SLIにおいて両機能を提供し,SLI構成を可能にしていたPCI Express 2.0ブリッジチップ「nForce 200」が,nForce 790iシリーズでは不要となった。

nForce 790iシリーズでは,CPU BroadcastとPoint to Write Shortcut機能をSPPに内蔵した
nForce 700 nForce 700

 ところで,nForce 790iシリーズのリファレンスデザインではPCI Express x16スロットを3本用意しているが,いま述べたように,PCI Express 2.0接続なのは2本となる点に少々注意が必要だ。残る1本は,「nForce 590i SLI」時代から変わっていないサウスブリッジ「MCP」(Media and Communications Processor)に接続されるため,PCI Express 1.1対応となる。

nForce 790i Ultra SLIのブロックダイアグラム。先ほど述べたとおり,対応メモリの欄を「2000MHz」から「1333MHz」へ書き換えるとnForce 790i SLIのそれになる。MCPはnForce 590i SLI時代から変化なく,転送速度3GbpsのSerial ATAは6ポートの対応で,1000BASE-T LANコントローラの論理層を二つ内蔵する点などは変わらず
nForce 700

 3本のPCI Express x16スロットは,CPUに近いほうから,1,3,2と番号が振られている。3が,MCPと接続したPCI Express 1.1 x16スロットだ。「GeForce 9800 GX2」を利用したQuad SLI構成時はSPP側に接続されたPCI Express 2.0 x16 ×2に接続される仕組みである。

左はQuad SLI,右は3-way SLIのイメージ。3-way SLI時の“3枚め”はPCI Express 1.1接続となる
nForce 700 nForce 700


いよいよ現実味を帯びてきた(?)「ESA」をサポート

nTuneは「NVIDIA Control Panel Utility」へ


 nForce 780i SLIで初めてサポートされた「ESA」(Enthusiast System Architecture)には,もちろん上位モデルとしてnForce 790iシリーズでも引き続き対応となる。
 ESAは,USBインタフェースを介して,PCケース内部の温度や搭載するファンの回転数,供給されている電圧などを統合的に管理する機能(関連記事)だが,2007年11月5日の発表以降,しばらく“絵に描いた餅状態”が続いていた。しかし,最近になってThermaltake Technologyからは対応液冷ユニット,Topower Computer Industrialからは対応電源ユニットと,対応デバイスが登場しつつあり,ようやく動き出しそうな気配だ。

ESA対応製品の例。左はThermaltake製液冷ユニット「BigWater 780e」,右はTopower製電源ユニット「TOP-1100E10」
nForce 700 nForce 700

 さらに,従来「nTune」と呼ばれていたNVIDIA製のユーティリティソフトは「NVIDIA Control Panel Utility」へと名前を変え,同ソフト上からBIOSの更新作業などが行えるようになった。なお,同ソフトはnForce 780i/750iシリーズ上でも利用できる。

従来のNVIDIAコントロールパネルに“nTuneプラスアルファ”が統合されたものがNVIDIA Control Panel Utility,という理解が正しそうだ。BIOSの更新や新しいドライバの有無チェック,CPU,マザーボード,GPUのオーバークロックに,メモリモジュールのタイミング設定も行える
nForce 700 nForce 700 nForce 700


nForce 700iシリーズのラインナップ。nForce 790i Ultra SLIとnForce 790i SLI搭載マザーボードの価格は,順に350ドル以上,250ドル以上と想定されている
nForce 700
 nForce 790iシリーズがサポートするDDR3 SDRAM DIMMの実勢価格は,容量1GBのモジュールで1万円超(※2008年3月中旬現在)。数か月前と比べるとかなり安価になったとはいえ,2GBモジュールの2枚セットでも1万円以下で購入可能な例の多いDDR2 SDRAM DIMMと比べるとまだまだ高価だ。そのため,コストパフォーマンスという観点において,nForce 790iシリーズの魅力は薄いといわざるを得ない。
 しかし,コスト度外視でパフォーマンスを追求するユーザー,“NVIDIA語”でいうところの「エンスージアスト」(Enthusiast)向けとしては,3-way/Quad NVIDIA SLIをサポートする最上位モデルとして,相応の価値はあるといえるだろう。
  • 関連タイトル:

    nForce 700

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日