オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ボーダーランズ【日本語マニュアル付英語版】公式サイトへ
読者の評価
81
投稿数:11
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「Borderlands」の開発会社Gearbox Softwareが“Z-Day”という言葉を商標登録。次回作はゾンビ系ゲームか?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/05/28 17:15

ニュース

「Borderlands」の開発会社Gearbox Softwareが“Z-Day”という言葉を商標登録。次回作はゾンビ系ゲームか?

Gearbox Softwareの公式サイト
 アメリカのゲーム情報ブログSiliconeraが報じたところによると,「Borderlands」PC版 / PlayStation 3版 / Xbox 360版)などで知られるテキサスのGearbox Softwareが,“Z-Day”という言葉を商標登録したという。Gearboxは,このZ-Dayという言葉を,“コンピューターゲームおよびモーションピクチャーに利用する”としているそうだ。

 小説家マックス・ブルックス氏によって書かれ,アメリカで2006年に出版された「World War Z: An Oral History of the Zombie War」というホラー小説では,ゾンビが突然大量発生した日を表す言葉として“Z-Day”という語が使われている。そのため,一部のファンの間では,「Gearboxが,それを題材としたゾンビもののゲームを作ろうとしているのではないか?」というウワサがささやかれている。すでに定評のあるGearbox Softwareが,本当にゾンビパニック系のゲームを手がけるのであれば,それは非常に面白いタイトルに仕上がりそうだ。

 しかし一方には,「そうシンプルに判断するわけにはいかないだろう」という見方もあるようだ。なぜなら,ブルックス氏の小説は,すでにパラマウント社によって映画の制作権が押さえられており,さらにその制作権は,俳優のブラッド・ピット氏が経営に携わる映画制作会社に委ねられていることが明らかになっているからだ。

 また他方で,Z-Dayというタイトルのゲームはすでに存在している。インディーズ系開発チームのArrowhead Gamesが「Z-Day」という,ゾンビとの戦いを描くオンラインFPSを細々と手掛けているのだ。このゲームとブルックス氏の小説との間に,とくに関係はない。

 また当のGearbox Softwareだが,こちらは現在セガと組んで「Aliens: Colonial Marines」というFPSを開発中だ。さらにGearbox設立以来最大のヒットとなった「Borderlands」も,あのエンディングのままシリーズ化させずに終了,なんてことにはならないはず。さらに昨年(2009年)の段階で,Gearboxは“War Hero”という同社得意の戦争モノを思わせる商標を取得している。
 “Z-Day”というプロジェクトの優先順位がどこまで高いのかも不明であるし,あるいは“Z-Dayに関してはこの後何年も音沙汰なし”なんてことにも,なるかもしれない。もし本当に,Gearboxがゾンビゲームを作るのであれば,それは非常に楽しみだが,あまり期待せずに待っていたほうが良さそうだ。

Gearbox Software 公式サイト

  • 関連タイトル:

    ボーダーランズ【日本語マニュアル付英語版】

  • 関連タイトル:

    Borderlands

  • 関連タイトル:

    Borderlands

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/03/30)
ボーダーランズ 【日本語マニュアル付英語版】
Software
発売日:2009-12-25
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月16日〜07月17日