オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
eFootball ウイニングイレブン 2020公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2019/09/12
  • 価格:スタンダード エディション(パッケージ版/ダウンロード版):7600円(税抜)
    レジェンド エディション(ダウンロード版のみ):9600円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/12 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」

画像(001)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」

著者近影
画像(002)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」
 この季節がヤってまいりました!
 東京ゲイムショウ? 違うのよねー。もちろんTGSの時期でもあるんだけど,毎年この時期にリリースされる人気シリーズがあるのですよ。今年は……,「eFootball ウイニングイレブン 2020」!
 「ウイイレ」シリーズの最新作なんだけど,今回,久しぶりにタイトルが変更になったのよね。ゲイムのタイトルごと変わるって,ナンバリングで展開してきたシリーズ作品としては,なかなか珍しい現象なんじゃないかしら。そこで今回は,ウイイレシリーズの歴史をまとめてみましょう。

 ウイイレの歴史,まずは初代PlayStationで発売された,「Jリーグ実況ウイニングイレブン」(1995年)から始まります。意外にもJリーグからなんですね。当時はまだ,日本では海外サッカーを楽しむという趣味が浸透していなかったという事情もありますし,何なら1993年にJリーグが発足してJリーグ人気が今とは考えられないくらい高かったというのもあるでしょう。
 実はそれ以前にもKONAMIはスーパーファミコンで「実況ワールドサッカー」シリーズを出していたりもするんだけど,サブタイトルが「パーフェクトイレブン」だったり「ファイティングイレブン」だったりしたのね。つまり,「ウイニングイレブン」という名称はPlayStation以降に生まれたものだったりするのです。
 で,PlayStationで第一作が出た翌年,「ワールドサッカーウイニングイレブン」(1996年)が発売されます。ただ,「ワールド」と言ってもこの時点では国別対抗戦といったおもむきで,海外の有名クラブは出てきません。
 そしてJリーグもワールドもシリーズを重ねていくわけですが,Jリーグ版のタイトルにしかついてなかった「実況」というワードが,しれっとワールドにもつくようになったのが「ワールドサッカー実況ウイニングイレブン3 ワールドカップ フランス'98」からです。タイトルを見て思い出す人もいるでしょう。そう,日本代表が初めてW杯に出場した年です。
 この時の日本中のサッカー熱はすごいもんでした。当時,私はゲイムショップでアルバイトをしていたんですが,ゲイムショップからサッカーゲイムが消えました。みんなが買っていくから。勢い余ってスーパーファミコンの「ジーコサッカー」まで店頭から無くなるぐらいの勢い。まあ,半年後には80円で投げ売りされてましたが。

 余談ですがこのジーコサッカー,空前のJリーグブームのときに発売されたタイトルなのですが,実際にジーコがプレイして「こんなものはサッカーではない」と激怒したという都市伝説がまことしやかにささやかれていました。真偽のほどは分かりませんが。おそらく,「とりあえず,はやりものをゲイム化しとけ」という時代が生んだ,あだ花の一つだったのかもしれないですね。
 プロレスゲイムでもその手のあだ花はいくつも生まれてきてはいるのですが……。おっと「大仁田厚 FMW」の悪口はここまでにしておきましょう。ほかにも「天龍源一郎のプロレスレヴォリューション」「最強 高田延彦」など枚挙にいとまはないですがね。あ,「アストラルバウト」に関しては2から前田日明が登場し,3でタイトルに「RINGS」まで入ったので,ある程度は成功だったんじゃないかな。知らんけど。

 ウイイレの話に戻ります。
 98年のバージョンからしばらくは「実況」がタイトルにつくようになったわけですが,プラットフォームがPlayStation 2に移行するぐらいの時期から(厳密にはその直前から),「実況」がタイトルから消えてなくなります。「ワールドサッカーウイニングイレブン5」のように。
 これは,もはやサッカーゲイムに実況がつくことなど当たり前すぎてタイトルに入れる必要がなくなったことを意味するように思えます。この時期はそのほかのサッカーゲイムに元気がなかった時期でもあり,実質ウイイレ一強だったというのも大きいでしょう。そして時を同じくして,この頃からJリーグ版のウイイレに元気がなくなっていきます。
 本来は「7」が出そうなタイミングの2003年には,シミュレーション要素を押し出した「Jリーグ ウイニングイレブン タクティクス」が出て,Jリーグ版の正統な続編が出なかったりします。なので,「Jリーグウイニングイレブン6」「Jリーグウイニングイレブン8」はあるのに,「Jリーグウイニングイレブン7」はタイトルとして存在しないのです。「ワールドサッカーウイニングイレブン7」はあったのですが。
 イメージとしては,「ウイニングイレブン」のJリーグ版ナンバリング新作とワールドサッカー版ナンバリング新作が出ていたのではなく,「ウイニングイレブン6」のJリーグ版,ワールドサッカー版が出ていた,みたいな感じなんでしょうか。

 そんなこんなもあり,Jリーグ版は「Jリーグウイニングイレブン2010 クラブチャンピオンシップ」を最後に姿を消します。ちなみに,2007年よりそれまでのナンバリングから西暦がタイトルにつくようになりました。まあ,毎年出るんだったらそのほうが分かりやすいですしね。
 そして,しばらく「ワールドサッカーウイニングイレブン●●(西暦)」という形で固定されていきます。ワールドカップイヤーにだけ「蒼き侍の挑戦」という拡張版が発売されましたが,そのスタイルも最近はなくなりました。それはダウンロードで最新データを配信できるようになったからでしょうね。

画像(005)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」
 そして最新作ですよ。冒頭でも述べたとおり,久々にタイトルそのものが変わります。「eFootball ウイニングイレブン 2020」。このタイトルには,eスポーツに対して強い意気込みを持って取り組んでいこうという,KONAMIの決意が込められているように思います。ウイイレを,eスポーツの競技として再定義し,確立していこう。そういう宣言に見えるのですよ。実際に,新たなeスポーツ構想も発表されましたし(関連記事)。
 ただ,今作から構えが変わったのは事実です。その証拠に,体験版の段階でもオンライン対戦ができるようになっています。カメラワークがより実際のサッカー中継に近づいてます。あとは体験版をプレイして感じた細かい変化だと,ミスというものが出やすい仕様になってます。例えば,選手によってパスが散るだとか,ファールが出やすいだとか。
 それはなぜか。答えは簡単です。見る人までをも意識している作りだから。プレイヤーが気持ち良くなる体験を提供するだけなら,操作に対するミスはしないほうがいいのですよ。でも,より競技化して多くの見る人を意識するならば,アクシデント性は盛り込んだほうがいい。予想外のことが起こったほうが,見る側にとっては面白いから。で,今作はそういう仕様になったのではないかと感じたわけです。

画像(003)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」 画像(004)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」
画像(006)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」 画像(007)男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第547回「『ウイイレ』シリーズのこれまでとこれからについて」

 まだ体験版で遊んだだけだから,製品版で実際にどうなるかはわからないです。ただ,タイトルに「e」がついている以上,競技としてのウイイレが提供されるのは間違いないでしょう。私も,今回のウイイレでは久しぶりに“楽しむサッカー”だけでなく,“勝敗を意識したサッカー”を突き詰めようかな,と。そう,体験版に思わされた次第であります。
 皆様,ゲイムショウでウイイレ試遊コーナーに私が並んでいるのを見ても,見て見ぬふりをしてください。ではまた来週。

今週のハマりゲイム
PlayStation 4:「eFootball ウイニングイレブン 2020
Nintendo Switch:「Forager
iOS:「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
本日からスタートする東京ゲイムショウ2019ですが,ディーノ選手は例年同様,4Gamerブースからお届けする動画配信にMCとして出演します。詳しくは,4GamerのTGS特設サイトをご確認ください。「今年はどんなゲイムを紹介できるのか,今から楽しみなんだけど……。逆に言うとどんなゲイムを担当させてもらえるのか,まだ知らないのよね」と語っていましたが。
  • 関連タイトル:

    eFootball ウイニングイレブン 2020

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月