オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
シアトリズム ドラゴンクエスト公式サイトへ
読者の評価
73
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/02 19:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」


著者近影
 「ドラゴンクエスト」が発売された1986年。男色少年は9歳。この年は広島東洋カープがリーグ優勝して,私の故郷,広島は妙に浮かれていたことを思いだすわ。ただ,私は当時人口1万人くらいの故郷の島で,おそらく唯一の西武ファン。日本シリーズで西武がカープから3連敗後,4連勝を果たして優勝したときの所在なさといったら。ファンなのに喜べない雰囲気。確かディスクシステムが発売されたのもこの年。

 「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」。1987年発売。男色少年まだ9歳。今では考えられないけど,ゲイムをやめて再開するのに,最大52文字の復活の呪文を一字一句間違えずに入力しなきゃいけないという,恐怖のシステム。メモ間違いによる悲劇が日本全国でどれだけ生まれたか……。
 私は「ふっかつのじゅもんがちがいます。」と後述の「おきのどくですがぼうけんのしょ1ばんはきえてしまいました。」に勝るゲイム的恐怖を知らないわ。せっかく費やしてきた時間が水泡と帰す瞬間。そしてその恐怖。落ち込む私に言った母親の,「人が死ぬってそういうことよ」は,正しいんだか正しくないんだか分からないながら,なかなかの説得力を持っていた気はするわね。

 「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」。1988年発売。職業や昼夜の概念を導入。男色少年10歳。自由度が高くて,実は私がシリーズで一番好きな作品だったりする。けど,唯一クリアしていない作品でもある。理由は,シリーズ初のバッテリーバックアップ導入による悲劇が起こったから。
 というのも,今作からゲイムの再開はパスワード入力ではなく,セーブができるようになったんだけど,何かの拍子にデータが消えがちだったのよね。ファミコン本体の電源を入れると,鳴り響く呪いの音楽。そして流れるメッセージ「おきのどくですがぼうけんのしょ1ばんはきえてしまいました。」。
 これが,ゲイム終盤で起こってしまった時の絶望感はIIIのラスボスの比ではないわ。まあ,ラスボスの直前でデータが消えたから,クリアできてないんだけどね。

 「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」。1990年発売。全5章のオムニバス形式。男色少年12歳。仲間達がどんどん集まってくる感じにワクワクしたもんよ。AIによる自動戦闘が導入されたんだけど,なぜかマーニャがよく分からない行動を取るのが気になったわね。確か,小学校を卒業するやしないやの時にプレイした記憶アリ。ファミコンの時代が終わりつつある転換期でもあるわね。
 ちなみに,個人的にはこの年のバレンタインでなんと16人いる女子のうち10人からチョコをもらうという奇跡のモテを経験。人生で2度あると言われるモテ期をここで消費。まだノンケ。

 「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」。1992年発売。男色少年15歳。シリーズ初のスーパーファミコンでの作品。モンスターを仲間にできるように。ビアンカとフローラでは,やはりフローラを選択。当時からすでに逆玉の輿願望があったんでしょうね。親子三代を描いた壮大なストーリーで,置かれた立場によって感じ方が違う,とのもっぱらの評判だけど,今プレイしても私はきっと父の気持ちにはなれないわね。ほっとけ!

 「ドラゴンクエストVI 幻の大地」。1995年発売。ここら辺から発売のペースが数年単位で空くように。ゲイムを取り巻く環境の進化で,開発にも時間がかかるようになったからでしょうね。男色少年18歳。でも,受験勉強の時期と重なってたから,翌年大学に入学してからプレイ。ちょっと新生活に浮かれていたためか,そこまでヤリ込めず。

 「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」。2000年にPlayStationで発売。男色青年23歳。本来ならば社会人になっていてもおかしくない年齢なのに,なぜかまだ学生。一週間分のインスタント食品を買いためて家でプレイした記憶アリ。ぶっ倒れるまでプレイを続けて,目覚めたらまたプレイ。時には18時間も連続して,カジノでスロットを回すという謎のヤり込みにまで手を出していたんだけど,何が私をそうさせたのかはいまだに不明ね。きっとノストラダムスの大予言が外れた反動じゃないかしら。私にとっての2000年問題。

 「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」。2004年,PlayStation 2で発売。男色青年27歳。もうプロレスラーとして活動中。でも,当時は暇だしお金も無かったんでこのゲイムしか逃げ場がなかったわ。自分の思い通りになる世界は,このゲイムの中にしかない。そう思って,プレイし倒したわね。
 ただ,全員のレベルを99にしてからのモチベーションの保ち方に苦労した。さすがにスキルをいろいろとマスターしてからは,何のためにこのゲイムの世界で生きているのかすら分からなくなって,泣く泣く社会復帰したけど。

 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」。2009年発売。男色中年32歳。ニンテンドーDSで発売。ワイヤレス通信によるマルチプレイが可能で,まあまあ同僚のプロレスラーとプレイしてた気がする。この頃にはこの連載も始まっていたわね。ていうか,まだ最近の出来事のような気もしてる。ちなみに,年に一度のDDTプロレス両国国技館大会が始まったのもこの年。

 「ドラゴンクエストX オンライン」。2012年発売。男色中年35歳。Wii,Wii Uのほか,PCにも対応。シリーズ初のMMORPG。けっこうヤってはいたんだけど,悲しい事件に巻き込まれ,プレイを断念したわ。ていうか,最近だと思ってたけど,もう3年近く前の話になってしまうのね。こうやって人は年を重ねていくのね。


男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」
 ……というわけで,私とドラゴンクエストシリーズの歴史を振り返ってみたわけですが。要は「シアトリズム ドラゴンクエスト」をプレイしたって話なのよ。もうね,このタイトルをプレイしていると,歴史を感じて仕方がない。
 ドラゴンクエストシリーズはね,もう私にとって問答無用。人生の節目節目に存在しているの。シアトリズム ドラゴンクエストをプレイしていると,そりゃ懐かしくもなるわよ。あっさりと言ってしまえば,このゲイムって音ゲイなのよ。でも,ドラゴンクエストシリーズの音楽で音ゲイを作られたら,そりゃこっちもプレイしながらグッとくるほかないでしょうが。
 こうやって,昔を懐かしめる。それだけで,このゲイムをプレイする価値はあるんじゃないかと思っているわ。ゲイムに対しての純粋な感想じゃなくて申し訳ないんだけど。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」
 あ,そうは言っても,普通にプレイしても面白いゲイムよ? ただ,この場合って悪い意味で私にとってドラゴンクエストシリーズの存在が大きすぎるから,「ドラゴンクエストシリーズが好きな人はプレイすべき」っていう,月並みなことしか言えないの。
 そして一つ確かに言えるのは,私はこのゲイムをプレイして,あの頃を思い出したってこと。ずるいよね思い出って。人間,思い出には勝てないもん。ごめんなさい。今週はそれ以上言えない。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第324回「記憶を呼び覚ますゲイム」

 ドラゴンクエストシリーズはいつだって面白かった。そして私は,今後もこのシリーズを信じ続けるだろう。仕方がない。恋愛は,惚れてしまったほうの負けなんだから。だって,好きなんだもん。シアトリズム ドラゴンクエスト。ドラクエが好きならぜひ。よく分からない感情が掻き立てられますので。

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 4:「龍が如く0 誓いの場所
PlayStation 3:特殊なDVD ※死亡確認→復活予定
PlayStation Vita:「剣の街の異邦人 〜黒の宮殿〜
PSP:「サモンナイト5
Wii U:「ゼルダ無双
Wii:「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ニンテンドー3DS:「シアトリズム ドラゴンクエスト」
Xbox 360:「剣の街の異邦人 〜白の王宮〜

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,今週末の4月4日,横浜ラジアントホール大会「DDTふりむけばヨコハマ2015春」を開催します。ディーノ選手はDJニラ選手とのタッグで,高木三四郎選手&MIKAMI選手と対戦予定。先日,KO-Dタッグ選手権試合に敗北してしまったディーノ選手ですが,「そもそもズボンにも付けられないようなベルト,欲しくなんてなかったのよ。すっごく便利なベルトがあるなら欲しいけど,あれはそうじゃないから。これで当分,欲しくもないベルト争いに巻き込まれることはないでしょうから,超面白いことをヤってやるわよ」と,力強く語っていました。ただし,頭は寒いそうです。
  • 関連タイトル:

    シアトリズム ドラゴンクエスト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月15日〜06月16日