オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
龍が如く 維新!公式サイトへ
読者の評価
92
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第247回「PlayStation 4は発売日に買います」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/09/26 11:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第247回「PlayStation 4は発売日に買います」


著者近影
 今年も終わったわね,東京ゲイムショウ,略してTGSが。私個人としては,十分堪能できたと言ってもいいんじゃないかしら。というのも,ここ数年の私は4Gamerのスタジオで何かしらの動画配信のMCをしていたから,TGS会場の中を歩き回って楽しむような時間がなかったのね。
 せっかく幕張まで来ているのに,私は一体何をしているのだろう……そう思い悩みつつ,私は嘘で塗り固めた笑顔で視聴者に情報を届け続けたわ。仕事って一体何なんだろう? 働くって,一体何なんだろう? このスタジオという名の小さな小屋の外では,みんなが大好きなゲイムの未来を感じながら一喜一憂しているのに,私は……。
 この檻をぶち破って,ゲイムにまみれた自由空間に羽ばたこうと思ったことも,一度や二度ではなかった。「生放送中に生まれたまんまの姿をさらせば,いっそ自由になれる!」。そう思った私が,何度パンツに手を伸ばしかけたことか。
 しかし,私は耐えたわ。なぜなら,みんなに情報を届けたかったから。TGSの最新情報を,4Gamerの読者,そして動画配信の視聴者に届けたかったから! 僕は死にません! あなたが好きだから! ……それが,ここ数年の私のゲイムショウ。

 しかし! 今年は違ったわ。今年の4Gamerの動画配信スタイルが,ゲイムショウの会場に飛び出して各ブースを巡り,試遊した動画を撮影し,それを夜に配信するというものだったの。それで,夜中には同じ部屋に泊まっていた梶やんとあんなことやこんなこと現場写真 ※閲覧注意)になったり,最終的にはカメラの前で梶やんと接吻する羽目になったり。だから要するに,昼も夜もフル稼働なんだけれども,果たしてこれでもかというくらい試遊はできたのよ。
 というわけで今週は,久しぶりにTGS自体を堪能した思い出を振り返りつつ,思ったことを吐き出してイこうと思うわ。先に言っとくけど,情報的に目新しいものはないわよ。もうすでに発表されたものについて,私がどう思ったかっていうことを綴るだけ。ゲイマー視点で。
 ホラ,私は一応連載こそ持っているものの,基本的にはゲイのプロレスラーであって,マスコミではないわけ。だから,思ったことを素直に言うことができるのね。もちろん,あくまで個人の意見だから,偏ってはいるけれども。その点を踏まえたうえで読んでいただけるとこれ幸い。

 まず,今年のTGSの注目は,何と言ってもPlayStation 4でしょうな。私も触ってきましたよ。結局のところ,興味はあるけど幕張に行けなかった人はみんな思っているのよ。「で,実際のところPlayStation 4はどうなの? 即買いなの?」って。
 正直に言いましょうか。ケツ論は「ソフト次第」。身も蓋もない意見ですまんね。でも,そうとしか言いようがないのよ。タッチパッドが搭載されたコントローラ「DUALSHOCK4」のフィット感というか,操作における違和感のなさは凄いわよ。
 そして,グラフィックスも凄い。我々常人には計り知れないほど,もの凄いマシンパワーがあるんでしょうね。それは十二分に伝わってきたわ。おそらく,このハードから凄いゲイムが産まれてくる。その可能性も見えた。
 ただ! この圧倒的なマシンパワーを使いこなせるソフトが現れるのか。プレイしながらそこが気になったわ。どういうことかっていうとね,マシンの凄さが想像を超えすぎていて,ライトゲイマーはピンとこない可能性がある気がしたの。
 例えば,「ドラゴンクエスト」シリーズとか「モンスターハンター」シリーズとか,そういった国民的ゲイムだけをプレイする人達に,ゲイム産業が支えられている側面ってあるわけじゃない? でも彼らにしてみれば,PlayStation 3でも十分「凄い!」って思える作品が,きっちりリリースされているのよ。だからPlayStation 3でも,母親をして「最近のファミコンはリアルだねえ」と言わしめるに十分なわけ。
 ということは,この方向だけでいくら凄くなっても,目新しさを感じない人が少なくないのよ。どんなに技術的に高度なことになっていたとしても,ね。
 そして,PlayStation 2はPlayStationのソフトを遊べたし,初期型PlayStation 3もPlayStation 2のソフトを遊べる。でも,PlayStation 4ではPlayStation 3のソフトが遊べない。だから,「とりあえず買っとけ」とはなりにくい。
 私に関して言うなら,PlayStation 4と同時に「龍が如く 維新!」が発売されるから,本体ごと買うことを決めているのね。ただ,ヤりたいゲイムが無い場合は互換性がないぶん「とりあえず」気分では買えないと思う。とにかく,買い時は「ソフト次第」。逆に言うと,ヤってみたいソフトが見つかるのであれば,即買いしても差し支えないんじゃないかしら。


 もう一方の次世代機,Xbox Oneも触ってきたわよ。こちらも「で,結局どうなの?」って疑問,あると思うのね。実は私,Microsoftが標榜する「オールインワンのエンターテイメント」っていうものの意味が分からなかったの。TGSが始まるまで,プレスリリースやインタビュー記事を読んでも,いまいちイメージできないというか。
 オールインワンと聞いて,どうしても一打目でカップインさせることや,シャンプーとリンスが一本のボトルになったものが頭に浮かんじゃうのよ。イヤ,言葉の意味としては分かるのよ。すべてが一つにまとまっているという意味は。
 でも,文字からはうっすら分かるんだけど,例えばゲイムしながらSkypeができると言われても,「それで?」って思っちゃう私がいるの。ホラ,プレイヤーなんて作り手の苦労のことなんて考えずにものを言ってしまう生き物だから,どんなに技術的に難しいことを実現してくれていても,結局「それが一体自分に何をもたらしてくれるのか?」っていうことがハッキリしないと,テンションが上がらないわけね。
 Xbox Oneに関しては,そういう状態でTGSを迎えたわけ。で,正直に言ってしまうと,TGSで試遊しただけの私には,そこらへんが解ケツできなかった。Xbox Oneのオールインワンが何をもたらしてくれるのか。そこは今でもあんまり分かってはいない。
 ただ! 実際に触ってみた結果,声を大にして言いたいことが一つだけ生まれたの。それは,試遊した「Forza Motorsport 5」が,やたらと面白いということ。だから単純に,プレイしてみたゲイムが面白くて,ほかのXbox One用ゲイムもこのクオリティなのであれば,普通にゲイムマシンとして楽しみだなぁっていう答えは自分の中で出たわ。
 Forza Motorsport 5は,言わずと知れた世界的なレースゲイムなんだけど,思っていた以上にリアルなのよ。今まではゲイムに必要なリアルさだけがあれば良かったと思うんだけど,Xbox Oneがもたらすリアルさは,実際に運転するときのリアルさ。逆光のうっとうしさであったり,フロントガラスに反射した運転席だったり,空を飛ぶ鳥であったり。そういうところまで作り込むことができるのがXbox Oneなんだな,と。
 Xbox Oneでは,こんな面白いゲイムがプレイできるんだなっていうことが,試遊を通じて分かったってわけ。ステージイベントなんかも見れば,ひょっとしたらオールインワンがどういうものなのかも理解できたのかもしれないけどね。


 とりあえず,今週は今年のTGSの目玉だった次世代機について,私が体験した限りのことを語ってみたわ。ほかに気になっていたことと言えば,個人的に謎だらけに感じていたPlayStaion Vita TVという新ハードの全貌が見えてはきたんだけれども,これに関してはまた来週にでも。
 あ,あと個人的注目ソフト,とくにPlayStation 4の発売日に合わせてきた龍が如く 維新!についても,来週触れてみようかなーと思っているわ。思いのほかPlayStation 4とXbox Oneで文字数使っちゃったからね。けっこう言いたいことがあるのよ。TGS期間中に配信していた動画番組「4Gamerステーション」に来てくれた,龍が如く 維新!の横山昌義プロデューサーの言葉には,再検証したいこともあったしね。

 ひとまず,「モンスターハンター4」と「三國志」と「信長の野望」というニンテンドー3DS用の新作3タイトルが,どれも面白いもんだから結局どれも進んでいないという近況を報告しつつ,今週はこれで。アディオス。

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 3:「Farming Simulator
PlayStation Vita:「CONCEPTION II 七星の導きとマズルの悪夢
PSP:「サモンナイト5
Wii U:「The Wonderful 101
Wii:「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
ニンテンドー3DS:「モンスターハンター4
Xbox 360:「Minecraft:Xbox 360 Edition

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手が所属するDDTプロレスは,9月29日(日)に後楽園ホール大会「who's gonna Top? 2013 〜DDT48 総選挙最終投票日〜」を開催します。現在実施中のDDT48総選挙の最終日となる,この興行。ディーノ選手は「私が1位になったら,賞金の100万円を使って,モンハン会をやるわ。そしてモテる」と言っていました。モンハン会に参加したい人は会場に足を運んで,清き一票を投じてみましょう。
  • 関連タイトル:

    龍が如く 維新!

  • 関連タイトル:

    龍が如く 維新!

  • 関連タイトル:

    Forza Motorsport 5

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月17日〜09月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月