オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
唯舞独尊公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TAIPEI 2007#19]台湾独自開発のオンラインダンスゲーム? IGSの「唯舞独尊」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/02/10 23:58

ニュース

[TAIPEI 2007#19]台湾独自開発のオンラインダンスゲーム? IGSの「唯舞独尊」

 台湾独自開発のオンラインダンスゲームとして,地元の新聞でも大きく取り上げられている「唯舞独尊」。だが,初めて見る者にとっては,韓国T3 ENTERTAINMENTが開発し,日本ではネクソンジャパンが運営する「ダンシングパラダイス」と,見間違えそうなくらいよく似ている。
 キャラクターの造形,ゲームシステムからインタフェースに至るまで,一見しただけではどこが似ているというより,似ていない部分を探すのが難しいほどだ。
 ところがこの唯舞独尊,INTERNATIONAL GAMES SYSTEM(以下,IGS)が開発した正真正銘の台湾製のタイトルで,2006年末にはニュース番組にも,国産ゲームとして大きく取り上げられていたというではないか。そこで,唯舞独尊のゲームデザインに携わったという,Senior Planning SpecialistのNick Yuan氏に話を聞き,また実際にプレイしてみた。 

ソファが並ぶ,クラブのような作りのチャットルームでは,エモーションで可愛い仕草を見せてくれた
 唯舞独尊では,流れる音楽に合わせて画面に矢印が表示される。表示されたとおりにカーソルキーを入力し,最後にタイミングよくSpaceバーを押すと,「Good」「Cool」「Bad」などの判定が下され,ゲーム内のキャラクターが滑らかなダンスを見せてくれる。最大6人が同時にプレイできる対戦モードのほか,従来の音ゲーにも似たシングルプレイ,そしてNPCとの対戦の,計三つのゲームモードが用意されている。ミスが少なく判定が高いプレイヤーキャラクターほど,画面中央にアップで表示され,最終的にポイントの一番高いプレイヤーが経験値やゲーム内通貨を最も多く獲得できる。
 いやその,ダンシングパラダイスとほぼ同じシステムなのだが……。

実際のプレイ画面がこちら。キャラクターの顔付きが少し柔らかい,ステージの奥行きが少々広いという違いはあるが,ダンシングパラダイスにそっくりだ


ローディング画面に使われているこの女性が,台湾のアイドル歌手Jolinさんだ。ゲーム内ではNPCとして登場するほか,彼女の歌う曲がいくつか収録されている
 気を取り直して,肝心なのはここからだ。収録されている音楽データは約300曲。多くの音ゲーは著作権が絡まないクラシックやオリジナル音楽を使用しているが,唯舞独尊ではレコード会社と契約を結んでおり,台湾出身の人気アイドルJolinの曲をはじめ,そのほとんどが中国のポップミュージックという。
 キャラクターの髪型や衣装を替えるアバターアイテムは,約5万点も用意されている。対戦で溜めたゲーム内ポイントで買えるアイテム,お金をチャージして買う有料アイテムに加えて,さらにNPCと対戦して勝つと,NPCが着ているのと同じ衣装アイテムがそのままもらえるという,ちょっと珍しいシステムもある。
 実際に試してみたところ,挑戦できるNPCは先ほどの台湾アイドルJolinによく似た顔立ちで,1試合ほぼノーミスという強敵。確かに特別可愛い衣装を身に着けているが,彼女に勝つためには,相当の練習量が必要になりそうだ。

正式サービス開始と同時に,約5万点ものアバターアイテムを実装。対象ターゲットが16〜24歳の女性ということもあり,ファッションアイテムには気合いが入ってるようだ
 Yuan氏によれば,唯舞独尊は2006年の東京ゲームショウにムービーのみを出展していたという。プレイアブル公開はこのTaipei Game Show 2007が初めてで,台湾での正式サービスは2007年3月からを予定している。
 単刀直入に,韓国のダンスゲーム「Audition」(ダンシングパラダイスの原題)にあまりに似ていないかと指摘してみたところ,「唯舞独尊は,ただダンスするだけのAuditionにはない,魅力的なシステムが二つあります。Auditionには絶対に負けません」となかなか強気な答えが返ってきた。ええと,全般的に似ている/似ていないと,勝てる/勝てないは別問題だと思うのですが……。とりあえず,独自部分について聞いてみよう。

 Auditionにはないシステムの一つめは,プレイヤー同士がおしゃべりを楽しめる「チャットルーム」。もう一つが最大3匹まで飼えるペットシステム「音楽精霊」のことであった。後者は確かに特徴的で,見た目は妖怪「一つ目小僧」のようだ。音楽精霊は専用ルームで飼育できる。この音楽精霊,対戦ゲーム中にキー入力が成功すればするほど画面左上のゲージが溜まり,満タンになるとゲーム内に突如現れる。そして,他プレイヤーのダンスを妨害したりするという,飼い主思いの暴れ者だ。

これが噂のペット「音楽精霊」専用ルームと3匹のペット達。ゲーム内ポイントでペット用の餌,アクセサリなども購入でき,プレイヤーとの親密度や元気,レベル成長時間など細かなデータを持っている


 3月の正式サービス開始時での目標アカウント数なども聞いてみたのだが,「とにかくAuditionよりは多く獲得する」と挑戦的な答えが返ってくるのみ。チャットとペットシステムの二つをもってオリジナリティを主張することの是非はさておき,いろいろな意味で今後が気がかりな作品である。(ライター:麻生ちはや)


  • 関連タイトル:

    唯舞独尊

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日