オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
SteelSeries,ゲーマー向けキーボード「6Gv2」&ヘッドセット「7H」発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/03/04 16:04

ニュース

SteelSeries,ゲーマー向けキーボード「6Gv2」&ヘッドセット「7H」発表

 SteelSeriesは,CeBIT 2010に合わせる形で,ゲーマー向けのワイヤードキーボード「SteelSeries 6Gv2」と,ワイヤードヘッドセット「SteelSeries 7H」「SteelSeries 7H USB」を発表した。いずれも,パフォーマンスを追求したハイエンド仕様の製品だ。
 現在のところ,国内での発売時期や価格は未定だが,取り急ぎ概要をお伝えしたい。

SteelSeries
SteelSeries 6Gv2
SteelSeries
SteelSeries 7H


SteelSeries 6Gv2


 2010年3月時点のフラグシップモデル「SteelSeries 7G」。メカニカルスイッチを採用したフルキー仕様のワイヤードキーボードとして全キー同時押し対応を実現し,高い評価を受ける同製品の下位モデルとして登場したのが,SteelSeries 6Gv2だ。

製品名に「v2」とあるのは,2005年に,9キー同時押し対応キーボードとして登場した「SteelKeys 6G」(または改名後の製品名「SteelSeries 6G」)と区別するためだろう。今回の新製品はあくまでも,SteelSeries 7Gをベースとした廉価モデルだ。ただ,キー配列は必ずしもSteelSeries 7Gと同じではなく,[BackSpace]キーが大きくなっているなど,細かく変わっている
SteelSeries

キーは,公称5000万回の打鍵に堪える仕様で,これもSteelSeries 7Gと同じ
SteelSeries
 SteelSeries 7Gの持つ,全キー同時押し対応や,キーの反応速度,耐久性といった基本機能は踏襲。さらに,[Windows]キーを左[Ctrl]キーの隣から別の場所へと追いやり,代わりに,ファンクションキーとの組み合わせでマイクミュート機能などを提供し,単体では動作しない[SteelSeries Media Control]キーを置くことで,ゲームプレイ中の“誤爆”を避けるデザインも共通となっている。
 一方,USBハブ機能や,アナログサウンド入出力機能,専用の大型ハンドレスト「リストサポートパッド」を省き,コストを削減。流通コストや消費税などが日本とはまったく異なるので,そのまま日本円換算しても意味がないことを断ったうえで,あくまでも参考として,欧州市場における直販価格を示しておくと,SteelSeries 7Gが129.99ユーロ(約1万5700円)のところ,SteelSeries 6Gv2は79.99ユーロ(約9700円)になるという。
 基本性能が“完全に”同じかどうかははっきりしないが,もしそうなのであれば,一気に値を下げたこちらのほうをより魅力的に感じる人も多そうだ。

SteelSeriesロゴ入りの[SteelSeries Media Control]キーを,[Windows]キーの代わりに搭載する仕様も,上位モデルと共通だ
SteelSeries SteelSeries

 なお,欧州では,2010年第2四半期に販売が始まる予定となっている。


SteelSeries 7H&7H USB


 SteelSeriesの訴求するプロゲーマー向けヘッドセットシリーズの新たなフラグシップモデルとして登場したのが,SteelSeries 7Hシリーズの2製品だ。

本体カラーは黒。エンクロージャーとヘッドバンド側面の一部にクロム加工がなされ,アクセントになっている
SteelSeries SteelSeries SteelSeries

密閉型エンクロージャの密閉度を弱める布製イヤーパッドが付属
SteelSeries
 50mmドライバーを搭載した本機は密閉式だが,面白いのは,イヤーパッドの交換で,遮音性をコントロールできるようになっているところ。「Counter-Strike」「Quake Live」プレイヤーからの「トーナメントでは遮音性が高いもの,練習ではチームメイトの声がよく聞こえるもののほうがいい」というフィードバックを踏まえ,遮音性に優れた革製,外部の音を比較的聞き取りやすい布製,2種類のイヤーパッドを用意することになったのだという。

 また,これもトーナメントユースを想定したギミックだが,ヘッドフォンを左右エンクロージャ部とヘッドバンド,ケーブルの4ピースに分解して持ち運べるようになっているのも特徴といえそうだ。

本体は四つにバラして持ち運べる。ケーブルは専用端子で左エンクロージャと接続
SteelSeries SteelSeries

マイクミュート機能付きのインラインリモコンが用意される。なお,発表時点でUSBサウンドデバイスの写真は公開されていない
SteelSeries
 SteelSeries 7H USBにのみ付属のUSBサウンドデバイスは,バーチャル7.1chサラウンドサウンド出力に対応。FPSやMMO,RTSなど,ゲームジャンルごとに最適なサウンドプロファイルがプリセットされており,ユーザーは常に最適なサウンド環境でプレイできるとも謳われている。

 こちらも,欧州では2010年第2四半期販売開始予定。欧州市場における直販価格を参考までに示しておくと,99.99ユーロ(約1万2000円)である。


SteelSeries 6Gv2日本語リリース
SteelSeries 7H日本語リリース
  • 関連タイトル:

    SteelSeries

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日