※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Saitekのフライトシム向けジョイスティック&スロットルセット3製品が国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/15 21:02

ニュース

Saitekのフライトシム向けジョイスティック&スロットルセット3製品が国内発売

 2018年2月15日,Logitech Internationalの日本法人であるロジクールは,ゲーマー向け製品ブランド「Logicool G」(日本以外では「Logitech G」)から,Saitekシリーズのフライトシミュレータ用ジョイスティックとスロットルのセット3製品を,2018年3月1日に国内発売すると発表した。製品のラインナップとメーカー想定売価は以下のとおり。

  • X56 H.O.T.A.S. RGB Throttle and Stick Simulation Controller
    (国内製品名:X56 HOTAS,以下 国内製品名で表記,以下同)
    型番:G-X56R,メーカー想定売価:3万2630円(税込3万5240円)
  • X52 Professional H.O.T.A.S.Part-Metal Throttle and Stick Simulation Controller
    (国内製品名:X52 PROFESSIONAL HOTAS)
    型番:G-X52P,メーカー想定売価:2万8310円(税込3万574円)
  • X52 H.O.T.A.S.Throttle and Stick Simulation Controller
    (国内製品名:X52 HOTAS)
    型番:G-X52,メーカー想定売価:2万1250円(税込2万2950円)

X56 HOTAS
Logitech G/Logicool G

X52 PROFESSIONAL HOTAS
Logitech G/Logicool G

X52 HOTAS
Logitech G/Logicool G

 最上位モデル的な位置づけのX56 HOTASは,VRゲームや「Star Citizen」のような宇宙船を操縦するシミュレータタイプのゲームに適するという製品だ。通常のジョイスティックは,ピッチ,ロール,ヨーの3軸入力となるが,X56 HOTASでは,これらに加えて前進/後退,上昇/下降,左移動/右移動といった3軸も加えた6軸の入力が可能なのだという。
 具体的にどうやって6軸の入力を行うのか,製品情報ページを読んでも判然としないのだが,スティックの中ほどやスロットル右側面に,小さなスティック型をした追加の入力装置があるので,これらを組み合わせて操作するのだろうか。

スティック部分の中ほどに,小さなスティック型の入力装置がある(左)。また,スロットル右側面,「E」と書かれたボタンの下にも小さなスティック型入力装置があった(右)。ジョイスティック本体とこれらを組み合わせて6軸入力を可能とするのだろうか
Logitech G/Logicool G Logitech G/Logicool G

 また,X56 HOTASは,ジョイスティック頂部にあるハットスイッチや,スロットルの土台部分にあるスイッチの周囲にカラーLEDイルミネーション機能が埋め込まれており,専用のソフトウェアを使って,LEDの発光色や発光パターンをカスタマイズできるそうだ。

G-X52Pの液晶パネル。対応するフライトシミュレータの無線通信情報を表示できるとのこと
Logitech G/Logicool G
 そのほかの2製品,G-X52PとG-X52は,スロットルの土台部分に小型のモノクロ液晶パネルを備えて,対応ゲームの情報表示を行えるのが特徴だ。また,ジョイスティック頂部やスロットル先端にあるボタンは,LEDイルミネーションを内蔵しているのもポイントであるという。

 いずれも安価な製品ではないが,近年では珍しい戦闘機の操縦桿を模したジョイスティックの新製品だけに,軍用機を操縦するフライトシミュレータのファンなら,響くところのある製品かもしれない。

ロジクールのフライトシム用周辺機器ページ



#### 以下,リリースより ####

シミュレータ用周辺機器「Saitek」から
新ゲーミングデバイス3機種を3月1日(木)より発売開始
リアルなフライト体験を提供するプロ仕様の
スロットル&スティック式シュミレーションコントローラー3機種が登場

ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区、代表取締役社長:笠原 健司)は、ゲーミングブランド「Logicool G」よりシミュレータ用周辺機器「Saitek」の3機種を、2018年3月1日(木)より、全国家電量販店ならびにeコマースサイトで発売します。
*Logitech Internationalは、老舗ゲーム周辺機器メーカーSaitek(サイテック)ブランドを、2016年にMad Catz Interactive社から買収。今後VR関連製品を展開していく上で、当製品群がもつ技術やノウハウ、知見がLogicool G製品のポートフォリオを補完するものと考えています。

<製品の特長>
1. RGB対応 スロットル&スティック式シミュレーションコントローラー「ロジクール X56 HOTAS」
型番:G-X56R 参考価格:32,630円 (税抜)


最先端のミリタリーグレードのシミュレーションギア
最新のVRゲームや、近年再び熱を帯び始めたスペースシミュレーションゲームの没入感を高めるために開発されました。親指位置に搭載されたアナログスティック、RGB ライティング、16ビットの軸操作(昇降舵と補助翼)、189 個のプログラム可能なコントロールなどを備えたフライトコントロールです。

6DoF
宇宙船の動作がよりダイナミックになった最先端のスペースシミュレーターでは、操縦の複雑さが増しているだけでなく、地球の大気圏外を飛ぶ従来のフライトシミュレーションとは全く異なる操縦方法が求められます。6Dof とは「6自由度」のことで、宇宙船の操縦に必要な全ての自由度(ピッチ、ロール、ヨー、前進/後退、上昇/下降、左進/右進)を操作することができます。
*6DoF = 6 Dimension of Freedom(6自由度)

リアリティあふれるVR体験を実現
最新ゲームの画面と連動して動作するだけでなく、ゲーム内の機体を意のままにコントロールすることができます。さらに驚異的な数のコントロールと感度設定を備えているので、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)ゲームやVRゲームに最適です。

色彩豊かなRGBライト
カスタマイズソフトウェアをダウンロードすることで、色彩豊かなRGBライトを自分好みにカスタマイズすることが可能です。空中戦の真っ只中や、宇宙ステーションに着陸船を投下する瞬間などで英雄気分を存分に味わうことができます。

G-X56R 外観
Logitech G/Logicool G

2. メタルパーツ採用スロットル/スティック式シミュレーションコントローラー「ロジクール X52 PROFESSIONAL HOTAS」
型番:G-X52P 参考価格:28,310円(税抜)


G-X52フライトコントローラの上位モデル
オリジナルのX52が持つ特徴全てが一段アップグレードされています。さらに上位グレードのマルチファンクションLCDディスプレイを採用したことで、ゲーム内のリアルタイム表示が可能になりました。金属製のコアを備えた高精度のデュアルスプリング機構を新たに搭載したほか、上質な材料を使用したことによって見た目も一新され、より洗練されたデザインに仕上がっています。

デュアルスプリングセンタリング機構
ジョイスティックには高精度のセンタリング機構を搭載。手を離すと、スプリングによって自動的に中心位置に戻ります。さらにX軸/Y軸に無接点テクノロジーを採用したことで、優れた操作性と高い耐久性を両立しました。また、中心位置から離れるほどスティックの抵抗が強くなります。

柔軟なグリップ調整システム
ハンドルの握り方や手の大きさに合わせて、ハンドルを5段階で調整できます。また、雄大な世界でのフライトシミュレーションを快適に楽しめるよう、ハンドルには指にフィットする凹凸が施されています。

3Dツイストラダーコントロール
ジョイスティックのツイストラダーコントロールにより、フライトシミュレーションでの3次元操作が可能になりました。従来のコントロール方法で操作したい場合も、ラダーロックスイッチを操作してツイスト機能をオフにするだけで、入力をX軸とY軸のみに制限することができます。

G-X52P 外観
Logitech G/Logicool G

3. スロットル&スティック式シュミレーションコントローラー「ロジクール X52 HOTAS」
型番:G-X52 参考価格:21,250円 (税抜)


まるで本物のような操作感
105 以上のプログラム可能なコマンドに簡単アクセスできるマルチファンクションLCDディスプレイを搭載し、精密なフライトシミュレーションが可能になりました。さらに時計/ストップウオッチ機能を使用してフライトプランを調整することもできます。手を離すとスプリングによって自動的に中心位置に戻るスプリングセンタリング機構が採用されている他、柔軟なグリップ調整システム、3Dツイストラダーコントロールを搭載しています。

G-X52 外観
Logitech G/Logicool G

製品概要
Logitech G/Logicool G
  • 関連タイトル:

    Logitech G/Logicool G

  • 関連タイトル:

    Saitek

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月