オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Razer初の光学キースイッチ採用キーボード「Huntsman」が国内発売決定。上位モデル「Huntsman Elite」の価格は税込3万4560円に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/20 16:29

ニュース

Razer初の光学キースイッチ採用キーボード「Huntsman」が国内発売決定。上位モデル「Huntsman Elite」の価格は税込3万4560円に

 2018年7月20日,Razerは,新開発となる光学キースイッチ「Razer Opto-Mechanical Switch」(以下,Opto-Mechanical)採用のゲーマー向けキーボード「Razer Huntsman」(レイザー ハンツマン)シリーズ2製品を国内発売すると発表した。
 キー配列の選択肢は日本語と英語の2つ。上位モデルで,側面LEDイルミネーションと追加ボタン,リストレスト(パームレスト)付属の「Razer Huntsman Elite」は7月27日に3万4560円(税込)で,下位モデルでいま紹介した3要素がカットされる「Razer Huntsman」“無印”は8月31日に2万2464円(税込)でそれぞれ発売予定となっている。

Razer Huntsman Eliteの日本語配列版。側面LEDイルミネーションが外観上の大きな特徴だ
Razer

こちらはRazer Huntsman“無印”の日本語配列版
Razer

Opto-Mechanicalスイッチのイメージ
Razer
 両製品の詳細は,世界市場における発表時に掲載したレビュー記事を参考にしてほしい。

 北米市場におけるメーカー想定売価は順に199.99ドル,149.99ドル(いずれも税別)だったので,国内価格はさすがにちょっと高すぎると言わざるを得ないが,レビュー記事でも明らかにしているとおり,キースイッチのレベルはかなり高いだけに,とにかく性能重視なら選択肢となるのではなかろうか。

「Razer Huntsman」レビュー。国内発売決定済みの日本語配列モデルで「Opto-Mechanical」キースイッチの実力に迫る


●Razer Huntsmanシリーズの主なスペック
  • 接続インタフェース:USB
  • キースイッチ:光学(Razer Opto-Mechanical switch)
  • 基本キー数:日本語108,英語104
  • キーピッチ:1.9mm
  • キーストローク:3.5mm
  • アクチュエーションポイント:1.5mm
  • 押下特性:45g
  • ロールオーバー数:未公開
  • 複数キー同時押し対応:対応
  • キー耐久性:約1億回
  • ポーリングレート(USBレポートレート):未公開
  • マクロ機能:対応(※ショートカットキーと「Razer Synapse 3.0」による)
  • LEDイルミネーション:Huntsman Elite キースイッチおよび本体側面(※いずれも「Razer Chroma」対応),Huntsman キースイッチのみ
  • 公称本体サイズ:Huntsman Elite 約448(W)×140(D)×36.5(H)mm(※本体のみ),約448(W)×230(D)×36.5(H)mm(※リストレスト含む)
    Huntsman 約444.5(W)×140(D)×36.5(H)mm
  • 公称本体重量:Huntsman Elite 約1706.5g(※リストレスト含む),Huntsman 約860g
  • 実測ケーブル長:約2m
  • 対応OS:64bit版Windows 7以降
  • 発売日:Huntsman Elite 7月27日,Huntsman 8月31日
  • メーカー直販価格:Huntsman Elite 3万4560円,Huntsman 2万2464円
  • 保証期間:2年間

RazerのRazer Huntsman Elite製品情報ページ

RazerのRazer Huntsman“無印”製品情報ページ


#### 以下,リリースより ####

RAZER、オプト・メカニカルスイッチ採用フラグシップキーボード
「Razer Huntsman Elite」、「Razer Huntsman」を国内発売

US英語レイアウト/日本語レイアウト共に発売
光学技術を使用した新開発オプト・メカニカル スイッチにより高性能・高耐久を実現

ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業Razer.(本社: 米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO : Min-Liang Tan) は、新開発オプト・メカニカルスイッチ採用のキーボード「Razer Huntsman Elite」(税抜希望小売価格 32,000円、読み方:レイザー ハンツマン エリート、以下、Huntsman Elite)の国内販売を2018年7月27日に、「Razer Huntsman」(税抜希望小売価格 20,800円、読み方:レイザー ハンツマン、以下、Huntsman)の国内販売を2018年8月31日に開始します。両製品ともにUS英語レイアウト、日本語レイアウトが用意されます。両製品は、Razer社の国内正規代理店MSY株式会社により輸入・国内流通され、Huntsman Eliteは、「RazerStore x Tsukumo」(東京) と「TEAM GRAPHT eSPORTS PRO GEAR STORE NAGOYA」(愛知)にて販売され、Huntsmanは、全国の家電量販店、PCショップ、オンラインショップ等で販売されます。


Huntsman Elite、Huntsmanともに、Razerが新しく開発した新スイッチ機構「Razer オプト・メカニカル」を採用したゲーミングキーボードです。このオプト・メカニカルスイッチでは、オプティカルセンサーをキーのプレス、リリース動作検知に使用することで、通常のメカニカル方式等では避けられないバウンシングによる誤入力(チャタリング)回避のためのプログラミングを必要とせず、遅延のない高速なキー入力を可能としています。また、稼動パーツ点数も少ないため耐久性は飛躍的に向上し、最大1億回キーストロークのライフスパンを達成しています。押下圧は軽めの45gで、アクチュエーションポイントまで押し下げた時点で、メカニカルスイッチのような音と触感(タクタイル)によるフィードバックがあります。同スイッチには金属製のスタビライザーバーが内蔵され、キーキャップ上のどの位置からのタイプでも、安定した押下圧でのストロークを実現しています。

Huntsman Elite、Huntsman両製品は、Razer Chromaに対応し、1,680万色のカラーオプションを持つバックライトにより、人気ゲームにシンクロしたイルミネーションを楽しんだり、ユーザーの好みに合わせたパターンでの発光エフェクトを持たせることが可能です。また、両製品ともにマクロやショートカットをカスタマイズしたプロファイルをオンボードメモリおよびクラウド上の両方に保存することができるハイブリッドストレージに対応しています。

Huntsman Eliteには、動画や音楽などのコンテンツ操作を簡単に行うためのマルチファンクションダイヤルおよびボタンを搭載し、快適な使用感を長時間持続させるための脱着可能なリストレストも付属しています。

製品概要(スペック)
Razer

Razer
  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日