オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Windows 7世代のDirectX API完全対応を謳う「GeForce Driver 186.08 Beta」公開。Vista&7用の重要なバグフィックスも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/06/08 12:48

ニュース

Windows 7世代のDirectX API完全対応を謳う「GeForce Driver 186.08 Beta」公開。Vista&7用の重要なバグフィックスも

 米国時間2009年6月3日,GeForce 6以降のデスクトップPC向け単体GPUおよびグラフィックス機能統合型チップセットをサポートする公式最新β版グラフィックスドライバ,「GeForce Driver 186.08 Beta」(および「ION Driver 186.08 Beta」)がリリースされた。COMPUTEX TAIPEI 2009取材の影響で,紹介が遅くなってしまって申し訳ない。
 本バージョンの対応OSはWindows XP/7/Vistaで,Windows Vistaと同7用のインストーラが初めて共通化されたのはトピックといえるだろう。「NVIDIA PhysX」(以下,PhysX)のハードウェアアクセラレーションを利用すべく統合される「PhysX System Software」のバージョンは,単体でも同時公開された「9.09.0428」となっている。
 すでに入手済みという人も少なくなさそうだが,念のため,以下に入手先を示しておきたい。

Windows XP用GeForce Driver 186.08 Beta(102MB)
32bit版Windows Vista&7用GeForce Driver 186.08 Beta(117MB)
64bit版Windows Vista&7用GeForce Driver 186.08 Beta(135MB)
PhysX System Software 9.09.0428(39.2MB)

 GeForce/ION Driver 186.08 Betaが持つ最大の特徴は,DirectX Computer Shader,Direct2D,DirectWrite,DXVA-HDといった,GPUアクセラレーションに対応するWindows 7世代の新しいDirectX APIがサポートされる点にあるようだ。また,PhysX System Software 9.09.0428では,バージョン9.09.0408にあった「ソフトウェアのバージョンを正しくレポートしない」という問題が潰されたほか,「Cryostasis: Sleep of Reason」への最適化も行われている。

 このほか,186.08β版ドライバで解決した問題は下記のとおり。今回,Windows XP環境におけるバグフィックスは一切レポートされていない。

●GeForce Driver 186.08 Betaで解決した問題(Windows XP)
  • リリースノートに記載なし

●GeForce Driver 186.08 Betaで解決した問題(32bit版Windows Vista)
  • GeForce 200シリーズ搭載環境で,NVIDIAコントロールパネルから16x異方性フィルタリングを適用しても,3Dゲームで満足な結果を得られない問題
  • GeForce 7600 GS搭載環境で,SPDIFによるデジタルサウンドストリームのパススルーを行えない問題
  • GeForce 6100/6150 mGPU搭載環境で,ディスプレイのクローンモードを有効化していると,「フラットパネルスケーリングの変更」メニューにある設定を変更できない問題
  • SLI構成時にドライバをインストールすると,PhysX設定がデフォルトで無効化される問題
  • GeForce GTX 280のSLI構成時に,「Empire: Total War」を実行すると,ロード画面が表示された後,数秒間,画面がちらついたり画面表示がおかしくなったりする問題

●GeForce Driver 186.08 Betaで解決した問題(64bit版Windows Vista)
  • GeForce 200シリーズ搭載環境で,NVIDIAコントロールパネルから16x異方性フィルタリングを適用しても,3Dゲームで満足な結果を得られない問題
  • GeForce 7600 GS搭載環境で,SPDIFによるデジタルサウンドストリームのパススルーを行えない問題
  • GeForce 6100/6150 mGPU搭載環境で,ディスプレイのクローンモードを有効化していると,「フラットパネルスケーリングの変更」メニューにある設定を変更できない問題

●GeForce Driver 186.08 Betaで解決した問題(32bit版Windows 7)
  • GeForce 200シリーズ搭載環境で,NVIDIAコントロールパネルから16x異方性フィルタリングを適用しても,3Dゲームで満足な結果を得られない問題
  • GeForce GTX 280のSLI構成時に,「Empire: Total War」を実行すると,ロード画面が表示された後,数秒間,画面がちらついたり画面表示がおかしくなったりする問題

●GeForce Driver 186.08 Betaで解決した問題(64bit版Windows 7)
  • GeForce 200シリーズ搭載環境で,NVIDIAコントロールパネルから16x異方性フィルタリングを適用しても,3Dゲームで満足な結果を得られない問題
  • GeForce 9800 GX2搭載環境で,デスクトップを右クリックすると表示されるコンテキストメニューからNVIDIAコントロールパネルを開くと,しばらく時間を要する問題
  • SLI構成時にドライバをインストールすると,PhysX設定がデフォルトで無効化される問題

 一見,Windows 7のテスター以外にはそれほど重要でない印象だが,実のところ,異方性フィルタリングに関する大きな問題の修正が行われている点は要注意だ。Windows Vista(やWindows 7)環境で,16x異方性フィルタリングを設定している人には,自己責任での導入を勧めたい。一方,Windows XPユーザーは,現在利用中のグラフィックスドライバでとくに問題が出ていないなら,単体版のPhysX System Software 9.09.0428を導入するだけでも問題はなさそうだ。
  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月01日〜04月02日