オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
プロジェクトEGG公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/06/29 13:39

ニュース

「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング

 D4エンタープライズは本日(2021年6月29日),レトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」で,新規コンテンツ「テグザー(FM-7版)」の配信を開始した。価格は770円で,現在はキャンペーン価格で440円(いずれも税込)となっている。

画像集#001のサムネイル/「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング

 「テグザー」はゲームアーツが1985年にリリースしたアクションシューティングゲームで,本作はそのFM-7/77/77AV向け移植版にあたる作品だ。プレイヤーは,ロボット形態と戦闘機形態に変形できるハイパーデュアルアーマー“THEXDER”に搭乗し,強力な磁場を持つ小惑星の破壊を目指すことになる。


 ゲームは8方向にスクロールできるサイドビュー形式が採用されており,広大なマップを自由に探索することができる。状況に応じて攻撃能力に優れるロボット形態と,運動性能に優れる戦闘機形態を使い分け,全16面のステージを攻略していこう。

画像集#002のサムネイル/「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング 画像集#003のサムネイル/「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング

「プロジェクトEGG」公式サイト


レトロゲーム配信サービス
『プロジェクトEGG』
2021年6月29日に『テグザー(FM-7版)』をリリース

 2021年6月29日、レトロゲーム関連の復刻・配信ビジネスなどを行なっている株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区 代表取締役・鈴木直人)は、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』において、新規コンテンツ『テグザー(FM-7版)』のリリースを開始しました。

画像集#004のサムネイル/「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング

タイトル テグザー(FM-7版)
ジャンル アクションシューティング
メーカー ゲームアーツ
配信サイトURL http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?product_id=1634
発 売 日 2021年6月29日
価 格 440円
(※キャンペーン終了後は770円での配信となります。)
権利表記 (C)1985 GAME ARTS/h.godai/s.uesaka
(C)2021 D4Enterprise Co.,Ltd. / (C)2021 MSX Licensing Corporation.

 U・D・S・W-0322“レイピナ”は、機密保持のため宇宙空間を航行しながら兵器の開発を行う軍事基地である。ある時、“レイピナ”は航行上に謎の小惑星が浮遊しているのを発見、探査を計画した。が、数万キロまで接近した途端、突然小惑星は強力な磁力を発し、“レイピナ”を惑星起動上に捕捉してしまったのである。窮地に立たされた乗組員たちは、直ちに解決策を練った。調査の結果、磁力線は巨大な建造物にのみ作用することが判明、既存の兵器を使用し惑星上にあると思われる磁力線発生装置の破壊を試みたが失敗に終わった。

 そこで“レイピナ”は開発中の新型兵器、ハイパーデュアルアーマー“THEXDER”を始動。一縷の望みをかけ、“ネディアム”と名付けられた小惑星に向けて発進させた……。

画像集#005のサムネイル/「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング 画像集#006のサムネイル/「テグザー(FM-7版)」がプロジェクトEGGで配信スタート。ロボット形態と戦闘機形態を使い分けて戦うアクションシューティング

 本作は1985年にリリースされたアクションシューティングゲーム。プレイヤーはロボット形態と戦闘機形態の二つに変形できるハイパーデュアルアーマー“THEXDER”を操作して、小惑星ネディアムの磁力線発生装置を破壊する戦いに身を投じることになります。ゲームはサイドビューで構成されており、ステージは全16面(+裏16面)で構成。敵との戦いでは追尾レーザーが使えるものの運動性能に劣るロボット形態と、進行方向にしか攻撃はできないが機動力に優れた戦闘機形態を、シチュエーションに応じて上手に使い分けながら進んでいきます。バリアーなどもありますが、頻繁に使用するとエネルギー切れを起こしてしまうので、ここぞ!というときだけ使うようにしたいところです。ちなみにゲームはセーブ機能なしのライフ制なので、プレイは毎回、一発勝負!ゲーム難度は高めなので、腕に覚えのある方は、ぜひチャレンジしてください。

 ロボット系レトロゲームを語る際には必ずといっていいほど、その名前が挙がる本作、難しいながらも繰り返して遊びたくなる中毒性はもちろん、世界観、秀逸なメカデザイン、変形時のなめらかなアニメーションなど、丁寧に作りこまれた名作です。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!
https://youtu.be/8ghJa6i2ghw

※『プロジェクトEGG』とは
 PC-9801、FM-7、X1といったようにプラットフォームが乱立していた1980年代。この時期に発売されたPCゲームは、今のゲームに大きな影響を与えました。しかし記録メディアの劣化やプラットフォーム等の変化により、それらは次第に遊べなくなっています。

 D4エンタープライズでは、レトロゲームを文化遺産のひとつと考え『プロジェクトEGG』を発足しました。過去の名作をWindows上に復刻し、いつまでも楽しめるようにすること。それが『プロジェクトEGG』の役割と考えております。

怒涛のレトロゲーム990本以上配信中!『プロジェクトEGG』URL:
http://www.amusement-center.com/project/egg/

あのゲームのサントラがココだけに!? 約9000曲配信中!『EGG MUSIC』URL :
http://www.amusement-center.com/project/emusic/

動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL :
http://www.youtube.com/ProjectEGG

最新情報を即ゲット! 公式Twitter『EGGなう!』URL :
https://twitter.com/project_egg

スタッフゲームレビュー掲載中! 『プロジェクトEGG』公式Facebook URL :
http://www.facebook.com/ProjectEGG
  • 関連タイトル:

    プロジェクトEGG

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月15日〜09月16日
タイトル評価ランキング
68
BLESS UNLEASHED (PC)
67
DEKARON (PC)
67
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月