※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2019
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月13日〜15日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
プロゲーマーの第一人者は今のeスポーツに何を思う
ウメハラ氏インタビュー
観覧者が殺到したステージイベントをレポート
さらなる新要素が明らかに
「DEATH STRANDING」
召喚獣はすぐに帰らない
「FINAL FANTASY VII REMAKE」
TGSに集結した海外タイトル
The Outer World
Vampire: The Masquerade -
Bloodlines 2
ダンジョンマンチーズ
期待のスマホアプリプレイレポート
妖かしレストラン
ガール・カフェ・ガン
悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
元Infinity Wardの幹部が,新たなゲーム会社「Robotoki」を設立。2012年内に新作発表を予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/04/25 16:13

ニュース

元Infinity Wardの幹部が,新たなゲーム会社「Robotoki」を設立。2012年内に新作発表を予定

元Infinity Wardの幹部が,新たなゲーム会社「Robotoki」を設立。2012年内に新作発表を予定
 クリエイティブストラテジストという肩書きでコミュニティに向けて数々の情報を発信し,「Call of Duty」シリーズの飛躍に貢献してきた元Infinity WardのRobert Bowling氏が,新たなゲーム開発会社Robotokiを設立したとTwitterで報告した。また,今のところコンテンツらしいコンテンツはほとんどないものの,公式サイトもオープンしている。

 2012年3月28日の記事でもお伝えしたように,Bowling氏はActivisionおよびInfinity Wardから退社したばかり。しかし,4月8日にはもうRobotokiの公式ページをFacebook上にオープンしているので,彼の退社がRobotokiに専念するためであったことは間違いないだろう。

「Robotoki」公式サイト


 また,北米のゲーム情報誌であるGame Informer(電子版)にはさっそくBowling氏へのインタビューが掲載されており,それによると同社は「開発者のことをまず考え,そのほかは二の次」という姿勢を大事にするという。もちろん,「顧客はどうでもいい」という意味ではなく,パブリッシャと比較しての発言であるようだ。幹部の離反や,ゲーマーからの批判で泥沼状態だった一時期のInfinity Wardのことを考えてのポリシーだろう。

 ちなみにRobotokiは,「Robot Oki」と発音するのが正しいようだが,この「Oki」が何を意味しているのかは分からない。ともあれ,新作ゲームをすでに企画しているらしく,PC,コンシューマ機,さらにiOSやAndroidを対応機種としたマルチプラットフォームタイトルを2012年内に発表する予定とのことだ。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月14日〜09月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月