オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/08 21:47

ニュース

ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

 新たなパブリッシャ/デベロッパである「Digital Bards」の設立が本日(2019年2月8日),発表された。ポーランドの「TEYON」から出資を受け,「簡単に選べて、簡単に遊べる」をモットーに,インディーズタイトルからメジャータイトルまで,さまざまな海外ソフトを日本で販売することを目的にしているという。

画像(011)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

「Digital Bards」公式サイト


 デベロッパとしてはB2Bがメインで,プログラミングやアートデザインなどの企画,開発を行い,パブリッシャとしてはPlayStation 4およびNintendo Switch向けタイトルの販売を行う。翻訳,ローカライズだけでなく,デバッグや品質管理,さらにPR,マーケティングまで提供するという。

 Digital Bardsの第一弾タイトルとしては,30種類のミニゲームを詰め込んだNintendo Switch向けソフト「30 in 1 ミニゲームコレクション Vol.1」を2月にリリース。次いで3月にはアドベンチャーゲーム「エニグマティス 2:レイブンウッドの霧」と,パズルアクション「建築!ゴンドラ&リフト」を,いずれもNintendo Switch向けに発売する予定になっている。

 東欧のゲーム大国,ポーランド関連の新たなパブリッシャ/デベロッパの誕生ということで,いろいろと期待をしてみたい気もするDigital Bards。詳しくは,オープンしたばかりの公式サイトおよび,以下のリリース文を参照してほしい。

海外の様々なインディーゲームを日本にお届け!
新鋭ビデオゲームパブリッシャー『Digital Bards』が発足!

「サクッと選べて、サクッと簡単に遊べる」をモットーにインディータイトルからメジャータイトルまで幅広いジャンルの海外ゲームを日本へお届けするスペシャルチーム『Digital Bards』(デジタルバーズ)の設立をお知らせいたします。

私達は、デベロッパーとして、そしてパブリッシャーとして、コンシューマ向けゲーム機(Nintendo Switch/PlayStation4)向けにソフトの開発・販売を予定しております。

また、世界各地のビデオゲームデベロッパー様の力になるべく、翻訳・ローカライズ作業はもちろん、デバッグ作業と品質保証そして、PR・マーケティングサービスを提供します。既に数社のパートナー様と手を組み、日本市場に向けて複数のタイトルを準備中です。


Digital Bards リリース第一弾タイトル『30 in 1 ミニゲームコレクション Vol.1』

30種類のミニゲームを遊べるゲームコレクションがNintendo Switchに登場!

一人で遊んだり、友達や家族の方と一緒に最大4人で遊ぼう!

バンキングになって村を守ったり、障害物を避けながら上へ上へと進んだり、エアホッケーで熱くなったりと、本作にはバラエティに富んだミニゲームを30種類収録!

正にNintendo Switchに持ってこいのパーティゲームを是非お楽しみください!

画像(001)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表
画像(002)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表
画像(003)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表
画像(004)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

【タイトル】『30 in 1 ミニゲームコレクション Vol.1』
【デベロッパー】Digital Bards
【ジャンル】パズル/アクション
【プレイ人数】1人〜4人
【プラットフォーム】Nintendo Switch
【配信時期】2019年2月予定



Digital Bards 今後のラインナップ

米国レイブンウッド公園で繰り広げられるアドベンチャー/アイテム探しゲーム
『エニグマティス2:レイブンウッドの霧』


画像(007)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

本作は、悪魔の宣教師の足跡を追い、レイヴンウッド公園の霧に包まれた秘密を暴く謎解き&アイテム探しホラーアドベンチャーゲームです。

巨大な爪痕が残されたキャンピングカーには女の子が、いったい何が起きたのか?捜査官になってレイブンウッド公園で捜査し、ある事件の真相を解き明かしましょう。

画像(006)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表
画像(005)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

【タイトル】『エニグマティス2:レイブンウッドの霧』
【デベロッパー】Artifex Mundi
【ジャンル】パズル/アイテム探し
【プレイ人数】1人
【プラットフォーム】Nintendo Switch
【配信時期】2019年3月予定



リゾート地でお客さんを無事に運ぼう!
『建築!ゴンドラ&リフト』


画像(008)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

本作は物理演算を使用した建築パズルゲームです。ゴンドラやリフト、ジャンプ台や橋などを予算内で建築し、乗客を目的地まで安全に運びましょう!

また、スキーヤーやスノーモービルなどを操作することに比重を置いたステージもあります。サンドボックス機能を用いて自分だけのステージを作ることもできます。

画像(009)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表
画像(010)ゲームの開発・販売を行う新たなメーカー,「Digital Bards」の設立が本日発表

【タイトル】『建築!ゴンドラ&リフト』
【デベロッパー】Hugecalf Studios
【ジャンル】パズル/アクション
【プレイ人数】1人
【プラットフォーム】Nintendo Switch
【配信時期】2019年3月予定


【Digital Bards のホームページ&ツイッター】
ホームページhttp://digitalbards.jp
公式ツイッターhttps://twitter.com/DigitalBardsJP

※Nintendo Switchのロゴ、Nintendo Switchは任天堂の商標です。
※PlayStation,および PlayStationロゴは株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商標登録です
※(C)2019 Digital Bards
※(C)2019 Hugecalf Studios.
※(C)2019 Artifex Mundi.
※Licensed by Curve Digital.
※Licensed to and published by Digital Bards.
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月