オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
艦隊これくしょん -艦これ-公式サイトへ
読者の評価
95
投稿数:202
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/07/18 12:00

イベント

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

 2017年7月15日,石川県金沢市の大浜埠頭で,ヘリコプター搭載護衛艦「かが」(JS Kaga DDH-184)の一般公開があった。3月22日の就役後,関係者や,自衛隊入隊を検討している学生に向けての特別公開は何度かあったが,誰でも乗艦できる一般公開は今回が初めてだ。

一般公開に先立って,14日,金沢港の大浜埠頭に着岸したかがさん。4機のヘリコプターが甲板上に載っている
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
 かがはいずも型護衛艦の2番艦である。海上自衛隊史上最大の護衛艦として2015年に就役したお姉さんの「いずも」(JS Izumo DDH-183)は,5機のヘリコプターを発着艦できる全通飛行甲板や,2基用意するヘリコプター用エレベーターのうち1基がインボードではなくデッキサイド型になっているという外観上の特徴を持つが,かがの基本仕様は1番艦に対してかなり忠実と言っていいだろう。
 基準排水量1万9500トン(※満載排水量2万6000トン),全長248m,速力30ノット(≒約55.6km/h)などといった基本スペックは共通。固有兵装が近接対空防御用のみとなる,“僚艦に護衛される護衛艦”というコンセプトも変わっていない。

かがのロゴマーク(左)と,格納庫に掲げてあった大きな旗(右)。「White Base」(ホワイトベース)という別名を与えているあたりから,艦の偉い人達の世代が窺える!?
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

左舷後方に寄ったところ。こんな感じでカバーがある
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
 ぱっと見て分かる1番艦との違いは,左右舷側の開口部にステルス性向上のカバーが付いていることと,前述した近接対空用兵装上部の塗装がすべて灰色になっている――いずもだと白と灰色が混在――ことくらいだろうか。マスト頂部の長さが少し長くなってもいるのだが,外から見て分かりやすいのはカバーと兵装の塗装色ではなかろうかと思う。

艦番号は184なので,艦首部(と艦尾部)にはヘリコプター着艦時のガイドとして84と書いてある。「エリア88」世代はどうしてもこの角度から撮影してしまいがち。なお,この写真で右に見えるのが,本文で指摘した「上部が灰色になっている近接対空用兵装」だ。詳細(というほどでもないが)は後ほど
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

くらまさん(※2016年12月撮影)。かがさんの就役を受けて,惜しまれながら退役,除籍となった。とても軍艦らしい,優美なシルエットの艦だったと思う
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
 さて,そんなかがはしらね型護衛艦2番艦「くらま」(JS Kurama DDH-144)の代替という位置づけであり,全通飛行甲板を採用するヘリコプター搭載護衛艦(DDH)4隻体制を実現する,記念すべき艦でもある。ただ,4Gamer読者というか提督諸姉諸兄からすると,大日本帝国海軍の航空母艦「加賀」の名を受け継いだ艦という点で,とくに注目すべきということになるだろう。それもあってか,若者の勧誘が重要な目的の1つでもある一般公開ということもあり,艦内にはゲーマーにだけとても分かりやすいイラストが掲示してあったりもした。

「文々。新聞」の中の人からインスピレーションを受けた風の天狗から,サイドテールの人へ自衛艦旗が渡されているポスター
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
ターゲットとなる層を絞りすぎのポスター
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
かがと加賀で全長はほぼ同じという説明イラストもご覧のとおり

 個人的に印象深いのは,自衛官の被る帽子や,大きな旗における表記が「かが」ではなく「加賀」だったところだ。一昔前の海上自衛隊だと漢字表記をとにかく避ける傾向があったと思うのだが,これも時代だろうか。

左:指揮管制を行う施設「艦橋」の側面には,「加賀」名入りの大きな旗が掲げてあった
右:自衛官が被っている帽子に注目
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

 なにはともあれ,筆者は今回,飛行機で羽田から小松まで飛んで一般公開に参加してきたので,「艦隊これくしょん -艦これ-」(Browser / Android)や「World of Warships」(PC)など,航空母艦が登場するゲームのプレイヤーであればきっと楽しんでもらえると信じ,以下,写真をいくつか掲載してみたい。

インボード型エレベーターが下がった状態を甲板から見下ろしたところ
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート


甲板


艦橋(ブリッジ)を艦首側から見たカット。甲板から“生えて”いるようなデザインの艦橋を「アイランド型」と言う。艦橋の見た目はマスト部のデザインもかがはいずもとほぼ同じで,大きなレーダー(右)も見た目は同じだが,いずもの「OPS-50」から,かがではメンテナンス性の高い「OPS-50A」に変わっている
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

本文で後述するとした兵装は「Phalanx」(ファランクス)という。近接対空防御用の全自動防空システムである。筒の部分が灰色となった「Block1B BaseLine2」は,筆者が記憶している限り,護衛艦としてはかがが初採用。艦首と艦尾に1基ずつある
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

こちらはいずも型のチャームポイントである「SeaRAM」(シーラム)発射機。対艦ミサイルからの防御用だ
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

一般公開では右舷前方にのみセットしてあった,12.7mm重機関銃
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

ヘリコプター発着スポットは5か所装備。艦の横幅がひゅうが型よりも広がったことで,「大型のヘリコプター」(話を聞いた自衛官談)の発着艦がよりやりやすくなっているそうだ
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

発着スポットごとにある誘導灯(左)。右は甲板の塗装だ。基本的には縦方向に塗ってあるが,雨でヘリコプターのタイヤがスリップしたりしないような滑り止めとして,一部は横向き塗装になっている。記憶が確かなら,この塗装はいずも型固有のものである
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート


キャットウォーク


俗に「キャットウォーク」と呼ばれる,甲板から一段低いところにある外周通路。今回の一般公開では左舷後方のキャットウォークを歩くことができた。写真はそこから前方を撮影したところ
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
キャットウォークには消防関連の什器が多数設置されていた
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート


格納庫,艦内


左:格納庫後方より,上がっていくインボード型エレベーターを眺めたところ
右:格納庫の最後部。筆者はタイミングが悪く,演奏中の様子を見ることができなかったのだが,遠くから音を聞いた限り,琴と尺八による演奏会が開催されていたようだ
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

格納庫側からデッキサイド型エレベーターを見たカット。基本的にはいずもと同じデザインという理解でいい
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

艦内の通路は基本的に長い。これだけ長いと日常的な運動にも使えそうだが,艦内通路はあくまでも移動用で,運動には格納庫を使うとのことだった
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

今回は士官用の食堂兼会議室「士官室」にも入ることができた
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
左:入ってすぐのところに「行き足」と書かれた掲示があったが,これは艦長の座右の銘で,かが船員の行動規範だそうだ。「スピード感をもってことに当たる」といった感じの意味である
右:こちらは艦長の座る席
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
テレビは東芝製。見る限り,場所次第では地上波やBSも映るようなので,普通のテレビという理解でいいだろう。ということは,やろうと思えばゲームも可能?
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
士官室のテーブルにはそれぞれL2スイッチが備え付けられていた。やはり機密保持レベルごとに表示する情報が異なったりするので,L2スイッチで端末のMACアドレスをきちんと管理する必要があるのだと思われる
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
艦内あるいは司令部などさまざまな場所とやりとりをする必要があるためか,士官室の壁面にはさまざまな音声通信手段が用意してあった。ちょっと面白かったのは電子メモパッド「Boogie Board」(ブギーボード)も壁面にかかっていたこと。ちょっとしたメモ書きはここに書いておいたりするのだろうか
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

記念品などが保管されている倉庫も見学できた。右下の前掛けは給養員が実際に使っているものだという
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

公用車の皆さん
海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート
 以上,撮影した写真のほんの一部だが,かがさんの魅力の一端をお伝えできているなら幸いだ。

 夏は艦艇公開のシーズンゆえ,日本全国で,日本の海を守る彼女たちに会える機会がある。ゲームをプレイしていて実際の軍艦に少しでも興味を持ったなら,地元のイベント予定をチェックしてみるといいだろう。ただし,夏の晴れた甲板は間違いなく灼熱地獄なので,熱中症対策はお忘れなく。とくに水分は命に関わるので要注意だ。筆者の経験上,ざっくり90分で500ミリリットルのペットボトル1本,くらいの準備はしておいたほうがいいと思われる。

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「かが」乗艦レポート

海上自衛隊公式Webページ

  • 関連タイトル:

    艦隊これくしょん -艦これ-

  • 関連タイトル:

    艦隊これくしょん -艦これ-

  • 関連タイトル:

    World of Warships

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
2019年05月〜2019年11月