オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/05/17 15:48

ニュース

LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 2021年5月17日,LG Electronics(以下,LG)の日本法人であるLGエレクトロニクス・ジャパンは,2021年夏モデルとなる4K有機ELテレビおよび4K液晶テレビ新製品9シリーズ計28機種を発表した。
 ゲーマーにとってのポイントは,ほとんどの機種がHDMI 2.1入力に対応していることと,有機ELテレビはAMD独自のディスプレイ同期技術「FreeSync」と,NVIDIA独自の「G-SYNC Compatible」に対応するモデルを多数ラインナップすることだろう。

画像集#002のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

画像集#003のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 各製品のラインナップと税込のメーカー想定売価は以下のとおり。

●有機ELテレビ
  • OLED G1シリーズ
    OLED 65G1PJA(65型) 48万円前後,5月下旬発売予定
    OLED 55G1PJA(55型) 35万円前後,5月下旬発売予定
  • OLED C1シリーズ
    OLED 83C1PJA(83型) 110万円前後,6月中旬発売予定
    OLED 77C1PJB(77型) 66万円前後,5月下旬発売予定
    OLED 65C1PJB(65型) 43万円前後,5月下旬発売予定
    OLED 55C1PJB(55型) 29万円前後,5月下旬発売予定
    OLED 48C1PJB(48型) 25万円前後,5月下旬発売予定
  • OLED A1シリーズ
    OLED 77A1PJA(77型) 62万円前後,7月上旬発売予定
    OLED 55A1PJA(55型) 25万円前後,6月中旬発売予定
    OLED 48A1PJA(48型) 22万円前後,7月上旬発売予定

●液晶テレビ
  • QNED 99シリーズ
    86QNED99JPA(86型,8K解像度) 121万円前後,8月発売予定
  • QNED 90シリーズ
    86QNED90JPA(86型) 72万円前後,8月発売予定,75QNED90JPA(75型) 55万円前後,6月中旬発売予定,65QNED90JPA(65型) 44万円前後,9月発売予定
  • NANO 90/85シリーズ
    86NANO90JPA(86型) 50万円前後,5月下旬発売予定
    75NANO90JPA(75型) 35万円前後,5月下旬発売予定
    65NANO90JPA(65型) 27万円前後,5月下旬発売予定
    55NANO90JPA(55型) 21万円前後,5月下旬発売予定
    50NANO85JPA(50型) 17万円前後,5月下旬発売予定
  • NANO 76シリーズ
    75NANO76JPA(75型) 26万円前後,5月下旬発売予定
    65NANO76JPA(65型) 19万円前後,6月中旬発売予定
    55NANO76JPA(55型) 16万円前後,7月上旬発売予定
    50NANO76JPA(50型) 14万円前後,5月下旬発売予定
    43NANO76JPA(43型) 13万円前後,5月下旬発売予定
  • UP 8000シリーズ
    65UP8000PJB(65型) 18万円前後,5月下旬発売予定
    55UP8000PJB(55型) 15万円前後,5月下旬発売予定
    50UP8000PJB(50型) 14万円前後,5月下旬発売予定
    43UP8000PJB(43型) 11万円前後,5月下旬発売予定

 LGが今回,とくに力を入れているのが3シリーズ計10製品をラインナップしてきた有機ELテレビだ。3シリーズのうち,OLED G1シリーズとOLED C1シリーズに,同社最新の映像処理プロセッサ「α9 Gen4 AI Processor 4K」を採用しており,映像のジャンルだけでなくシーンの内容に合わせた最適化処理を施したり,本体下部に備えたスピーカーを使い,5.1ch分の仮想スピーカーに加えて,上方向の仮想スピーカー2chを組み合わせた「5.1.2ch」のバーチャルサラウンドサウンド再生機能を実現したりしているのが大きなポイントである。

 また,OLED G1シリーズとOLED C1シリーズは,3840×2160ドットの4K解像度で垂直最大リフレッシュレート120Hzでの表示が可能な有機ELパネルを採用しており,PCやPlayStation 5(以下,PS5),Xbox Series X/S(以下,XsX/S)などによる4K,60Hzを超える高解像度かつ高フレームレートのゲーム映像を表示可能であるのも見どころと言えよう。

有機ELテレビの最上位モデルOLED G1シリーズの「OLED 65G1PJA」。従来のLG製有機ELパネルよりも色再現性を高めた「OLED evo」パネルを採用するのが最大の特徴だ。もちろん4K/120Hz表示も可能である
画像集#004のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

OLED evoパネルの表現可能な波長をグラフで示したスライド。既存の有機ELパネルより,RGB各色のピーク輝度が高くなっている
画像集#006のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 OLED G1/C1シリーズにおけるゲーム関連での大きなポイントは,4ポートのHDMI入力端子がすべてHDMI 2.1に対応している点だ。HDMI 2.1のゲームにおける特徴は,関連記事1および関連記事2に詳しくあるが,OLED G1/C1シリーズは,ゲーム用途でとくに重要なHDMI 2.1の「Auto Low Latency Mode」(自動低遅延モード,以下 ALLM)と「Variable Refresh Rate」(可変リフレッシュレート,以下 VRR)に対応しており,PS5やXsX/Sのゲーム映像を低遅延かつ可変リフレッシュレートで表示できる。
 加えて,FreeSyncとG-SYNC Compatible対応により,PCゲームを表示するときも,可変リフレッシュレートのメリットを享受できるわけだ。

 また,今回の有機ELテレビは,すべてがゲーム向けのHDR映像出力ガイドラインに関する業界団体HDR Gaming Interest Group(以下,HGiG)が定めた仕様に準拠しており(機能名はHGiGゲームモード),ゲーム側もHGiGの仕様に準拠していれば,HDR映像をより制作者の意図に近い形で表現することが可能である。

OLED C1シリーズの「OLED 48C1PJB」。有機ELパネルは既存製品と同レベルだが,上位のOLED G1シリーズと同等の機能を備えており,サイズも手頃で人気を呼びそうなモデルだ
画像集#005のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 そのほかにも,ゲーム向けの画質調整モードや暗部,明部の階調表現を強調する機能,映像が入力されてから表示されるまでの遅延の低減機能といったゲーム向けの機能をまとめた「ゲームオプティマイザ」といった機能も備えている。

ゲームオプティマイザの画面。ゲーム関連機能の設定状態確認と変更がまとめられている
画像集#008のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 それに加えて,今後のソフトウェアアップデートにより,テレビ本体でGoogleのクラウドゲームサービス「Stadia」や,NVIDIAのクラウドゲームサービス「GeForce NOW」を実行できる機能も追加する予定であるとのこと。OLED G1/C1シリーズは,ゲーム用途で今どきのテレビに求められる機能は,ほぼ余すところなく実装していると言っていいだろう。

OLED G1シリーズにXbox Series Xを接続して,ゲーム機側で取得できるテレビの対応状況を表示した画面。「4K 120Hzでのゲーム用Dolby Vision」という項目以外はすべてに対応している
画像集#007のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 一方,液晶テレビは,極小のLEDを平面状に敷き詰めたバックライト「MiniLEDバックライト」によるバックライトのエリア駆動制御(ローカルディミング)と,量子ドット技術採用の新しい液晶パネルを採用した4K解像度のQNED90シリーズが見どころの多い製品だ。QNED 90シリーズは,垂直最大リフレッシュレート120Hz表示に対応する4Kモデルで,HDMI 2.1のALLMやVRR,PC用途のFreeSyncにも対応する(※G-SYNC Compatibleには非対応)。HGiG準拠のHDR表示も可能だ。

QNED 90シリーズでは最も小さい65インチサイズの「65QNED90JPA」
画像集#009のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

 1ランク下のNANO 90/85シリーズも,QNED 90シリーズに劣るものの,4K/120Hz表示対応の液晶パネルや,HDMI 2.1および関連機能,FreeSyncに対応しており,ゲーム用途での機能は上位モデルに引けを取らない。50インチサイズの「50NANO85JPA」ならば,メーカー想定売価で20万円を切っていることもあり,手頃なサイズと合わせて魅力を感じる人は少なくないだろう。

液晶パネルは上位モデルに及ばないが,機能面ではほぼ同等の50インチモデル「50NANO85JPA」。税込で17万円前後という価格も魅力だ
画像集#010のサムネイル/LG,4K有機ELテレビ&4K液晶テレビの2021年夏モデルを発表。有機ELはFreeSync&G-SYNC Compatible対応モデルを多数ラインナップ

LGのテレビ製品情報ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月19日〜06月20日