パッケージ
AEW: Fight Forever公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/28 14:54

プレイレポート

「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

 TGS 2022のTHQ Nordicブースに,新作プロレスゲーム「AEW: Fight Forever」PC / PS5 / Xbox Series X / Switch / PS4 / Xbox One)の“SHOW BUILD”が出展されていた。

画像集 No.014のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

 本作は,北米のプロレス団体であるAll Elite Wrestling(オール・エリート・レスリング。以下,AEW)をテーマにしたプロレスゲームだ。

 開発はユークスが担当しており,アーケードゲームの懐かしい雰囲気を持ちながら,AEWのド派手な試合展開を楽しめる作品になっている。
 AEWならではの「カジノバトルロイヤル」や,武器使用が可能な「ライツアウト」,「有刺鉄線爆破マッチ」といったマッチタイプも選択でき,レスラーの行動でテンションが変化するなど,ユニークなシステムを持つ本作のプレイレポートをお届けしよう。

画像集 No.002のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
TGS 2022のTHQ Nordicブース

画像集 No.003のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
THQ Nordicのブースには,本格的なリングが設置されていた。ここでは,AEWのエキシビションマッチが行われたほか,記念撮影も可能だった

画像集 No.004のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
試遊できたのはPC版


■“しょっぱい”試合厳禁。ユニークなシステムを持つプロレスゲーム「AEW: Fight Forever」


 2019年にアメリカで設立された,プロレス団体のAEWは,大のゲーム好きとして知られるケニー・オメガ選手が副社長を務めており,ある意味でゲーマーとも縁が深い。
 同選手は,リングネームを「ファイナルファンタジー」のオメガウェポンから取っているのに加え,「ワン・ウィング・エンジェル(片翼の天使)」「Vトリガー」といった技を使う,本物のゲームマニアなのである。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
ケニー・オメガ選手の必殺技「ワン・ウィング・エンジェル(片翼の天使)」。ここから相手を逆さまにしてリングに叩きつける

 そんなオメガ選手を始めとしたAEWのレスラーたちが大活躍する「AEW: Fight Forever」は,昔ながらの“アーケードスタイル”を謳い,良好な操作性とテンポの速い展開,そしてレスラーのテンションに関連した独特のシステムが特徴だ。
 試合の流れは,プロレスゲームのお作法に忠実なもの。パンチやキックといった打撃技で様子を見つつ,相手を掴んで投げ技を掛けていく。同じボタンでも,長押しすると強攻撃になるのに加え,相手の状態によって異なる技が発動するため,攻撃のバリエーションはなかなかに多彩という印象である。

画像集 No.006のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

 画面下には,レスラーの名前とゲージが表示されている。このゲージはレスラーのテンションを表すもので,攻撃するとアップし,攻撃されるとダウンする。
 ゲージが最大値に達すると「SIGNETURE」状態となり,各選手の代表的な技であるシグネチャー技が使えるようになる。さらに,この状態でタウント(挑発/アピール)すると,一定時間「SPECIAL」状態へと変化し,オメガ選手だと片翼の天使やVトリガーといったフィニッシャー(必殺技)が解禁されるのだ。

画像集 No.016のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

 このゲージは,攻撃を入れるだけでなく,特定条件を満たすことでもアップやダウンするのが面白い。例えば,有利だからといって同じ技ばかり繰り返していると「同じアクションの繰り返し」となってテンションがダウン。逆に,いろいろな技を出せば「技のデパート」となって,テンションはアップする。

画像集 No.015のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

 テンションをアップさせるための評価基準は多岐にわたっているようで,打撃コンビネーションを入れると「ストライクコンボ」,場外へ飛ぶと「命知らず」,タウントすると「エンターテイナー」というように,かなり細かいところまでが評価される。
 「勝ち負けにこだわると,つい同じ技の連発になってしまう」というプロレスゲームの問題への取り組みでもあり,テンションが下がらないようにしていれば,自然に“しょっぱい(見ていて面白くない)試合”にはならない仕組みにもなっているのだ。

画像集 No.007のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
画面右下と左下にあるゲージは,レスラーのテンションを表す。その上に出た字幕が,「レスラーのどんな行動が評価されたか」を表す。左下のサンダー・ロサ選手は直前にフォールを返したので「キックアウトボーナス」。右下のCMパンク選手は飛び技を出したので「ダイビングスペシャリスト」となり,どちらもテンションが上がっている

画像集 No.008のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
左下のケニー・オメガ選手は,いろいろな技を出したので「技のデパート」でテンションアップ。右下のアダム・コール選手は同じ技を繰り返したので「同じアクションの繰り返し」となってテンションがダウンした

 ガードは,対打撃対組みの2種類あり,相手の行動に合わせて使い分けなければならないのもユニークだ。タイミング良くガードすれば返し技となり,打撃を掴んだり,組み技を返したりできる。
 もちろん,対打撃ガードは組みには無効だし,逆もまた然り。相手の動きをしっかりと見なければならず,試合中は緊張が緩まない。前述した「片翼の天使」を始めとする特徴的な技も登場し,発動時にはTV中継を思わせるリプレイも入って見応えがある。

画像集 No.009のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
インストカード。[LB]はガード(掴み)。相手からの掴まれることを防ぐもので,ギリギリでガードすると,組み手を切って自分が掴み返せる。[RB]はガード(打撃)。相手の打撃を防げるが,掴みには無力。ギリギリでガードすると,返し技が発動する

画像集 No.010のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム
フィニッシャー発動時にはリプレイが入る

 オンライン対戦では,どの技を出すかの駆け引きも熱くなりそうな「AEW: Fight Forever」。製品版では,操作キャラクターの服装や外見,入場スタイルやムーブなどがカスタマイズできるキャリアモードも搭載されるそうなので,発売を楽しみに待ちたい。

画像集 No.012のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

画像集 No.013のサムネイル画像 / 「AEW: Fight Forever」プレイレポート。ユークスが開発する“しょっぱい試合厳禁”のプロレスゲーム

「AEW: Fight Forever」Steamストアページ


「AEW: Fight Forever」公式サイト


東京ゲームショウ2022公式サイト

4Gamerの東京ゲームショウ2022記事一覧

  • 関連タイトル:

    AEW: Fight Forever

  • 関連タイトル:

    AEW: Fight Forever

  • 関連タイトル:

    AEW: Fight Forever

  • 関連タイトル:

    AEW: Fight Forever

  • 関連タイトル:

    AEW: Fight Forever

  • 関連タイトル:

    AEW: Fight Forever

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月06日〜02月07日