オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも公式サイトへ
  • 3goo
  • Microids
  • Microids
  • Endroad
  • 発売日:2023/11/14
  • 価格:通常版:5800円(税込)
    コレクターズエディション(パッケージ版のみ):7980円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/04/18 07:30

プレイレポート

[プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 3gooは本日(2024年4月18日),「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」PS5/PS4版の日本語版を発売した。本作はフランスで人気を博したグレンダイザーを,フランスのデベロッパがゲーム化したという経緯を持つタイトルだ。本稿でそのプレイレポートをお届けしよう。

画像集 No.001のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

画像集 No.002のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ


フランスからグレンダイザーに捧げられた愛


 ゲームの原作となった「UFOロボ グレンダイザー」は1975年〜1977年に日本国内で放映されたTVアニメだ。人がロボットに乗り込む元祖巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」,その続編である「グレートマジンガー」の流れを汲むシリーズ3作目の作品である。

 「なぜ日本のロボットアニメをフランスのデベロッパがゲーム化するのか」と疑問に感じる人もいるかもしれないが,そこには「UFOロボ グレンダイザー」の高い海外人気がある

 1978年にフランスで「ゴールドラック」として放映された際は,脅威の視聴率100%を記録し,本作に影響を受けた「ゴールドラック・ジェネレーション」がフランスのオタク第一世代として,後の日本ブームを牽引していったという。この辺りの事情はCEDEC 2013で行われた講演のレポート(関連記事)に詳しいので,気になる人は一読されたい。同年にはイタリアで視聴率80%以上を記録。1982年からはイラクの国営放送も「グレンダイザー」を繰り返し放映して,好評を博したという。

CEDEC 2013で行われた講演「『日本のゲームが海外に通用しない』なんてウソだ!」(記事リンク)から,「ゴールドラック(グレンダイザー)・ジェネレーション」に関するスライド。右下はデュークフリードと兜 甲児のフィギュア。脇役的な立ち位置であった甲児までフィギュア化されている辺りに人気の高さがうかがえる
画像集 No.003のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 2022年にはサウジアラビアの「ブールバード・ワールド」にグレンダイザーの立像が公開され,「世界最大の架空のキャラクターの金属製彫刻」としてギネス世界記録に認定されたのも記憶に新しい(外部リンク)。2024年には豪華スタッフによる新作「グレンダイザーU」の放映も予定されている(関連記事)。日本だけでなく,海外でも愛され続けているのが「UFOロボ グレンダイザー」であり,海外でゲーム化されても何の不思議もないことが分かる。

マンガプロダクションズのプレスリリース(外部リンク)より,リヤドの「ブールバード・ワールド」で公開されたグレンダイザー像。全高33.7mを誇る
画像集 No.004のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
 主人公・デュークフリードは平和なフリード星の王子だったが,ベガ星連合軍から侵略を受けたため地球に逃れ,宇門大介を名乗って平和に暮らしていた。しかし,貪欲なベガ大王はフリード星に飽きたらず,今度は地球に襲いかかってきた。デュークは新たな故郷となった地球を守るべく,グレンダイザーに乗り込んで戦いを挑む――というのが,物語の導入だ。

 グレンダイザーはフリード星の守護神であり,支援UFOスペイザーとスぺイザークロス(ドッキング)することで多彩な状況に対応できる。
 今年で放映49周年を迎える「UFOロボ グレンダイザー」だが,実は単独でのゲーム化は初めて。とはいえ「スーパーロボット大戦」シリーズの常連であるため,あらすじなら知っているというロボット好きも多いだろう。

 本作は,物語の発端から第7話に相当する部分をゲーム化しているため,特に原作を知らなくてもストーリーを理解できるはず。ベガ大王のフリード星襲撃を冒頭に持って来るアレンジがなされているので,デュークとグレンダイザーのオリジンがより分かりやすくなっているのもポイントだ。


フリード星はベガ星人から侵略され,街は廃墟に。王子デュークフリードは星の守護神グレンダイザーを起動,ベガ星人に立ち向かう
画像集 No.005のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.006のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

ベガ星人を率いるベガ大王の娘・ルビーナ。かつてフリード星でデュークと結婚する予定だったが,これはベガ大王がフリード星に攻め込むために仕掛けた罠だった。アニメでは終盤に登場したが,時系列が整理されている本作ではフリード星を舞台にしたプロローグに登場
画像集 No.007のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

グレンダイザーは支援機スペイザーと合体。デュークはフリード星を逃れて地球へとたどり着く
画像集 No.008のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ


 本作をプレイして驚かされるのは,あちこちに散りばめられたグレンダイザー愛である。ゲームのオープニングはアニメの前期オープニングを再現しており,「とべ!グレンダイザー」をバックに3DCGで再現された懐かしいカットが次々と展開するのだからたまらない。

 ゲームの流れもアニメ1話分の流れを踏襲している。エピソードは大介が暮らすシラカバ牧場からスタート。兜 甲児にひかる,団兵衛や吾郎に番太といった皆と日常を過ごすなかで事件が起こり,グレンダイザーでの戦いとなる。話の流れもアレンジこそあれ,原作における同タイトルの回を踏襲しているのがディープである。

 印象的な出撃シーケンスも,もちろん再現されている。大介は宇宙科学研究所の壁にあるシューターに飛び込み,グレンダイザーの格納庫へダイブ。「デュークフリード!」の掛け声で戦闘服姿に変身,そのままグレンダイザーに乗り込む。グレンダイザーがダムの水流を割って飛び出す様はスーパーロボットのロマンにあふれており,当時を知らない人でも胸が熱くなるはずだ。また,スペイザーとグレンダイザーが分離/合体する際の透視図表現も再現されていて,操縦席がクルクル回りながら移動するカッコ良さに痺れる。

3DCGでアニメのオープニングを再現
画像集 No.009のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.010のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

大介が暮らすシラカバ牧場も再現されており,移動範囲は狭いが歩き回ることができる。甲児が乗るTFOや,大介の愛車デュークバギーに宇宙科学研究所の車も再現されている
画像集 No.011のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.012のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

デュークの地球での姿,宇門大介。宇宙人であることやグレンダイザーとの関係は秘密にされており,出撃の際の変身とあわせて特撮もののテイストが取り入れられている
画像集 No.013のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

「マジンガーZ」の兜 甲児も登場。TFOに乗ってデュークをサポートする
画像集 No.014のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

シラカバ牧場の娘である牧葉ひかる。「スーパーロボット大戦」で彼女のことを知ったのであれば,パイロットとしてのイメージも強いと思うが,本作が再現するのは原作の序盤なので戦わない
画像集 No.015のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

出撃の際,大介は「デュークフリード!」の掛け声で戦闘服姿に変身
画像集 No.016のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.017のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.018のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

研究所のダムから出撃するスペイザー
画像集 No.019のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.020のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

グレンダイザーとスペイザーが合体/分離する際は,操縦席が移動する描写が入る。この辺りもアニメそのままだ
画像集 No.021のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 戦闘モードは大別して3つのシステムが存在する。1つめは,甲児が乗った地球製UFO「TFO」での縦スクロールシューティング,2つめは,スぺイザーとグレンダイザーが合体した状態での3Dシューティング,そして3つめは,グレンダイザーを操作しての3Dアクションだ。さまざまなゲームモードが用意されている作りは懐かしいキャラクターゲームを思い起こさせるが,この辺りは意図的なゲームデザインだろう。

 シューティング2種はプレイにエッセンスを添える存在。どちらも無敵になって敵弾を避ける緊急回避があるため,慣れていない人でも問題なくクリアできるはずだ。

TFOを操る2Dシューティング。無敵の緊急回避があるのに加え,敵弾の中にはTFOの弾で打ち消せるものもあり,難度的にはそう高くない
画像集 No.022のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

スぺイザーに合体した状態での3Dシューティング。こちらもゲームにアクセントを添える存在
画像集 No.023のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 3Dアクションモードの舞台は,広めの箱庭フィールドだ。あちこちにクエストが散らばっており,これをクリアしていくことでボスの円盤獣に迫っていく。スペイザーと任意に合体分離してフィールドを探索することはできないが,グレンダイザーのダッシュが速いため,ストレスを感じることはないだろう。

 クエストはベガ星人の侵略に苦しむ人々を助けるものが多い。火災を消したり,医療機関のヘリを護衛したりする。クエストを通して,地球を守るスーパーロボットとしてのグレンダイザーとデューク像が強調されている。フィールドにはビルや民家も建っているが,グレンダイザーで突っ込んでも壊れない辺りも,こうした演出の一環だろう。

3Dアクションモードは箱庭フィールドを駆け巡る
画像集 No.024のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.025のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.026のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

箱庭フィールドで請けられるクエストには,人々を助けるものが多い。前腕部のクラッシャー(フィン)を回転させるスクリューパンチで炎を消すこともできる
画像集 No.027のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

グレンダイザーとデュークは多くの人々から感謝される
画像集 No.028のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 2Dシューティングと3Dシューティングが懐かしいシステムであるのと対照的に,3Dアクションモードのバトルはモダンなゲームデザインになっている。多数の敵を相手に立ち回り,状況に合わせてさまざまな攻撃手段を使い分け,時には敵の攻撃をギリギリまで引きつけて避けるという,現代的なアクションを楽しめるのだ。

画像集 No.029のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 グレンダイザーが格闘やダッシュ攻撃,ハーケンといった攻撃を当てると「エネルギー」が生成される。エネルギーを使えば,反重力ストームやスクリュークラッシャーパンチなどお馴染みの武器を使用可能だ。これらの武器はアクションゲームとしてのアレンジが加えられており,それぞれに使い道が異なる。

 例えば,本作のダイザーパンチは当たった敵を掴んでそのまま地面に叩きつける投げ技だ。投げ中は無敵なうえ,叩き付けは周囲の敵を巻き込むので乱戦に有効だ。

画像集 No.030のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 反重力ストームは,食らった敵を浮遊させ無防備状態にする。盾を持った敵に当てて無防備にしたところを仕留める,敵に囲まれた際に安全を確保する,といった使い方が可能である。

画像集 No.031のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 ダブルハーケンは投げると回転しながらその場に留まり,多段ヒットする。グレンダイザー本体は自由に動けるため,耐久力の高い敵を回転に巻き込み,本体の格闘で追撃するような使い方も面白い。

画像集 No.032のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 スクリュークラッシャーパンチの威力は非常に高いが,発動前にタメが必要。そのため,出会い頭に使ったり,敵をダウンさせるなどしてタメの時間を確保したい。

画像集 No.033のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 エネルギーは耐久力を回復させる「自己修復」にも必要だが,自己修復が終わるまでグレンダイザーは無防備になってしまうため,無闇に使うことはできない。つまり,1対多のアクションゲームとしての立ち回りをしつつ,攻撃にも回復にも必要なエネルギーを配分しなければならないわけで,現代的なアクションゲームの作りといえるだろう。

 バトルでは敵の攻撃を見切るのも重要である。グレンダイザーは前転して敵の攻撃を回避することが可能。タイミング良く前転すれば,周囲の時間が遅くなって反撃のチャンスが訪れる。そのためには攻撃をギリギリまで引きつけなければならず,なかなかにスリリングだ。

画像集 No.034のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

敵の攻撃をギリギリで避ければ,時間の流れが遅くなる

 グレンダイザーの戦法を,さまざまな武器を使ったスーパーロボットの殺陣へ誘導する工夫もポイントだ。円盤獣の中にはバリアーで身を守っているものもいて,これを破るには指定されたタイプの攻撃を当てなければならない。複数のバリアーを張っていることも珍しくなく,自然とさまざまな武器を使うことになる。
 加えて,反重力ストームの後にショルダーブーメランを使うといったように,攻撃を特定の順番でつなぐと威力がアップする。アクションゲームでは効率を求めて同じ武器ばかりを使いがちだが,本作ではゲームデザインによって多彩な武器を使ったスーパーロボットらしいアクションシーンが生まれるようになっている。

 そして,敵にダメージを与えるなどして「サンダーゲージ」を一杯まで溜めれば,大技「スペースサンダー」を発動可能だ。射線上の敵に大ダメージを与える必殺技で,発動時にはグレンダイザーの周囲に岩くれが浮かぶ演出がカッコ良い。

 ボス円盤獣との戦いは,円盤獣形態での殴り合いと円盤形態の高速移動を追う2つの局面のメリハリがある。激しい攻撃と回復に時間を要する仕様が相まってスリリングだ。ボスに攻撃を加えて紫色のゲージを溜めれば気絶するが,このゲージは時間が経つと減少してしまう。ボスの攻撃をかいくぐり,回復されないように立ち回るのだ。

バリアーを張った敵に対しては,アイコンで示される攻撃を加えなければならない。画像では3重のバリアーが張られており,格闘,格闘,反重力ストームと攻撃すれば破壊できる
画像集 No.035のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

「サンダーゲージ」を溜めれば,必殺のスペースサンダーが使用可能
画像集 No.036のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.037のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.038のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

ステージの最後ではボスの円盤獣と対決
画像集 No.039のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.040のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.041のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ


 最初のグレンダイザーは限られた武器しか使えないが,敵やフィールドのあちこちにあるカプセルから得られる素材を使えば,さまざまな武器や機能をアンロックできる。スペースサンダーやダブルハーケンといった武器はもちろん,回避の直後にエネルギー消費なしで高威力の追撃ができるハンドビーム,敵の耐久力に関係なく破壊する「トドメの一撃」など特殊な機能もあり,グレンダイザーがどんどん強くなっていく。カプセルの中には見つかりにくいものもあるため,探索も楽しい。

素材を使ってグレンダイザーを強化することができる
画像集 No.042のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

強化で解禁できる「トドメの一撃」は,バトル中に一定確率で発動。雑魚ならダブルハーケンを突き刺し,耐久力に関係なく破壊できる
画像集 No.043のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

ハンドビームも強化での解禁。ギリギリで回避した直後に発動でき,エネルギー消費なしに高威力の追撃が可能だ
画像集 No.044のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

 「UFOロボ グレンダイザー」が長年の時を経てゲーム化されるというのは思っても見なかった嬉しい出来事である。「スーパーロボット大戦」での客演も多いが,単独でのゲーム化はなく,近いようで遠い存在だったという人も多いはずだ。

 故郷の星が滅ぼされた苦しみを乗り越え,地球のために命を懸けるデュークの気高さは時代を越えた魅力があり,本作をプレイすることで「UFOロボ グレンダイザー」の良さを再確認できるはず。キャラクターの絵柄が当時のままである辺りも原作へのリスペクトが感じられ,フランスでのグレンダイザー人気がいかに大きなものであるかうかがえる。

 箱庭フィールドでの探索時にスペイザーを使えない,初期状態のグレンダイザーの攻撃力が低い(逆にハンドビームやトドメの一撃など,一通りの装備が揃うと一通りの装備が揃うとサクサク進む),高低差がある場所で敵がちょいちょい地形に埋まるなどの気になるところはあるが,ゲームを通してグレンダイザーへの愛がこれでもかと感じられる。

 原作の序盤をテーマにしているだけに,残念ながらダブルスペイザーやドリルスペイザーといった支援機は登場していないが,エンディングが続編を作る気満々のものになっている辺り,パート2があればシステム面の改良と支援機の活躍を期待できそうだ。そして,2024年には最新作「グレンダイザーU」も控えている。本作をプレイして,放映に備えるのもいいかもしれない。

巨大感の表現にもこだわりが感じられる。2枚目と3枚目は「クラシック」という当時のアニメの色合いを再現するスキンを装備しており,こちらもグレンダイザーへの愛がなせる技だ
画像集 No.045のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.046のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.047のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

フィールドのあちこちには「瞑想ポイント」があり,アクセスするとデュークが地球を守る決意を新たにしてグレンダイザーの耐久力が回復する。瞑想ポイントは,なぜか東洋的な建物であることが多い
画像集 No.048のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

侵略を指揮するガンダル司令。顔が開いてレディガンダルという女性が登場する。1970年代アニメらしい,ダイナミックなギミックだ
画像集 No.049のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.050のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

デュークが助け出したのは,どこかで見たような漫画家。グレンダイザーを見て,人が操縦するロボットを表す「スーパーロボット」という概念を思いついたようだ。いわばカメオ出演であり,ファンならニヤリとさせられる
画像集 No.051のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

画像集 No.052のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.053のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ
画像集 No.054のサムネイル画像 / [プレイレポ]長い年月を経て初の単独ゲーム化。「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」は,国境を越えたグレンダイザー愛あふれるタイトルだ

「UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも」公式サイト

  • 関連タイトル:

    UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも

  • 関連タイトル:

    UFOロボ グレンダイザー:たとえ我が命つきるとも

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2024/04/18)
UFOロボ グレンダイザー : たとえ我が命つきるとも【特典付き】DLC「銀色のコスチューム」 配信 - PS5
ビデオゲーム
発売日:2024/04/18
価格:¥5,218円(Amazon) / 5245円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月19日〜06月20日