オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS5/PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
ハードウェア
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/10/20 20:00

プレイレポート

Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 カプコンとFacebookは日本時間の2021年10月21日23:00,Oculus Quest 2版「バイオハザード4」のリリースを予定している。本作は,2005年にゲームキューブで発売された同名タイトルの移植作。さまざまな家庭用ゲーム機やPCに移植されている「バイオハザード4」だが,今回はなんとVR専用ゲームとなったわけだ。もちろんただの移植ではなく,VR向けに新たに追加されたシステムが多数登場する。本稿では,そんなVR版「バイオハザード4」のプレイレポートをお届けしよう。

画像集#001のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

Oculusストアの「バイオハザード4」ストアページ



ドアを開けるのも銃をリロードするのも全て自分。VRならではの臨場感


 VRのゲームといえば,やはりアクションを自分自身の手で行うのが大きな特徴だ。本作も,オリジナル版ではボタン操作で行っていたアクションの多くが,VR向けに変更されている。
 例えばドアの開け方だ。オリジナル版では,ボタンを1回押すとドアを開け,2回連打するとドアを蹴って勢いよく開けるといった動作だった。本作では,ドアのノブ付近にコントローラを近づけ,グリップボタンを押すことで,ドアをつかんで開けられるようになっている。
 ここで注目したいのが,オリジナル版ではドアを開けきるまでが1つのモーションだったが,本作では少し開けてしまえば,そのまま走ってドアを押し開けて通ることができる。ドアはゲーム中ずっと登場するので,ここがスムーズに行えるのは大変うれしい。

ボタンを押すことで蹴り開けることも可能だ
画像集#031のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 このほか,武器の操作も自分で行わなければならない。武器を構えて狙うことはもちろん,リロードも同様だ。銃によってリロード方法は異なるが,基本的には「左腰にある弾薬を掴む」「弾薬を装填」「コッキング」という3ステップだ。弾薬を掴むと自動でマガジンリリースされたり,ショットガンの装弾が1回でよかったりと,細かい動作はやや簡略化されているが,多数の敵と同時に戦う場面が多い本作では,リアルさと遊びやすさのバランスとしては丁度いいと感じた。

基本的な動作はチュートリアルが表示される
画像集#007のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

ショットガンやライフルのコッキングは自分で行う。なお,撃たずにコッキングしても弾が減っていくので注意
画像集#012のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

ナイフも自分で振る必要があるが,最後まで振り抜かなくても攻撃判定になる。周りの物にぶつからないよう控えめに振ろう
画像集#004のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 なお,オリジナル版には武器の強化システムが登場するが,リロードを行う本作には装填速度の強化が存在しない。本作の最速とオリジナル版の最速のどちらが速いのかは不明だが,本作は移動しながらでもリロードできるという大きな利点がある。

投擲武器も実際に腕を振り,投げて使用する。VRに慣れていないと少々難しいかもしれない
画像集#005のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

もちろん救急スプレーは自分に吹き付けて使用する
画像集#006のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

武器商人は本作特有のUIになっている
画像集#008のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように


スライド移動にダッシュ撃ち。VR化により進化したアクションの数々


 本作ではVR化に伴い,基本設定がかなり細かく用意されている。その中からゲームプレイに関わる部分を解説しよう。
 まずは移動方法だ。オリジナル版はいわゆるラジコン操作と呼ばれるタイプで,バイオハザードシリーズではおなじみだが,急な方向転換や,素早い移動が難しい。本作では,シンプルにスティックを倒した方向に進むFPSタイプと,地面に当てたカーソルの位置へ瞬間移動するテレポートタイプの2種類を選択できる。
 テレポート移動はどちらかというとVR酔いしやすい人向けの設定なので,特にこだわりがなければFPSタイプをおすすめしたい。というのも,FPSタイプは移動方向を問わず速度が落ちないようで,横や後方への移動がかなり早くなり,探索や戦闘がかなり快適になった。また,オリジナル版では銃を撃つ際,いちいち立ち止まって狙う必要があったのだが,FPSタイプではなんと走りながら銃を撃つことができる。敵に駆け寄りつつ頭を撃ち,そのまま蹴りを決めるのはなかなかの快感だ。

FPSタイプの操作だと,前後に移動して敵にフェイントをかける動きもやりやすい。武器を投げてくる敵の攻撃も,スライド移動でさくっと回避できる
画像集#009のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

ワープ移動はシームレスな移動ができないが,オリジナル版に比べればまだ素早い移動ができる
画像集#010のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

格闘アクションは三人称視点のカメラへと変化する。臨場感はやや減るが,さすがに主観視点でなんども回し蹴りをするのは酔いそうなので仕方ない
画像集#022のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 続いては武器の選択方法だ。オリジナル版は毎回メニューを開いて装備を変更していたが,本作では,片手武器,両手武器,投擲武器,回復アイテムをあらかじめ登録しておき,それらを取り出すという形になっている。

 デフォルトでは,体の特定の部分にコントローラを持ってきて,グリップボタンを押すと(コントローラを握るような操作),キャラクターの手に対応した武器が握られるという“イマーシブ”モードになっている。
 このモードでは装備の変更がとにかくスピーディで,前述の「駆け寄りつつ頭を撃ち,そのまま蹴る」といった動作からすぐに,「ナイフで倒れた敵を斬りつける」という,バイオ4ならではの流れが非常にやりやすい。

右腰に片手武器(ハンドガン等),右肩に両手武器(ショットガン等),右胸に投擲武器,左肩に回復アイテム,左胸にナイフが装着されている
画像集#013のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 難点というか,少々慣れが必要なのが「武器はグリップボタンを押し続けないと持ち続けられない」という点だ。ボタンを離すと,武器はそれぞれの収納場所へと戻ってしまう。しかし,逆にこの仕様のおかげで素早い装備変更が可能となっているので,慣れてしまえばとても快適にプレイできるはずだ。

 もう1つは,左コントローラのトリガーを長押しするとクイックメニューが出現し,その状態でスティックを倒して装備を選択する“クイック”モードだ。武器は常に持った状態になっており,グリップボタンを押し続ける必要がないので,人によってはこちらのほうがやりやすいかもしれない。

 武器選択のモードはやりやすいほうを選ぶと良いだろう。筆者のおすすめとしては,イマーシブモードでVRならではの武器装備と,VRで進化したバイオ4のスピーディな戦闘を楽しんでみてほしい。
 ちなみに,本作ではギミックの操作や扉の開閉なども自身の手で行うのだが,クイックモードは片手が常に装備で埋まっているので,両手を使えるのはイマーシブモードのみだ。

クイックメニュー。左トリガーを押すと,現在の装備とナイフが入れ替わる。多用するのでありがたい
画像集#014のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 他にも細かい設定がいくつかあるが,酔いやすさの軽減やプレイスタイルに合わせた変更がメインなので,ゲームプレイにそれほど差は出ない。お好みの設定でプレイしよう。


VRの視点で改めて知る「バイオハザード4」の世界


 オリジナル版「バイオハザード4」は,シリーズ初のビハインドカメラを採用していたり,銃を構えてさまざまな方向を向くことができたりと,定点カメラだった過去作に比べれば,マップの細かい部分を見やすい作品だった。

 しかし,本作はさらに細かく観察が可能なVRの視点で楽しめるだけでなく,テクスチャのリペイントや高解像度化が行われているという。これはオリジナル版をプレイしたことがある人には,ちょっとした感動だと思われる。実際,筆者は新しいマップに行くたび,感嘆の声を漏らしながらプレイしていた。

新しいオブジェクトが出現するとつい近寄って眺めてしまう
画像集#015のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

あまり近くで見たくないものも……ただ,さすがに配慮してくれたのか,一部表現はマイルドになっているようだった
画像集#016のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

マップだけでなく,敵もじっくり観察できる
画像集#017のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 これまでお伝えしたように,本作はオリジナル版に比べ,細かい部分での動作がかなりスピーディに動けるよう変化している。このおかげで,ゲームスピードがアップして,快適にプレイできるようになり,オリジナル版では味わえない爽快感が得られること請け合いだ。

 しかしこの変化によって生まれた大きなポイントは,“プレイヤー自身の速度”でプレイできるということだ。これはVRでのゲームプレイにおいて大きな相乗効果を生んでおり,よりゲームの世界に深く入り込むことができる。
 正直なところ,本作をプレイする前は「VR化とはいえ,15年以上も前の作品。あまり期待せず,懐かしむ気分で楽しもう」と思っていた。しかし,実際にプレイしてみると,その考えは良い意味で大きく裏切られた。

本作で一番感動した“自分で打つ”タイプライター
画像集#018のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

ハニガンとの通信機も実際に手で持って眺めることができる
画像集#019のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

バイオ4おなじみのアタッシュケース整理。掴んで離すだけなのでやりやすい
画像集#020のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

最初のボスとなるデルラゴ戦。オリジナル版では銛を投擲するが,銛を発射する銃に変化していた
画像集#021のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

 本作は「バイオハザード4」をただVRで遊べるようにしたというだけでなく,VR化にあたり“どこまでできるようにするか”をしっかり考えられた作品だと感じた。Oculus Quest 2を持っている人にはぜひおすすめしたい一本だ。なかでも「バイオハザード4」をプレイしたことがある人には,筆者が受けた感動を味わってみてほしい。

画像集#023のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように 画像集#024のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように
画像集#025のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように 画像集#026のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように
画像集#027のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように 画像集#028のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように
画像集#029のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように 画像集#030のサムネイル/Oculus Quest 2版「バイオハザード4」プレイレポ。瞬時に武器を取り出しダッシュ撃ち! VR化により新たなプレイスタイルで遊べるように

Oculusストアの「バイオハザード4」ストアページ

  • 関連タイトル:

    バイオハザード4(Oculus Quest 2版)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月28日〜11月29日
タイトル評価ランキング
74
ELYON (PC)
67
DEKARON (PC)
66
BLESS UNLEASHED (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
21
2021年05月〜2021年11月