オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2021/07/16
  • 価格:パッケージ/ダウンロード版:6578円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/07/16 00:00

プレイレポート

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

画像集#042のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
 任天堂が本日(2021年7月16日)発売したNintendo Switch用ソフト「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」(以下,スカイウォードソード HD)は,「ゼルダの伝説」シリーズの時系列における最古の物語を描く作品だ。

 2011年にWii用ソフトとしてリリースされた「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」をオリジナルとするスカイウォードソード HDは,連綿と続くゼルダとリンク(という名を持つ者たち),退魔の剣「マスターソード」にまつわる伝説の幕開けの物語を,より美麗になったグラフィックスで楽しめる。TVモードやテーブルモードで体験できる,オリジナルのWiiリモコンを思わせるJoy-Conでの直感的な操作,携帯モードやコントローラ使用時などのスティック&ボタン操作といった,Switchならではのプレイスタイルに対応しているところも注目だ。
 そんなスカイウォードソード HDを発売前にプレイできたので,Switch向けならではの特徴やゲームの魅力をお伝えしよう。

画像集#001のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」公式サイト



ゼルダの伝説の始まりを描く,シリーズ最古の物語


 物語は,天空に浮かぶ島・スカイロフトから始まる。主人公のリンクは,スカイロフトで生まれ育った一人の若者だ。騎士になるため騎士学校に通うリンクは,この地に伝わる神事で,憧れの騎士になるための試験でもある「鳥乗りの儀」に優勝し,女神と若き鳥乗りの伝説を元にした儀式に参加することになる。
 鳥乗り役を任されるリンクの相手となる女神の役を担当するのは,騎士学校の校長の娘で,リンクの幼なじみの少女・ゼルダ。リンク本人はもちろん,彼の優勝を心から願っていたゼルダにとっても,この日は忘れられない幸せな一日となるはずだった。

画像集#003のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#004のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#005のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 無事に儀式を終えた解放感に包まれながら,ロフトバードに乗って大空の散歩を楽しむ2人だったが,突如として現れた黒い竜巻によって空の様子が一変。竜巻はふたりを引き離し,そしてゼルダを飲み込んでしまう。宿舎の自室にて目を覚まし,とある導きによって精霊のファイと出会ったリンクは,雲海の下に広がる“大地”へと落ちたゼルダを連れ戻すため,スカイロフトを旅立つのだった。

画像集#006のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#007のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる


Joy-Con,コントローラ,携帯モード……
Switchらしさを生かした遊び方


 ここからは,スカイウォードソード HDの進化した点や,Switch向けならではの要素について紹介したい。
 Wii版の特徴となっていたのが,Wiiリモコンプラス(およびヌンチャク)を使ったモーション操作。リモコンを縦に振れば剣を縦斬りに,横に振れば剣を横に払い,前に突き出せば刺突するという具合に,リモコンを使った直感的な剣さばきが楽しめた。そんな,オリジナル版の独特の操作感が,左右の手にそれぞれJoy-Conを持つ「2本持ち」の操作で再現されている。

Joy-Con(R)を上に構えてビームを撃つためのパワーを溜めたり,構えで敵の注意を引いてフェイントをかけるなど,振るだけでなく「構える」操作も重要だ
画像集#008のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#017のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#009のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
敵の攻撃に合わせてタイミングよくJoy-Con(L)を突き出すことができれば,盾で弾いてチャンスを作り出せる
画像集#010のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
剣だけではなく,虫とりアミや弓矢といったアイテムでも,実際に手にして使うような感覚を味わえる

 敵の防御を避けるように剣を振る。狙った虫を逃さないようにそっと虫とりアミを被せる。爆弾をボウリングの玉のように転がして爆発させる。それらの操作は,加速度センサーやジャイロの性能の技術的な進化もあってか,Wii版の魅力だった“リンクと一体化して動いている感”がかなりアップしている印象だ。映像のフレームレートが30fpsから60fpsとなったことも,レスポンスの良さにつながっているのかもしれない。

画像集#011のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 Joy-Con(R)のスティックでカメラ操作を行えるようになったことで,プレイヤー自身が操作しやすい視界で遊べるようになったことも,Wii版以上に遊びやすく感じることに一役買っているのだろう。Wii版のプレイヤーはもちろん,あまりJoy-Con操作では遊ばないという人にも,ぜひこの感覚は体験してほしい。

Joy-Con(R)を豪快に振り回して戦うのも楽しいが,手首の返しで操作するほうが自身の狙いどおりに動かしやすい
画像集#012のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 Wii版ではWiiリモコンによる直感的な操作に特化していたが,スカイウォードソード HDはコントローラや携帯モード,Nintendo Switch Liteでのスティックやボタン操作に対応しているため,リラックスした姿勢でゲームを遊べるのが嬉しいところだ。
 ジャイロで視点を動かしながら左スティックで移動,右スティックを弾いた方向に剣を振り,押し込むことで突きを放つ。さらに右スティックを倒した状態で止めて構えを固定すれば,WiiリモコンやJoy-Conに近い感覚で剣が振れる。オリジナルのアナログ感を生かしたなかなか独特な操作方法だが,単純な置き換えではなく,“Switchでのさまざまなプレイスタイル”を考えて作り上げられた印象で,多くの人が快適に操作できるはずだ。

画像集#013のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#014のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
段差を乗り越える,ダッシュするといった「がんばりゲージ」を消費する行動は,基本的にJoy-Conとコントローラのどちらでも操作方法は変わらない。ちなみに,「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(以下,BotW)でもおなじみのがんばりゲージは,このスカイウォードソードが初登場となるシステムだ
画像集#016のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#015のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる


スカイウォードソードにぎっしり詰められた,“ゼルダの伝説らしさ”の魅力


 ここではあらためて,“Wii版から変わらないスカイウォードソードの魅力”を伝えよう。
 まずは,“これぞゼルダの伝説”という謎解きの醍醐味について。冒険の舞台となる「大地」は,おおまかに「フィローネの森」「オルディン火山」「ラネール砂漠」の3つの地域に分かれている。ゲーム序盤はゼルダの痕跡をたどりつつ,それらの地域を順に訪れていくことになるのだが,各地域には数多くの謎や仕掛けが用意されており,密度の高い体験がプレイヤーを待っているのだ。

画像集#018のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#019のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#020のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 先に進むため,周囲を見渡して怪しいモノや場所を探し,手持ちのアイテムや手に入れたばかりの道具を使って謎を解く。ときには,剣の切っ先を使って探しているモノや人物などの方向を探る「ダウジング」も活用し,謎解きのヒントを得よう。“見えてはいる目的地”に,試行錯誤しつつたどり着いたときの爽快感は格別だ。

ロープにバクダン花……一見行き止まりのような場所でも,周りのモノをうまく使うことで謎が解け,その先へ進む道が開けていく
画像集#021のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#022のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
迷ったときは,ダウジングやマップも使って周囲を確認してみよう
画像集#023のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#024のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 各地に存在する神殿(ダンジョン)では,さらに凝縮された謎解き要素がプレイヤーの行く手を阻んでくる。深部には手ごわいボスも待ち構えており,剣やアイテムを扱う腕前だけではなく,強敵に臆さず相手の行動を把握して弱点を突くといった“知恵と勇気”も試されることになるだろう。

画像集#025のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
閉ざされた扉の上に目玉がある。剣を見ているようだが?
画像集#026のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
崩れた壁から見えるロープ。あれをどうにかして切れば……
画像集#027のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
こちらの剣の動きを読んでくる手ごわい相手である,魔族長ギラヒム。どこかに付け入るスキがあるはずだ
画像集#028のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
体当たりと火球で襲ってくる怪物ベラ・ダーマ。近づくのもままならない強敵だが,行動をよく見て弱点を探し出そう

 それぞれの地域や神殿にはアイテムが隠されており,それらを活用することで,思いもよらなかった新たな展開が起こる。この「新たなアイテムを入手し,それを活用して行動範囲を広げていく」こともまた,1作目から続く,シリーズのおなじみの“らしさ”要素だ。

画像集#029のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#030のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 ストーリーやキャラクターの見せ方も大きな魅力の一つ。カットシーンの数はシリーズ随一といえるボリュームがあり,スカイウォードソード HDではそれらを高精細になった映像で楽しめるのも嬉しいポイントだ。

画像集#031のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 とくにリンクとゼルダの関係がしっかりと描かれたゲーム冒頭を体験すれば,きっと「こんなにも真っ直ぐな思いを持つゼルダを放っておくわけにはいかない!」という感情を抱き,リンクとプレイヤー自身の気持ちがシンクロ(?)するだろう。
 また,ゼルダは囚われの身として助けを待つだけではなく,健気さがありながら“追いかけても追いつけない”というアクティブな面あり,それが彼女をさらに魅力的にしている。ゲーム冒頭はもちろん,物語を進めていくことでよりゼルダに魅了されることになるはずだ。

画像集#032のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#033のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#034のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 ……少々ゼルダへの想いが溢れてしまったが,冒険の案内役となる剣の精霊・ファイもとても印象的な存在として描かれている。ストーリーにも深く関わってくるのであえて多くを伝えることはしないが,ともに冒険し,ゲームの終盤を迎えるころには,思い入れ深いキャラクターの1人となっているだろう。

要所でリンクをサポートしてくれるファイ。精霊ということで我々とは少し異なる感覚があるのか,独特な空気感と言動が特徴。ともに冒険を続けているうち,もっとその内面(?)を知りたくなる不思議な存在だ
画像集#036のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
画像集#035のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

 冒険の拠点となるスカイロフトや天空の各所にある島々に用意されたサブイベントもなかなかのボリュームだ。基本的には住民たちの頼みごとを引き受け,解決していくことになるが,学校の怪談風のものや淡いラブストーリー風のものなど,その内容はバラエティに富んでいる。
 メインストーリーに没頭していると見落としがちになってしまうが,依頼を達成することで「ハートのかけら」や「大きなサイフ」といったアイテムを入手できる「感謝の気持ち」が集まるので,進めておくと冒険やバトルが有利にもなる。ちょっと一息つく感覚でサブイベントのショートストーリーを楽しんでほしい。

画像集#037のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる 画像集#038のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
ストーリーやイベントの会話時に選択肢が表示されるときがあるが,これもなかなかユーモアに溢れている。物語の雰囲気に合わせるか,あえてコミカルな方を選択するか。基本的に物語自体の流れは変わらないので,好きな返答を選ぼう
画像集#039のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

冒険の途中にファイを呼び出した状態で,販売中の「amiibo ゼルダ&ロフトバード」(写真)を読み込ませると,どこからでも天空に戻ることができる。天空でもう一度読み込ませれば,冒険を中断したときの場所に移動でき,なかなか便利だ
画像集#040のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる
 Wiiのアナログ感覚をJoy-Conやコントローラ操作に落とし込み,“Switchらしさ”を生かした遊び方が楽しめるスカイウォードソード HDは,シリーズファンはもちろん,BotWで初めてゼルダの伝説に触れたという人にもぜひプレイしてほしい作品だ。細かな物語の描写がなく,ストーリーを“感じる”作品であるBotWでゼルダの伝説を知った人は,緻密に描かれたストーリーを“読み進める”スカイウォードソードをプレイすることで,より深くゼルダの伝説シリーズの魅力を知ることができるだろう。

 詰め込まれたアイデアの量は相当なもので,それは何度プレイしても何かしらの新しい発見があるほど。世界観と物語,アクション,バトル,そして謎解きと,その全てが濃厚なスカイウォードソードをSwitchで満喫してほしい。

画像集#002のサムネイル/「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」を先行プレイ。テレビでも携帯モードでも,Switchならではの操作方法で“伝説の始まり”が楽しめる

「ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月26日〜09月27日
タイトル評価ランキング
67
DEKARON (PC)
63
BLESS UNLEASHED (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
21
2021年03月〜2021年09月