オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/01/27 12:00

紹介記事

「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

画像集#001のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
 スパイク・チュンソフトは,「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」PC / PS4 / Switch)を2021年1月28日に発売する。

 本作は,“リゼロ”の略称でおなじみのライトノベル「Re:ゼロから始める異世界生活」のテレビアニメ版を原作としたアドベンチャーゲームだ。原作者である長月達平氏の完全監修によるテレビアニメ第1期の後半で描かれた「王選編」をベースとしたオリジナルストーリーが,原作の雰囲気そのままに楽しめる。
 「死に戻り」を活かしたゲームシステムも特徴的な本作のPS4版を発売前にプレイできたので,その概要を実際にプレイした感想とともにお届けしよう。

画像集#002のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」公式サイト


6人目の候補者の出現に揺れる「王選」

原作をベースとしたオリジナル展開が楽しめる


 まずは,主人公のナツキ・スバルと,ゲームシステムの重要な要素になっている彼の特殊能力「死に戻り」について説明したい。
 スバルは,ある日突然,異世界であるルグニカ王国へと召喚された現実世界の若者だ。ハーフエルフの少女に助けられ,ともに行動することになったスバルは,ある出来事により少女とともに何者かの手によって殺害されてしまう。

主人公のスバルは,良く言えば前向きな行動派,悪く言えば直情的で向こう見ずな性格。受けた恩は絶対に返す義理堅さを持ち,思ったことを口に出さずにはいられない
画像集#003のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 しかしスバルは次の瞬間,異世界に到着した直後の姿で意識を取り戻す。状況を飲み込めずに困惑するが,周囲の反応や状況から,時間が戻っていることを知る。それが,異世界を生きる術を持たないスバルが手に入れた唯一の力「死に戻り」だ。

死に戻りには,「死後もすべての記憶を引き継ぐ」「復活地点は自動で更新される」といったルールが存在し,それらはゲームの物語でも重要な要素となっている
画像集#005のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 死に戻りの能力を使って少女を死の運命から救い出したスバルは,少女――エミリアが住まう辺境伯ロズワール邸に招かれ,屋敷の使用人として勤めることになる。これらの物語は,ゲームの最初に表示される「これまでのことを思い出す」を選ぶと確認できるので,物語を復習したい人や本作で初めてリゼロに触れる人はこちらを選択しよう。

メインヒロインのエミリア。どんな時も冷静で情に流されない風を装っているが,本質的には困っている人を見過ごせない優しい性格で,世話焼きな一面がある
画像集#004のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 本作で描かれる「偽りの王選候補」の物語が始まるのは,スバルの異世界生活が始まってから1か月ほどが経過したころだ。魔獣の襲来からアーラム村を守り抜いたスバルたちが屋敷に戻ると,王都からの使者であるティーガ・ラウレオンサクラ・エレメントからある報せを受ける。

画像集#006のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 それは,5人の候補者の中から新たな国王を選ぶ,ルグニカ王国にとって重要な王選の延期。その真相を究明するべく,候補の1人であるエミリアとその仲間ともに王都に向かったスバルは,延期の原因が,存在しないはずの“6人目の候補者”が現れたことだと知る。
 その名はメルティ・プリスティス。神龍を信仰する「神龍教会」のシスターだ。さらに,王選候補者たちを狙う謎の暗殺者・ウォルフも現れ,事態は混迷を極めていく。

写真左から,アナスタシア・ホーシン,クルシュ・カルステン,プリシラ・バーリエル,エミリア,フェルトという原作おなじみの候補者5人と,オリジナルキャラクターである6人目の候補者・メルティ
画像集#008のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 このように本作では,原作小説やテレビアニメで描かれた王選をベースとした,ゲームオリジナルの物語が展開していく。長月達平氏による完全監修の謳い文句は伊達ではなく,スバルの絶妙な鬱陶しさや王選候補者たちの抜け目なさ,物語全体を取り巻く不穏な雰囲気などは,原作そのままに再現されている印象だ。
 メルティやティーガ,サクラ,ウォルフのほか,傭兵のサルムとその“相棒”の精霊・プーカというオリジナルキャラクターが登場。どれも個性的で,本編に登場するキャラクターに見劣りしない。

6人目の候補者である,シスターのメルティ。誰とでも優しく丁寧に接する少女で,スバルやほかの候補者ともすぐに打ち解ける。何事にも一生懸命取り組むが,慌て者のためちょくちょく失敗してしまう“ドジっ子”な一面も
画像集#024のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
メルティとその“お付き”の2人。ティーガ(左)は少し軟派な印象があるが,本心からメルティのことを思っている。気だるい印象でやる気が感じられないサクラ(右)は,会計係を任されるくらい神龍教会での信頼は厚い
画像集#007のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
画像集#009のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
王都へ向かう道中で出会うサルムとプーカ。無口なサルムに対し,プーカはかなり饒舌だ
画像集#010のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
仮面の暗殺者・ウォルフ。なぜ候補者を襲うのか,バックに誰がいるのか,その謎は多い


「死に戻り」で事件の真相に迫れ

窮地を脱する鍵は,こまめな情報収集と判断力


 スバルは,偽物の継承者という疑いの目が向けられたエミリアの疑惑を晴らすべく,レムとともに王都で情報集めを始める。物語は会話ベースで進むだけではなく,マップを歩き回りながら情報を集める場面があり,“自分で行動して物語を動かしている”という実感が得られるのも特徴となっている。

画像集#011のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
画像集#012のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力 画像集#013のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 プレイヤーを楽しませてくれるのが,分岐する物語と「死に戻り」を取り入れたゲーム進行だ。
 物語の展開は,集めた情報やスバル(プレイヤー)の選択次第で変化していく。必要な情報が集まると,物語が大きく動き出す「ターニングポイント」が発生し,これまでに得た情報を元に状況を整理して作戦を立てる「ブリーフィング」を経て,運命の分岐点となる「ミッション」に挑戦することになる。

画像集#015のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力 画像集#014のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
ブリーフィングでは,集めた2つの有用な情報から一つの選択を導き出す。情報が不足している場合,選択肢がまったく出ないことも
画像集#016のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 ミッションは,スバルが「行動ゲージ」を消費して何らかの行動を行うとフェーズが進み,周囲のキャラクターが各々の目的に沿って自動で動いていく。多くのミッションではフェーズに上限が決まっている。決まったフェーズ以内に目標を達成するため,集めた情報をもとにきちんと計画を立てて行動しよう。

画像集#017のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力 画像集#018のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力
戦うすべのないスバル。危険な状況や脅威を避けるには,ミッションまでに集めた情報が重要になる
画像集#019のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 このとき必要な情報が足りなかったり,良い選択ができなかったりするとミッションは失敗。ほとんどの場合,スバルが死亡して「死に戻り」が発生し,一定の場面まで戻って再開となる。失敗しないためにも,会話シーンや移動パートで手に入る情報はしっかりと集めなければならない。

画像集#022のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 どう頑張っても情報が足りず,最適な選択を行えずにスバルが死亡する場合もある。その際は,死亡する前に得た情報を保ちながら,「死に戻り」で1周目では手に入らない情報を集めることになる。このあたりは原作“らしさ”を活かした,本作ならではの魅力ある仕組みと言えるだろう。
 体験した出来事は,メニュー画面にある「フローチャート」で確認可能だ。経過日数ごとに発生したイベントが細かく記録されており,分岐が発生するイベントや,その分岐に到達するためのヒントも細かくチェックできる。集めた情報を整理しつつフローチャートを確認し,真実を明らかにするため物語を進めていこう。

画像集#021のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

 物語やゲームシステムはもちろん,オリジナルキャラクターや王選の候補者,双子メイドのラムとレム,精霊のベアトリスといった大勢のキャラクターが,滑らかで表情豊かなアニメーションで動く姿にも注目だ。
 原作の雰囲気や物語のベースラインをそのままにオリジナル展開を作り上げ,スバルの死に戻りという独特な能力を綺麗にゲームシステムに落とし込んだ本作は,リゼロという作品の魅力を知るいいきっかけにもなるはず。王選までの物語がゲーム冒頭でしっかり確認できるので,「物語やキャラクターは気になっていたけど見たことがなかった」という人は本作でリゼロの世界に飛び込んでみるのもいいだろう。

画像集#023のサムネイル/「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」を紹介。原作ベースのオリジナルストーリーと,死に戻りを活かしたゲームシステムが魅力

「Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補

  • 関連タイトル:

    Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補

  • 関連タイトル:

    Re:ゼロから始める異世界生活 偽りの王選候補

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日