オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/12/06 10:00

連載

ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回

画像(009)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ゲームをはじめて数分で怖けること請け合いの,スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」iOS / Android)を紹介しよう。
 主人公は,とある女子高に通う少女。彼女は怪しげな雰囲気が漂う西尾美術館の中で,不気味な絵画世界へと誘われてしまった。知恵と機転を武器に,絵に隠された恐怖と戦い,現実への帰還を目指すのだ。

アプリはダウンロード無料。暗色の使い分けが,じんわりと心を蝕んでくる
画像(001)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回 画像(002)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回

「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」ダウンロードページ

「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」ダウンロードページ


 ゲームの進め方は,オーソドックスな脱出ゲームと同様だ。画面に表示されるオブジェクトを自由にタッチし,ヒントやアイテムを得て,さまざまな仕掛けを解いていこう。
 手に入れたアイテムは,画面右上のアイコンから使うことができる。また作中にはいくつもの読み物も存在する。こちらも進行に合わせて,目をとおしてみるといい。

画面はスワイプで360度回転する。難所はヒントで切り抜けよう
画像(003)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回 画像(004)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回

 特筆すべきは,360度の視界とそれを利用した演出だ。プレイヤーは探索のため,薄暗い部屋をスワイプして見回さないとならない。
 当然,360度の視界があるのだから,すなわち「背後」が存在する。目の前の気味悪い物体から目を離すと……,気づいたら……,などと,手のひらの中に確実な恐怖が芽生えていることもしばしば。

振り向くのが恐ろしくなるスマホゲームはなかなかない
画像(005)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回 画像(006)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回

 攻略とは直接関係のない場面でも,突如として戸棚がガタガタ揺れたり,親切にもそれをライブ感のあるBGMと振動で伝えてくれたりと,不気味な世界はいつもプレイヤーをあざ笑っている。
 探索を進めれば進めるほど,行き来できるエリアも増えてしまうため,「何か」に遭遇する機会も確実に増える。恐怖を押し殺しながら,脱出のために最善を尽くせるかどうかは,あなた次第である。

進むも戻るもあなた次第。恐怖に打ち勝つには,前に進むしかない
画像(007)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回 画像(008)ぼくと遊んでよ。スマホ向け脱出ゲーム「恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第2173回

 360度の視界を有効に作用した,スマホながらもあっぱれなほど恐ろしい本作。気軽に強烈なホラー体験をしたいのならば,ぜひ西尾美術館に足を踏み入れてほしい。もっとも,あなたの後ろに責任は取れないが。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,"キャプチャー・ザ・フラッグ"こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム

  • 関連タイトル:

    恐怖!美術館からの脱出:プレイルーム

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月24日〜01月25日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月