オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/01 22:23

イベント

スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 本日(2019年3月1日),セガ・インタラクティブは,スマートフォン向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」iOS / Android)の発表会を実施した。

 発表された「リーグ・オブ・ワンダーランド」は,リアルタイムストラテジー(以下,RTS)形式で1対1の対戦が楽しめるタイトルだという。短い時間でプレイできる仕組みや,爽快感のあるアクション要素が取り入れられているのが特徴だ。

画像(001)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

「リーグ・オブ・ワンダーランド」公式サイト



キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」


 発表会の冒頭では,セガ・インタラクティブ コンテンツ研究開発本部 本部長の大原 徹氏が,開発経緯を語った。

大原 徹氏
画像(002)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 セガ・インタラクティブといえば,アーケードゲームを中心に開発をしており,中でも対戦型をメインで制作していた会社である。

 大原氏によると,昨今,技術の向上によってスマホでもリアルタイム対戦型ゲームの精度が上がっていることから,セガ・インタラクティブも開発に乗り出したとのこと。開発をするにあたり,競合となる海外産のRTS系ゲームアプリを分析&研究していたことも明かされた。

画像(003)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(004)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 その分析から,「リーグ・オブ・ワンダーランド」では待機時間の短縮や,アクション性が取り入れられることになったという。ユニットを出したあとに操作しない時間が増える,相手がユニットを出すまで待機するといった,従来のRTSにおける特徴が解消されているとのこと。

画像(005)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 ゲームのキャッチコピーには,「ケリつけようぜ。2分で。」が採用されている。

 一般的にマンガの1話分を読むのにかかる時間が約2分であることや,山手線の各駅の停車間隔なども2分に近いそうで,短い時間で楽しめるという部分にフォーカスしているという。

画像(006)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(007)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 また,プロモーションムービーを通じて,ゲームの世界観やバトル画面が公開された。

画像(008)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」 画像(009)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(010)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」 画像(011)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
待ち時間を徹底して排除した“ガン攻め推奨”のバトルシステムが前面に押し出されている
画像(012)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」


ドローショットでガン攻めを盛り上げる

短く,奥深いバトルシステム


 PVの公開に続き,「リーグ・オブ・ワンダーランド」のディレクターを務める田勢 誠氏が,バトルシステムの詳細について解説した。

 スマホのRTSでは1本のタワーを破壊すると勝利になる形式が多いが,本作では3本のタワーが設置されているのが特徴だ。タワーを落とされたら即敗北とはならず,3つのレーンそれぞれで勝負を仕掛けられるようになっている。

 また,短い時間で遊べることにフォーカスしている本作では,基本的な戦略である“待ち”や“受け”が有利という常識が通用しない。積極的に攻撃を推奨するシステムになっているとのことだ。

画像(013)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(014)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(015)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 具体的には,ユニットを先に出したほうが有利な設計にすることで,対戦相手の動きを待つほうが不利になる設定にしているようだ。

 マップを横に広く,縦に短くすることで,敵タワーへ到達する時間を短縮しつつ,3つのレーンで攻防を進行させ,ゲームのテンポもいい。ユニットを出したら操作することがないという状況が,生まれないシステムにもなっているとのこと。

画像(016)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(017)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 続いて,本作における爽快アクションについても紹介された。

 ゲームには「ドローショット」という,一部のユニット限定の必殺技が存在する。会場では,スワイプ操作で発動位置などを調整し,敵に攻撃を仕掛けたり,レーンを移動したりしているドローショットの使用シーンが紹介された。

「ドローショット」を発動するためには,ユニットを配置してから一定時間が必要。相手より先に出したほうが早く使えるのだ
画像(018)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(019)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 また,先に「ドローショット」を使用し,敵にヒットさせると,一時的に相手は「ドローショット」を使えなくなる「ブレイク」という要素も用意されている。

 このように,先手を取ってユニットを出し,いち早く動くことが勝利につながる,ガン攻め推奨のシステムになっているとのこと。

画像(020)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(021)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

実際のバトルシーンも紹介され各レーンでユニットが展開されていく様子や,「ドローショット」で戦況を変えている様子を確認できた
画像(022)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」 画像(023)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(024)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」 画像(025)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」


「SEKAI NO OWARI」がタイアップアーティストに

架空のマンガをベースにした世界観


 発表会の最後には,本作の世界観や,リリース後の展開についても紹介された。

 配信時期は,2019年の春が予定されている。リリース時には,55種類のユニットが実装されているとのこと。うち19種類が「ドローショット」を使用できる「ドローユニット」となる。

 ドローユニット次第で戦略が変わるため,定期的にドローユニットを追加することで,対戦環境に刺激を与えていくという。

画像(026)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(027)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 また,バトルに使用するマップも定期的に更新され,さまざまなギミックが搭載されるようだ。特殊な能力を持つ「SPタワー」など,戦略性を高める要素を実装することも発表された。

 そのほか,プレイヤー同士の対戦をリアルタイムで観戦するシステムも導入しており,応援していたほうが勝利すれば,報酬がもらえるシステムも組み込まれている。

画像(028)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(029)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 ゲーム内は「リーグ・オブ・ワンダーランド」という架空のマンガが舞台となっており,童話や神話から登場人物が参戦し,競い合うという。デザインはコミックテイストになっており,各所にマンガらしい演出が用意されているようだ。

画像(030)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(031)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 本日,公式サイトのオープンに合わせて,事前登録受付もスタートしている。事前登録者数に応じた報酬が配布される予定のほか,ゲームの先行テストプレイが3月20日から実施される。

 また,「SEKAI NO OWARI」が本作のタイアップアーティストとして選ばれたことも,あらためて発表された。2019年2月27日にリリースされたアルバム「Eye」に収録されている楽曲「Monsoon Night」が,タイアップ曲となっている。

画像(032)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」
画像(033)スマホ向け新作ゲーム「リーグ・オブ・ワンダーランド」の発表会をレポート。キャッチコピーは「ケリつけようぜ。2分で。」

 さまざまなコラボやYouTuber連動企画をはじめ,各種キャンペーンは今後も行っていくとされている。続報も楽しみに待とう。

「リーグ・オブ・ワンダーランド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・ワンダーランド

  • 関連タイトル:

    リーグ・オブ・ワンダーランド

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日