オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
オーバーライド 巨大メカ大乱闘公式サイトへ
  • 3goo
  • 発売日:2019/04/18
  • 価格:パッケージ版:4200円(税抜)
    ダウンロード版:4536円(税込)
    ダウンロード版(本編のみ):3218円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/04/18 11:19

プレイレポート

「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 3gooは本日(2019年4月18日),PS4向けロボットアクションゲーム「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」を発売した。
 本作は,アニメや特撮を思わせる巨大ロボットが多数登場し,街を壊しながら互いに戦うというタイトルで,日本のサブカルチャーからの影響が大きい,楽しい作品に仕上がっている。本稿ではそのプレイレポートをお届けしよう。

画像(001)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」を手がけたのはブラジルのデベロッパであるThe Balance。ブラジル発のロボットゲームだが,メカのデザインには日本のサブカルチャーから大きな影響を受けている箇所が随所に見られるのが特徴である。

 ロボットモノのゲームは,近年だといわゆる“リアル系”のロボットを操って戦争に身を投じるゲームが多い印象だが,本作はいわゆる“スーパー系”の巨大ロボットが活躍するアクションゲームだ。
 街に襲来する敵の機体を蹴散らして地球の平和を守るモードや,大乱闘を繰り広げるマルチプレイモードなどが楽しめる。

ロボットは歩くだけで街がどんどん更地になっていく。街が被害を受けるのは,巨大ロボットや戦隊ヒーローモノではお約束の描写。いくら壊してもペナルティを科されることはないので,安心して大暴れしよう
画像(003)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

日本ステージには地下アイドルを宣伝している看板が……。なぜグリコのポーズをしているのかは謎
画像(002)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう



巨大ロボットを操り,街を巻き込みつつ派手に戦え!


 本作に登場するロボットはDLCで配信予定のものを含めると計16体にのぼる(12体+DLC4体)。ヒーロー然とした「ウォッチボット」や,魔法少女系ヒロインのようなデザインの「クリスタル」,怪獣っぽい「メタゲコン」,テレビとレトロゲーム機を組み合わせたような風貌の「ビンテージ」などいずれも個性的だ。
 また,プレイ実績に応じて,見た目を変える「スキン」や,身体に装着できる「アクセサリー」が解除される。さらに,スキンの中には,クリスタルがセーラー服でパンをくわえた(!)姿になるものや,ロボットの頭を雪だるまにするものなど,ユーモラスなものが多い。いろいろと着飾ってみるといいだろう。

美少女ロボ「クリスタル」。通常は魔法少女系ヒロインのような見た目で,スキンを変えるとセーラー服にパンをくわえる
画像(004)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう 画像(005)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

主人公っぽい「ウォッチボット」。なぜかスキンの中にはサラリーマン風のものも
画像(006)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう 画像(007)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

テレビとレトロゲーム機を組み合わせたような「ビンテージ」。超必殺技「アルティメットアタック」ではROMカセットを自分にセットして戦闘機に変形する。ROMカセットにはサメのマークが入っており,戦闘機が戦う縦スクロールシューティング「飛翔鮫」(Flying Shark)へのオマージュだろうか
画像(008)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう 画像(009)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 ロボットたちの攻撃はパンチやキックがメインで,[L1]で左パンチ,[R1]で右パンチ,[L2]で右キック,[R2]で左キックという独特の操作系を持つ。
 基本的には接近戦が主体となるので,マルチプレイでの4人乱闘では自然と混戦気味になるが,勝利条件は最後まで生き残ること。真正面から堂々と戦うも良し,弱った相手を後ろから狙うも良しと,自分のプレイスタイルで生き残りを目指そう。

画像(012)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

遠距離攻撃の銃や,振りの早いビームサーベル,広範囲を攻撃できる鎌など,ステージ内にランダムでアイテムが降ってくる。いずれも取ると戦局を有利に進められるため,積極的に獲得していきたい
画像(010)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう 画像(011)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 勝つためには,パンチやキックによる打撃だけでなく,打撃を防ぐ「ガード」や,ガードを無効化する溜め攻撃の「チャージアタック」など,さまざまなアクションを状況に応じて使い分ける必要がある。
 ただ,アクションの大半が「ヒートメーター」を上昇させ,最大値に達するとオーバーヒート状態となり,冷却が終わるまで攻撃を繰り出せなくなってしまうため,無闇なラッシュは厳禁だ。相手がガードしているならチャージアタック,チャージアタックを溜めているなら素早く打撃を当てて中断させるといった具合に,相手の動きと自分のヒートメーターを見つつ,最適の行動を探っていきたい。

相手があまりに単調なラッシュを続けているなら,カウンターアタックの狙い所だ。ただし,カウンターアタックの構えには対パンチ用と対キック用の2種類があり,相手が出している技に応じて使い分ける必要がある
画像(013)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 さらに,時間の経過に応じて溜まる「スキルゲージ」を消費すれば,特殊技の「スペシャルアタック」を使うことができる。スペシャルアタックは両手足にさまざまな技が割り振られており,各ロボットの個性を強調している。
 例えば,弓を持つ「ヴィダー」の場合,右手の技が弓矢の射出で,左足の技が罠の設置となっている。相手の動きを罠で封じつつ,弓矢で狙い撃つことが可能だ。

ビンデージの左足スペシャルアタックは,自分の足元にワープポイントを設置し,再度入力するとそこへと瞬間移動する。乱戦から逃げ出して敵同士の自滅を待ちたい時などに有効だろう
画像(014)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

ヴィダーの左足スペシャルアタックは,地面に罠を置く。罠に掛かった相手は一定時間動けなくなる
画像(015)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 そして,ロボットの耐久力が一定値以下になると,超必殺技の「アルティメットアタック」が使える。ウォッチボットはいかにも主人公メカっぽいビームを放ち,プロレスラーのような「ペスカード」は一定時間スピードとパワーがアップする。どのロボットも個性豊かで強力な効果を持つが戦闘中に使えるのは一度限りにつき,ここぞというときに使いたいところだ。

ウォッチボットのアルティメットアタックは主人公メカっぽいビーム
画像(016)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

クリスタルのアルティメットアタックは,ハンマーを持っての大回転
画像(017)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう


1人で遊べるモードはもちろん,4人でロボットを動かす変わったモードも


 本作には1人で遊べる「アーケードモード」をはじめ,オンライン対戦やローカル対戦を楽しめる「マルチプレイモード」などさまざまな遊びが用意されている。
 アーケードモードはストーリーを楽しみながら,世界中を転々とし,宇宙から襲来した怪生物「ゼノタイプ」や,乗っ取られてしまったほかのロボットたちと戦うというものだ。

「アーケードモード」では世界を転戦する
画像(018)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

手に入れた「リサーチブースト」(お金のようなもの)を使い,基本性能を引き上げられる
画像(019)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 1機で多数の敵を相手にすることが多いため,相手を分断するような戦い方や,広範囲を攻撃できる武器の確保,スペシャルアタックの使い所など,立ち回りが特に重要なモードだ。ステージのなかには特定の目標を守るものもあるため,普段と違った戦いが楽しめるだろう。
 また,ステージをクリアすると,ロボットの能力を上げる「MOD」や,チューンナップに使う資金が入手可能だ。特にMODは“自動で耐久力を回復する”,“パンチやキックの威力を上げる”などロボットを大きくパワーアップしてくれるため,良いものを探していきたい。ストーリーでは,自分が選ばなかったほかのロボットのパイロットが登場し,ライバルになったり,友情を築いたりといった展開も用意されている。

クリスタルのパイロット,ムーンは,ちょっと顔が濃い目の少女。頭の上の猫・ノヴァータを溺愛する
画像(020)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

巨大ロボット「セテッシュ」のパイロットであるマリカはムーンを敵視する
画像(021)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

アーケードモードではボス級のゼノタイプも登場。ステージにはゼノタイプの巣があり,破壊しないといくらでも雑魚が出てくる
画像(022)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう 画像(023)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 マルチプレイモードは,4人での乱闘モードも遊べるが,最大4人で1体のロボットを操作するというかなり変わったモードも見逃せない。このモードは,2人だと「上半身」「下半身」,3人だと「下半身」「ヘッド」「アーム」,4人だと「下半身」「ヘッド」「左アーム」「右アーム」に分担して操作していくのだ。詳しい役割分担は以下の通りだ。

●パイロット2人
上半身:パンチ,パンチスペシャル,ガード,カウンター,アルティメットアタック,カメラコントロール,敵のロックオン
下半身:キック,キックスペシャル,移動,ジャンプ,ダッシュ

●パイロット3人
下半身:キック,左キックスペシャル,移動,ジャンプ,ダッシュ
ヘッド:右キックスペシャル,ガード,カウンター,アルティメットアタック,カメラコントロール,敵のロックオン
アーム:パンチ,パンチスペシャル

●パイロット4人
下半身:キック,左キックスペシャル,移動,ジャンプ,ダッシュ
ヘッド:右キックスペシャル,ガード,カウンター,アルティメットアタック,カメラコントロール,敵のロックオン
左アーム:左パンチ,左パンチスペシャル
右アーム:右パンチ,右パンチスペシャル

 筆者も4人でのプレイを体験したのだが,これがまた楽しい。
 まず下半身の操作担当に相手に近づいてもらって,その後ヘッド担当に相手をカメラ内に収めてロックオンしてもらう。そして,状況に応じて左右アームの担当が攻撃する――相手に近寄って攻撃するだけでも,これだけの連携が必要になるのだ。
 もちろん,攻撃だけではなく状況によってはガードを行い,ダッシュ,ジャンプで戦線離脱するということもやっていかなければいけないため,チームワークが非常に重要となる。

1体のロボットを最大4人で操作できるという変わったモード
画像(024)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 しかし,人間が4人も集まると,性格も思惑もバラバラになるのは言わずとも分かるだろう。“右アームの人が攻撃したいと主張するのに,下半身の人は逃げたがっている”,“左アームの人が武器を拾いたがっているのに,ヘッドの人が武器をカメラに収めてくれない”,“右アームの人と左アームの人が別々の敵を狙いたがっていて,どちらを優先すべきかで悩む”など,てんやわんやになることはしょっちゅうだ。
 皆の歯車がいまいちかみ合わない,ぎこちないプレイがなんとも言えず面白く,こうしたロボット操作のアイデアがブラジルから出てきたというのもまた興味深い。オンラインはもちろん,1台のPS4に4台のコントローラを繋いでも良いため,ぜひ購入した人は友達と一緒にこのワイワイ感を味わってほしい。

割と無茶のある4人プレイ。あらぬ方向へカメラが向くなどトラブルの連続だ。スーパー戦隊シリーズは複数人で巨大ロボに乗ることが多いが,コックピットの中はこんな感じでてんやわんやなのだろうか……
画像(025)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう


 本作は,個性豊かな巨大ロボットたちが大暴れする乱闘系ゲームであり,ガードやカウンターアタック,チャージアタックなど,状況や相手の動きに合わせての立ち回りが面白く,変わったマルチプレイモードも一度は体験するべきだと思うぐらいにユニークだ。

 また,巨大ロボットたちのデザインに,いろいろな時代のマンガやアニメからの影響が見られるのも面白い。例えば,日本の怪獣っぽいフォルムをしたメタゲコンは,日本の歌舞伎のような見得を切り,日本のスーパー戦隊ロボのような大剣を振るう。スーパー戦隊ロボ+和のテイストという組み合わせは,すでに「侍戦隊シンケンジャー」などに存在しているが,ここに日本の象徴として怪獣をピックアップしてくるあたりは海外的なアイデアといえるだろう。

メタゲコンのアルティメットアタックは,歌舞伎のような見得を切ってからスーパー戦隊ロボ風の大剣を振るう
画像(026)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう
画像(027)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 ウォッチボットは,顔は「トランスフォーマー」のコンボイ総司令,肩は「機動戦士ガンダム」のガンダムからの影響が見られる。アメリカで生まれた,人間的な“超ロボット生命体”の群像劇であるトランスフォーマーと,兵器ロボットの極北である日本製アニメのガンダムという,地域と方向性が違うアニメが一緒になっているあたりも面白い。

ウォッチボットの頭部は「トランスフォーマー」のコンボイ,肩は「機動戦士ガンダム」のガンダムからの影響が見られる
画像(028)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう
アルティメットアタックではアーマーを纏うが,背中にある翼状の突起は「機動戦士Vガンダム」のV2ガンダムに似ている
画像(029)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

クリスタルの勝利ポーズは明らかに「美少女戦士セーラームーン」だ
画像(030)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

アーケードモードに登場する「ドクター・フジワラ」。巨大なスパナを担いでいるあたりのデフォルメが日本アニメっぽい。また,彼女の台詞は「ジョジョの奇妙な冒険」のブチャラティの名台詞のオマージュだろう
画像(031)「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」プレイレポート。入り乱れての大乱闘や,みんなで1機のロボットを操作する協力プレイを楽しもう

 近年,日本ではロボットゲームやアニメが以前に比べて下火になっているが,そうしたなかで「オーバーライド」は,海外発の「ロボットの巨大感や乱闘の面白さ」をフィーチャーした珍しいタイトルと言えるだろう。スーパー系ロボットや特撮ロボットが好きな人なら楽しめる作品なので,興味のある人はプレイしてみてほしい。

「オーバーライド 巨大メカ大乱闘」公式サイト

  • 関連タイトル:

    オーバーライド 巨大メカ大乱闘

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/05/16)
オーバーライド 巨大メカ大乱闘 スーパーチャージエディション - PS4
Video Games
発売日:2019-04-18
価格:2120円(Amazon) / 3064円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日