オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/15 18:37

イベント

[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 東京ゲームショウ2019の一般公開日初日となった2019年9月14日,バンダイナムコエンターテインメントのブースにて,同社から2020年1月16日に発売が予定されている「ドラゴンボールZ KAKAROT」PS4 / Xbox One)のスペシャルステージイベントが行われた。

画像(001)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

「ドラゴンボール Z KAKAROT」公式サイト


 「悟空体験」をコンセプトとした本作は,プレイヤーは孫 悟空(カカロット)となって,「ドラゴンボールZ」の物語をいちからなぞるアクションRPGだ。メインとなるストーリーだけではなく,フィールド上を移動しているとさまざまな出来事やサブストーリーなどが発生するという,ドラゴンボールの世界でオープンワールドゲームのような体験ができるのも特徴となっている。


 ステージには,本作のプロデューサーである原 良輔氏,集英社のVジャンプ編集部にてドラゴンボールを担当しているビクトリー・ウチダ氏,そしてスペシャルゲストとしてベジータ役の声優・堀川りょうさんが登壇。本作の紹介やドラゴンボールの魅力を語るトークで盛り上がった。
 ゲーム紹介では,悟空以外にも,悟飯ピッコロ青年トランクス,そしてベジータがプレイアブルキャラクターとして登場することや,経験値の獲得には敵を倒す以外にもさまざまな行動が関係してくることが明かされた。

画像(005)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 また,原氏によると「食事」という要素に注力されているとのことで,一定時間のバフだけでなく恒常的にステータスが上がる効果もあるため,食材を獲得して食事をとることが重要になると語られた。

食材を集めてチチのところに持っていくと豪華な料理を作ってくれる
画像(006)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 ゲストが堀川さんということで,ピックアップした2つのゲームシーンに声を当ててもらうというスペシャルコーナーが行われた。堀川さんの熱のこもった演技に,ステージ上はもちろん,会場からも歓声と拍手が送られる。

名ゼリフ「きたねぇ花火だ」を生で披露!
画像(007)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート
画像(008)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 続いてはベジータを操作しての実機プレイにてゲーム内容が紹介された。ここで紹介されたミッションは,ベジータが超サイヤ人になるための修行に使用するため,ブルマの父のブリーフ博士に重力コントロール装置の開発を依頼するが,逆に発明のために素材集めを依頼されるというものだ。

画像(009)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 ゲーム画面ではベジータが,西の都を自由に歩いたり飛び回わったりする姿や,車の前に飛び出しクラクションを鳴らされるといった,これまでのアニメやゲームの中でもなかったシーンを見られた。プレイヤーとしてもかなり貴重な経験ができそうだ。

画像(010)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

西の都の散策中に見つけた天津飯に話しかけるとサブストーリーに突入。1対1の戦闘になった。
 実際の戦闘シーンは,瞬間移動のように小刻みに消えて移動する,地面に叩きつけるとクレーターができるといったアニメさながらの表現となっており,バトル自体もアクション性の高いスピーディーな展開が楽しめた。手ごわい敵もレベルを上げて挑むことで倒せるようになるとのことで,アクションゲームが苦手な人も安心してプレイできそうだ。

画像(011)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 ミニゲームとなる「釣り」では,釣りあげた巨大魚を叩き落すという豪快なフィッシングを見せ,付近を散策して発見した焚火で魚を調理する場面も披露された。

調理方法は豪快に“丸焼き”
画像(012)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート
画像(002)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 目的の素材を発見して手に入れたところでフリーザ軍の戦闘兵が現れ,今度は1体多数の集団戦となる。1体ずつなら大した敵ではないが,まとめてかかってくるとなかなかの脅威である。何度かダメージを受けたり,複数の攻撃で技が中断されたりするなどあって,先ほどの天津飯との1対1のバトルに比べてやや長めの戦闘となった。そんなこんながありながらも,最後は特殊演出でかっこよくフィニッシュ。

必殺技のギャリック砲が炸裂!
画像(003)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート
画像(004)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート

 ビクトリー・ウチダさんは「今までになかった細かいストーリーの作り込みや,フィールドの広さに驚いた」,堀川さんは「ドラゴンボールの世界を体験できるような内容で,実際にゲームの中に入りたくなった」と,それぞれ興奮気味に感想を述べた。最後は「オッス!オラ,悟空!」で始まるお馴染みの次回予告風のCMが流れてイベントは終了した。

 本作での楽しみな部分の一つに,今までのドラゴンボールのゲームにないくらいに戦闘以外の要素が充実しているところがある。公式サイトでも狩猟や果物採取などが紹介されていたが,ベジータの釣りや調理といった場面を実際に見れたことでより期待度が高まった。ほかにどのようなアクティビティ要素があるのかも楽しみだ。

左からビクトリー・ウチダ氏,堀川りょうさん,原 良輔氏
画像(013)[TGS 2019]ベジータのミッションをとおしてゲームを紹介。「ドラゴンボールZ KAKAROT」スペシャルステージをレポート
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

「ドラゴンボール Z KAKAROT」公式サイト


4Gamer「TGS 2019」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ドラゴンボール Z KAKAROT

  • 関連タイトル:

    ドラゴンボール Z KAKAROT

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月15日〜10月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月