オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2018]「リネ2」の元アートディレクターが開発に参加している,「Lyn:The Lightbringer」直撮りプレイムービー2本をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/16 15:03

プレイレポート

[G-Star 2018]「リネ2」の元アートディレクターが開発に参加している,「Lyn:The Lightbringer」直撮りプレイムービー2本をお届け

画像(001)[G-Star 2018]「リネ2」の元アートディレクターが開発に参加している,「Lyn:The Lightbringer」直撮りプレイムービー2本をお届け
 韓国・釜山で2018年11月15日から18日まで開催されるゲームショウG-Star 2018にて,Nexon Koreaの新作スマートフォン用RPG「Lyn:The Lightbringer」iOS / Android)がプレイアブル出展されている。

 本作は,「リネージュ2」でアートディレクターを務めたJuno Jeong氏が開発に参加していることでも注目されており,今回のプレイアブル出展によって具体的なゲーム内容が明かされることとなった。

 Lynの大きなトピックは,Jeong氏のイラストをもとに制作された150人以上のキャラクターが登場することで,ゲームジャンル的にはリアルタイムで進行するコマンドバトルを採用したRPGという雰囲気だ。
 バトルの進行はセミオートで,移動や通常攻撃,ターゲティングをそれぞれのキャラが自動で判断し,プレイヤーは任意操作でアクティブスキルを発動する。そのうえで,スキル発動も自動化するフルオートモード,バトルの進行を速める倍速モードも搭載されている。


 プレイアブルバージョンでは詳しく確認できなかったが,各キャラには装備品の枠が存在しており,高レアな武器や防具を集めて装備させることで強化できるようであった。ちなみに言語の壁がありながらの試遊であったが,ゲームの進行に困ることはなかったので,スマホRPGの経験者であれば感覚的に理解して遊びやすいものと思われる。

 また,先日公開されたキャラクターイラスト(関連記事)と比べてみると分かりやすいが,元のイラストを忠実に再現している3Dのキャラクターモデルも見どころだ。限界突破あるいはそれに相当する条件を満たすことで,キャラの見た目が変わるのもポイントである。気になるところは,ぜひムービーで確認してみてほしい。


G-Star 2018記事一覧

  • 関連タイトル:

    Lyn:The Lightbringer

  • 関連タイトル:

    Lyn:The Lightbringer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月16日〜09月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月