オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
セガの新作アーケードゲーム「クロノレガリア」のプレ・ロケテストに参加。「千閃戦記」から進化を遂げた“ノンジャンルバトル”の魅力に迫る
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/07/23 14:15

イベント

セガの新作アーケードゲーム「クロノレガリア」のプレ・ロケテストに参加。「千閃戦記」から進化を遂げた“ノンジャンルバトル”の魅力に迫る

 セガ・インタラクティブは,新作アーケードゲーム「クロノレガリア」のプレ・ロケテスト2018年7月20日から22日まで開催した関連記事)。本作は,今年1月にロケテストが実施されたアーケードゲーム「千閃戦記」を前身とするタイトルだ(関連記事)。
 本稿では,そんな「クロノレガリア」のプレイインプレッションを「千閃戦記」との比較を交えつつお届けする。



ユーザーの声とアーケードゲームらしさを追求して,新生した「クロノレガリア」


 「クロノレガリア」は大型タッチモニターの筐体を使用する1対1の対戦ゲームだ(筐体は「コード・オブ・ジョーカー」や「Wonderland Wars」で採用されているものと同タイプ)。プレイヤーは「クロノス」と呼ばれる時を司る神となり,ファイターやクレリック,ウィッチといったユニットにリアルタイムで指示を出し,対戦相手のクロノス撃破を目指していく。

フィールドに5つ存在するレーンへユニットを出撃させ,画面奥までたどり着いて敵クロノスにダメージを与えていくのが,本作を遊ぶ上での基本となる
クロノレガリア


各ユニットには武器(ユニットの出撃),魔法,道具といったカードが用意されており,1ユニットにつき6種類のカードを持たせて対戦の場に送り出せる。武器は,ファイターなら直接攻撃に特化した効果,クレリックならHPを回復する効果など,それぞれの役割に応じたものになっている
クロノレガリア クロノレガリア

 「クロノレガリア」のゲームルールは,RTSのようなゲーム形式にデジタルTCGの戦略性を組み込んだ独自性の高いものだ。大まかなルールは,今年1月に発表された「千閃戦記」においてもすでに採用されていた。

 本作は,開発スタッフいわく「千閃戦記」のプレ・ロケテストで寄せられたユーザーの声を受け,“アーケードゲームらしさ”を追求したものになっているという。
 まずプレイして「千閃戦記」から変わったと感じたのは,全体的なゲームスピードだ。不要なカードをMPに変換できるシステムが追加されたことにより,ユニットの出撃や魔法の詠唱に必要なコストが溜まるスピードが格段に早まり,ゲームのテンポがアップしている。
 加えて「クロノレガリア」では,試合の残り時間が50カウントを切ると,敵クロノスまでの距離が5マスから3マスに縮まるシステム「クライマックス」が導入され,試合の動くポイントが分かりやすく可視化されていた。

 これらの仕掛けは「千閃戦記」でのプレ・ロケテスト時に,カードの効果やゲームシステムが分かっているプレイヤー同士ほど,「試合が間延びしやすい」傾向があったため導入されたとのこと。
 それにより,カードを場に出すテンポと,要求される操作スピードはアクションゲーム並みになっていた。ある程度の長考が許されるPCやスマートフォンのRTS,デジタルTCGとは異なる即時即断が求められるプレイフィールへと「クロノレガリア」は変化していた。

カードをMPに変換できるシステムにより,序盤からそこそこ重めのコストの魔法やユニット(武器カード)が使用可能
クロノレガリア

クライマックス突入後は数秒で大チャンスと大ピンチが訪れるようになり,ゲームスピードが大きく加速する
クロノレガリア

「千閃戦記」では防御力で示されていたユニットの耐久値がHPに変化したのも特徴。1回の攻防でユニットが消滅することが減り,魔法やアイテムの強化で戦況を変えやすくなった
クロノレガリア

 「千閃戦記」をプレイしたことのある筆者としては,画面のレイアウトがブラッシュアップされていて戦況やカードの効果が分かりやすくなっていた点や,「神器」を使った攻撃が派手になっていた点,そして,早見沙織さんがキャラクターボイスを担当するのナビゲーションキャラ(現在名前を公募中)が登場するなど,演出面の進化も見逃せないポイントだった。
 本作は,使用するレーンやユニットの数を減らした状態でのプレイが可能なチュートリアルも用意されていたので,本作ならではのゲームシステムや対戦の魅力を体感しやすいはず。新しいアーケードゲーム,特に1対1の対戦ゲームに興味のある人は,本稼働後に一度触れてみてほしいタイトルだ。

使用できるレーンを絞り,ゲームの基本ルールをわかりやすく説明するチュートリアルモード
クロノレガリア

今回のプレ・ロケテストでは1試合プレイするごとに,本稼働後も使える神器カードを最大6枚入手することができた
クロノレガリア

※7月23日16:00 誤りがありましたので訂正しました。

「クロノレガリア」公式サイト

  • 関連タイトル:

    クロノレガリア

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月