オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
THE QUIET MAN公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「THE QUIET MAN」の最新情報公開。それは,ニューヨークのクラブで起きた一夜の出来事
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/10 00:00

ニュース

「THE QUIET MAN」の最新情報公開。それは,ニューヨークのクラブで起きた一夜の出来事

 2018年6月12日,E3 2018に合わせて配信された「SQUARE ENIX E3 SHOWCASE 2018」において電撃的に発表された,スクウェア・エニックスのPC(Steam)PlayStation 4向け新作タイトル「THE QUIET MAN」

THE QUIET MAN

「THE QUIET MAN」公式サイト


 ムービーが公開されただけで,発表の段階では詳細がまったく不明だったが,翌週の6月18日に続報が公開され「音楽やセリフ,字幕による情報伝達がなく,起きている出来事からプレイヤーがストーリーを考察する」という驚くべきゲームシステムや,実写パートとCGによるアクションパートに分かれていることなどが明らかになった。
 そして8月9日20:00から,初となる実機プレイデモが配信され,ゲームの輪郭が明らかになってきた。

THE QUIET MAN
THE QUIET MAN

 ゲームの舞台となるのは,ニューヨークのナイトクラブ「Club Moonrise」で,主人公はデインという青年だ。ある夜,クラブが襲撃され,そこで歌うララが誘拐される……という発端から,謎の「仮面の男」や,ギャングメンバー,警察官,そしてクラブのオーナーなど多彩な人物が織りなす一夜の――ゲーム内時間で約3時間で終わる物語が描かれるという。
 音や言葉を排して映像に語らせるというゲームシステムのため,CGパートに登場するロケーションはリアリティが追求されており,実写を思わせるディテールで描かれている。さらに,デインを操作して行う攻撃には多数のコンボが用意されており,バトルも楽しめそうだ。
 大手ゲームメーカーの新作としては,異例とも思えるほど大胆な試みに挑む本作。詳しくは,プロデューサーレターの第2弾も含まれた以下のリリース文を参照してほしい。

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



 THE QUIET MAN
THE QUIET MAN
音をこえて、言葉をこえて―


THE QUIET MANとは?

SQUARE ENIXが世界に向けて発信する
実写のストーリーパートと
CGのアクションパートで構成された
シネマティックアクションです。

本作は、一部を除いて基本的に
音楽・台詞・字幕による情報伝達はありません。
起こっている出来事からストーリーを考察し、
紡いでいく作品性となっています。

さらに―
ダウンロードタイトルとして展開する本作は、
約3時間の濃密なゲーム体験・
ドラマティックに描くための究極のCGクオリティを目指し、
鋭意制作中です。


タイトル名:ザ クワイエット マン
プラットフォーム:PlayStation 4/Steam
価格:1,800円+税
ジャンル:シネマティックアクション
CERO:D



THE QUIET MAN
籠の小鳥は歌えない

広い空だと信じた場所は

どこより狭い檻の中

夜でも明るい 月夜の牢獄

出口がないと気づけば最後

小鳥はもう歌えない

もう一度歌えるように

籠から出してあげよう




THE QUIET MAN ストーリーライン
THE QUIET MAN
THE QUIET MAN
THE QUIET MAN

摩天楼ニューヨークを舞台に、「Club Moonrise」というナイトクラブがメインストーリーの中心となる。

とある夜、いつものようにステージに立つ歌姫ララ。
しかし、その夜だけはいつもとは違う夜だった・・・。
Club Moonriseへの襲撃、ララの誘拐、取り巻く人間たちの歯車が動き出す。

これは、一夜に起きた3時間の物語―


THE QUIET MAN 人物紹介

主人公:デイン
THE QUIET MAN
Club Moonriseの歌姫:ララ
THE QUIET MAN
謎多き誘拐犯:仮面の男
THE QUIET MAN

今回、新たな登場する人物は「Club Moonrise」というナイトクラブで歌姫として活躍しているヒロイン「ララ」。
そして、謎多き「仮面の男」。
彼の目的とは一体・・・・?

Club Moonriseのオーナー:テイ
THE QUIET MAN
ギャングSOL33のメンバー:マルセロ ギャングSOL33のメンバー:ピーター
THE QUIET MAN THE QUIET MAN
デインを知る警察官:アッシュ警部補
THE QUIET MAN

主人公デインを取り巻いている周辺の重要人物たち


THE QUIET MAN フォトリアルなロケーション
THE QUIET MAN
THE QUIET MAN

本作に登場する様々なロケーション。
そのすべてが細部に渡って作りこまれており、臨場感をただよわせる。

THE QUIET MAN THE QUIET MAN

ライティングエフェクト、テクスチャ表現など実写を思わせるようなディテール。足元の床材にいたるまで、フォトリアルを追求している。


THE QUIET MAN バリエーション豊富なコンバットアクション
THE QUIET MAN
THE QUIET MAN THE QUIET MAN

主人公デインを操作するバトルは、基本スタイルとして打撃がメインとなる。
打撃、回避、つかみ。そこから派生していくコンボは非常に多数存在している。
誘拐された歌姫を救い出すため、デインは感情を捨て、暴徒を完膚なきまでに叩き潰す。


THE QUIET MAN Producer’s Letter Vol.02
「THE QUIET MAN」は、スクウェア・エニックスブランドにはなかった極めて「インディ」なタイトルです。

昨今、多くの大型タイトルが、正しいと証明された決まりごとの範囲の中で、同じことを繰り返しているように思えてしまうことがあります。
そして一方で、インディデベロッパー達の方が、大きなパブリッシャーよりもクリエイティブで、はるかに挑戦的であるように感じられるのです。それは最先端の技術的な挑戦、ということよりもむしろ、ビデオゲームというデジタルエンターテイメントの在り方そのものに対する、自由で純粋な提案に満ちています。

私自身、所謂AAAと呼ばれる、長い年月と莫大な予算を以て築き上げられる超大型タイトルも大好きで、自社・他社問わず、心から楽しみにしているシリーズ最新作も多くあります。
偉大な先人達が作り上げたアイデアを巨体なチームが一丸となって磨き、そして昇華を続けることは、とても気高く困難な道に違いありません。
ですが、すべてのゲームがそうでなければならない筈はありません。そして何より、SQUARE ENIXのプロデューサーであるということが、既存の正解を無視するような挑戦を恐れることを、肯定していい筈はないのです。

「音や言葉を排する」という無謀なコンセプトに加えて、THE QUIET MANは新しいバランスを模索したタイトルでもあります。
1,800円という映画基準の価格、その価格に見合わないグラフィッククオリティ、それを実現させるために踏み切った「約3時間」という極端なコンパクト設計、物語を味わい解き明かすことを主軸とした「観ること」と「触ること」の大胆な比重設定――― 馬鹿げていると笑われることを覚悟した、私たちの挑戦です。


THE QUIET MANはとても小さなゲームです。どこから見ても七色に輝きを放つような、豪華絢爛な宝石箱ではありません。
それでも、私たちの小さなチームにとって不相応なほどの挑戦に満ちたこの小さな小さな石が、お客様の誰かの心の奥で一粒のダイヤモンドのように輝くことがあるなら、それに勝る喜びはありません。

THE QUIET MAN プロデューサー
藤永 健生
  • 関連タイトル:

    THE QUIET MAN

  • 関連タイトル:

    THE QUIET MAN

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
78
ブラウンダスト (iPhone)
77
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
65
Ar:pieL (PC)
63
2018年02月〜2018年08月