オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/14 22:01

ニュース

GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に

 2019年3月14日22:00,NVIDIAの新型GPU「GeForce GTX 1660」(以下,GTX 1660)の発表と搭載カードの販売解禁に合わせて,ZOTAC Technology(以下,ZOTAC),MSI,玄人志向,GIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE)から,同GPU搭載のグラフィックスカードが一斉に発表となった。
 税込のメーカーおよび販売代理店想定売価は,3万円台前半が中心であるが,NVIDIAが発表した北米における想定売価が219ドル(税別)〜となっているのに比べると,割高に感じる製品が多いのは残念なところだ。

 本稿では,各社のGTX 1660搭載カードを,ニュースリリースの到着順に簡単に紹介しよう。


ZOTAC


 アスクは,GTX 1660搭載のZOTAC製グラフィックスカードとして,以下の2製品を国内発売すると発表した。

  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5
    (型番:ZTGTX1660-6GB/ZT-T16600F-10L):販売代理店想定売価2万7800円(税込3万24円)前後
  • ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 AMP 6GB GDDR5
    (型番:ZTGTX1660-6GBAMP/ZT-T16600D-10M):販売代理店想定売価3万2800円(税込3万5424円)前後

 発売時期は順に3月14日,4月予定となっている。

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5
画像集#002のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に 画像集#003のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に

ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 AMP 6GB GDDR5
画像集#004のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に 画像集#005のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に

 ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5は,80mm径と70mm径という異なるサイズの空冷ファン2基を組み合わせて,カード長約174mmというコンパクトサイズを実現したのが見どころだ。ブースト最大クロックはリファレンス仕様と同じ1785MHzとなっている。

 一方のZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 AMP 6GB GDDR5は,カード長約210mmと比較的コンパクトなサイズでありながら,ブースト最大クロックが1845MHzというクロックアップモデルなのが特徴だ。

アスクのZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5製品情報ページ

アスクのZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 AMP 6GB GDDR5製品情報ページ



MSI


 MSIからは,以下の2製品が3月14日本稿掲載時点で発売となっている。

  • GeForce GTX 1660 GAMING X 6G:販売代理店想定売価3万3980円(税込3万6698円)前後
  • GeForce GTX 1660 AERO ITX 6G OC:販売代理店想定売価2万9800円(税込3万2184円)前後

画像集#006のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に
GeForce GTX 1660 GAMING X 6G
画像集#007のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に
GeForce GTX 1660 AERO ITX 6G OC

 GeForce GTX 1660 GAMING X 6Gは,2基の大型空冷ファンを組み合わせた独自の冷却機構「TWIN FROZR 7」を採用するのが特徴の製品で,ブースト最大クロックは1860MHzというクロックアップモデルとなっている。ただ,カード長は247mm,カードの高さは127mmと,GTX 1660搭載カードとしてはやや大きめのほうだ。

 GeForce GTX 1660 AERO ITX 6G OCは,シングルファン仕様の冷却機構を採用する製品で,カード長約178mmというコンパクトなサイズが特徴である。ただ,高さは約126mmと背が高めな点には注意が必要だろう。ブースト最大クロックは1830MHzと,こちらもメーカーレベルのクロックアップモデルである。
 また,ビデオ出力インタフェースとしてDual-link DVI-D出力を備えているのも珍しいところだ。

MSIのGeForce GTX 1660 GAMING X 6G製品情報ページ

MSIのGeForce GTX 1660 AERO ITX 6G OC製品情報ページ



玄人志向


 CFD販売は,玄人志向ブランドから「GF-GTX1660-E6GB/OC/DF」を3月中旬に発売すると発表した。販売代理店想定売価は2万9800円(税込3万2184円)前後となっている。

GF-GTX1660-E6GB/OC/DF
画像集#008のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に

 クロックアップ仕様であるが,ブースト最大クロックは1800MHzと,リファンレスに比べわずかに高い程度だ。Dual-link DVI-D出力を備えるのもポイントの1つと言えようか。

玄人志向のGF-GTX1660-E6GB/OC/DF製品情報ページ



GIGABYTE


 CFD販売からは,GIGABYTE製のGTX 1660搭載グラフィックスカードとして,以下の2製品も発表となった。発売時期はいずれも3月中旬の予定である。

  • GV-N1660GAMING OC-6GD:販売代理店想定売価3万1980円(税込3万4538円)前後
  • GV-N1660OC-6GD:販売代理店想定売価3万980円(税込3万3458円)前後

画像集#009のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に
GV-N1660GAMING OC-6GD
画像集#010のサムネイル/GeForce GTX 1660搭載カードを各社が発表。中心価格帯は3万円台前半に
GV-N1660OC-6GD

 GV-N1660GAMING OC-6GDは,今回発表となったGTX 1660搭載カードでは唯一の,3基の80mm径空冷ファンを並べた「WINDFORCE 3X」クーラーを搭載するのが特徴の製品だ。メーカーレベルのクロックアップモデルで,ブースト最大クロックは1860MHzと,他社製品よりやや高めなのが見どころと言えよう。

 一方のGV-N1660OC-6GDは,90mm径の空冷ファン2基を搭載する「WINDFORCE 2X」クーラーを採用する製品だ。こちらもクロックアップモデルで,ブースト最大クロックは1830MHzとなっている。

CFD販売のGV-N1660GAMING OC-6GD製品情報ページ

CFD販売のGV-N1660OC-6GD製品情報ページ


  • 関連タイトル:

    GeForce RTX 20,GeForce GTX 16

  • 関連タイトル:

    ZOTAC GAMING(旧称:ZOTAC Gaming)

  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月22日〜01月23日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月