オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2018/12/07
  • 価格:7200円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
88
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/13 01:14

ニュース

[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に

 CESA(コンピュータエンターテインメント協会)が主催する,「日本ゲーム大賞 2019」で,年間作品部門の受賞作品,経済産業大臣賞,ゲームデザイナーズ大賞が発表された。

画像(001)[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に

画像(002)[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に

 今年の年間作品部門の大賞は,任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が授賞した。メーカーの垣根を越え,個性あふれるさまざまなキャラクターを操作する楽しさやバトルの爽快感を味わうことができ,一般投票では子供からシニアまで多くのユーザーから票を集め,満場一致での大賞受賞となったようだ。さらに,同タイトルは「ベストセールス賞」「グローバル賞 日本作品部門」「優秀賞」と合計4賞を獲得している。
 また,日本ゲーム大賞選考委員の推薦により与えられる特別賞を,同じく任天堂の「Nintendo Labo」が受賞している。

 なお,優秀賞,グローバル賞海外作品部門の選出作品は以下のとおりだ。選評については,記事末のリリース文で確認してほしい。

「日本ゲーム大賞 2019 年間作品部門」各賞一覧 (各賞内:カナ50音順)

画像(003)[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に
【略称 プラットフォーム名称】 PS4: PlayStation 4 / PC: Windows

 経済産業大臣賞は,年間作品部門で大賞を獲得した大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALを開発した「大乱闘スマッシュブラザーズ プロジェクトチーム」が受賞した。やはり,日本発のエンターテイメント作品として,国内だけでなく海外市場においても多くのユーザーから支持を受け,ゲーム産業の発展に大きく貢献したことなどが受賞理由になったようだ。

 また,日本を代表する9人のクリエイターが選ぶゲームデザイナーズ大賞は,PlayStation VR向けアクション「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」が獲得した。審査委員長である桜井政博氏によると,斬新というよりは磨き込みが光る作品で,ASTRO BOT:RESCUE MISSIONでしか味わえない感覚や遊びが多数あるところが評価されたという。

日本ゲーム大賞公式サイト


4Gamerの東京ゲームショウ2019特設ページ


平成最後の「年間作品部門」各賞が決定!
「大賞」は
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』
(任天堂株式会社)
●「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が4賞を獲得!
●「Nintendo Labo」が特別賞を受賞!

「日本ゲーム大賞 2019(JGA2019)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA、会長:早川英樹)では、年間を代表するに相応しい作品が選出される「日本ゲーム大賞 2019 年間作品部門」の受賞各賞を決定しました。最も栄誉ある「大賞」は、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(任天堂株式会社)が受賞しました。
また、今年度は、日本ゲーム大賞選考委員の推薦により与えられる特別賞に「Nintendo Labo」(任天堂株式会社)が選出されました。

「日本ゲーム大賞 2019」は、18年4月から19年3月末までの間、日本国内で発売された作品が対象となり、まさに平成最後の年間を代表するにふさわしい作品が選ばれました。日本ゲーム大賞 2019『年間作品部門』の各賞は、以下の通りです。

「日本ゲーム大賞 2019 年間作品部門」各賞一覧 (各賞内:カナ50音順)

画像(004)[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に
【略称 プラットフォーム名称】 PS4: PlayStation 4 / PC: Windows

平成最後を飾る作品は「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」!
『大賞』、『ベストセールス賞』、『グローバル賞 日本作品部門』、『優秀賞』の4賞を獲得!

全世界待望の「スマッシュブラザーズ」シリーズ最新作。
メーカーの垣根を越え、個性あふれるキャラクターを操作する楽しさとバトルの爽快感、そして過去最大規模のボリュームで制作された本作は、国内においてベストセールスを記録すると共に、海外市場においても高い支持を得ました。
また、一般投票では、子どもからシニアまで、多くのユーザーから投票を集めるなど、まさに平成最後を飾る作品として、満場一致での『大賞』を受賞したほか、『ベストセールス賞』、『グローバル賞 日本作品部門』、そして『優秀賞』の合計4賞を獲得しました。

■「Nintendo Labo」が『特別賞』を受賞!
「Nintendo Labo」は、“つくる・あそぶ・わかる”がコンセプト。
段ボール製のコントローラーを自分で組み立て、Nintendo Switch と組み合わせて遊ぶことで、ゲームの仕組みがわかったり、自分で考えたゲームを発明したり、ハードの機能を活かした新たなゲームの楽しみ方と、これまでになかった「作る楽しさ」を提供した点が選考委員会で評価され、今回、「特別賞」を受賞されました。

■そのほかにも平成最後の年に活躍した作品が続々と「優秀賞」を獲得!
●「エーペックスレジェンズ」
タイタンフォールの世界を舞台に、3人でチームを組んで挑むバトルロイヤルシューティングゲーム。
今までにないバトルロイヤルゲームとして、FPS初心者をはじめ多くのユーザーから支持が寄せられました。

●「KINGDOM HEARTS III」
世界的人気を誇るアクションRPG「キングダムハーツ」最新作。
「アナと雪の女王」「ベイマックス」、そして初めてのピクサー作品からは「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」のキャラクターも新登場。PS4で圧倒的な進化を遂げた本作に、FFファン、ディズニーファンをはじめその発売を待ち望んだ多くファンからの期待に見事に応え、支持が寄せられました。

●「JUDGE EYES:死神の遺言」
「龍が如くスタジオ」開発。東洋一の歓楽街「神室町」を舞台に、連続猟奇殺人事件の謎を追う、本格リーガルサスペンスアクション。主人公を演じる木村拓哉をはじめ豪華キャスト陣を起用し大きな話題に。そして謎が謎を呼ぶドラマ性ある映画のようなストーリーに、感情移入したユーザーから絶賛と、早くも続編を望む声が寄せられての受賞となりました。

●「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」
独特の世界観で描かれた戦国時代末期を舞台に、隻腕の忍者が活躍するアクション・アドベンチャーゲーム。
戦闘スタイルの進化のみならず、映像、BGM、SEなどで世界観を見事に表現。抜群の骨太の難易度と困難を乗り越えて敵を倒した時の達成感に熱狂的なファンからの支持が寄せられました。

●「Detroit: Become Human」
2038年、人工知能やロボット工学が高度に発展を遂げたアンドロイド産業の都「デトロイト」が舞台の SF オープンシナリオ・アドベンチャーゲーム。
プレイヤーは、自身の選択によって、様々なエピソードを体験。その選択を重ねるたびに増す、ゲームへの没入感とキャラクターへの感情移入。多くのユーザーから「感動した」「心を揺さぶられた」との声が寄せられました。

●「Devil May Cry 5」
11年ぶりに登場した「デビルメイクライ」シリーズ最新作。
最新ゲームエンジンによるフォトリアルとスタイリッシュなアクションの爽快感。
そのクオリティの高さにシリーズファンはもとより、本作を初めてプレイしたユーザーからも「アクションゲームの最高峰」との声が寄せられました。

●「ドラゴンクエストビルダーズ 2 破壊神シドーとからっぽの島」
ブロックメイクRPG「ドラゴンクエストビルダーズ」最新作。最大4人で遊べるマルチプレイとパワーアップした「モノづくり」の楽しさと、胸を熱くするストーリー。
更に、ユーザーの要望を反映するアップデートやダウンロードコンテンツや、ユーザー投稿型コンテンツなど、発売後も広がり続ける楽しさに、多くの支持が寄せられました。

●「BIOHAZARD RE:2」
1998年発売 シリーズ屈指の人気を誇る「バイオハザード2」を原作に、現在の開発環境において再考証、再構築した作品。自社開発ゲームエンジン“RE ENGINE”による最新テクノロジーにより、迫りくるゾンビの恐怖感と臨場感などに対し、多くのファンから「これぞバイオハザード」「原作を超えた再新作」との声が寄せられました。

●「Marvel’s Spider-man」
アメリカンコミックのヒーロー「スパイダーマン」が活躍する究極のオープンワールドアクションアドベンチャー。映画ともコミックとも異なる完全オリジナルのストーリーで、強敵「スーパーヴィラン」との戦いを描いた作品。
スーパーヒーロー「スパイダーマン」を操るスリルと興奮に多くのユーザーから高い支持が寄せられました。

●「メギド72」
伝説のソロモンの指輪の力で主人公が72柱の悪魔「メギド」たちと冒険を繰り広げるスマホRPG。斬新なバトルと秀逸なストーリー展開、3Dで描かれた個性あふれるキャラクターや生音源で作られたゲーム音楽など、その全てのクオリティの高さに、多くのファンから「スマホRPG の最高傑作」「もはやスマホの枠を超えた」との絶賛の声が寄せられました。

■「レッド・デッド・リデンプション 2」が『グローバル賞 海外作品部門』を受賞!
世界中で大ヒットを記録した「レッド・デッド・リデンプション」最新作。
1899年のアメリカを舞台に、前作を超えるスケールと、圧倒的な自由度で、最後の無法者たちの戦いをシリアス描いた本作は、その発売を待ち望んだ世界中のファンからの圧倒的な支持を受けての受賞となりました。

当協会では、今後も日本ゲーム大賞を通じて、より多くの方々に、コンピュータエンターテインメントのもつ楽しさ、素晴らしさを伝え、日本のゲーム産業の発展に寄与することを目指してまいります。
来年の『日本ゲーム大賞 2020』に是非、ご期待ください。



経済産業大臣賞
大乱闘スマッシュブラザーズ プロジェクトチーム

「日本ゲーム大賞 2019(Japan Game Awards 2019)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA、会長:早川英樹)では、「大乱闘スマッシュブラザーズ プロジェクトチーム」を『日本ゲーム大賞 2019 経済産業大臣賞』に決定しました。

本日、東京ゲームショウ 2019(会場:幕張メッセ)内で発表授賞式を執り行い、同チームに賞状が授与されました。

【受賞理由】
メーカーの垣根を越え、任天堂をはじめとする数多くの作品から様々な人気キャラクターが登場する豪華コラボレーション作品。

過去作品に登場した全キャラクターが参戦、さらには、ステージ、アイテム、BGMなど、全ての要素がシリーズ史上最大規模で作り込こまれた本作は、2018年12月の発売から約1ヶ月で世界累計1200万本を突破。日本発のエンターテイメント作品として、国内のみならず海外市場においても多くのユーザーから支持を受け、当産業の発展に大きく貢献された点が評価されての受賞となりました。

「日本ゲーム大賞 経済産業大臣賞」は、近年に制作・発表された作品の実績から日本のコンピュータエンターテインメントソフトウェア産業の成長・発展に寄与し、多大なる貢献をされた人物や団体に贈られる賞として、2008年に設立されました。選考は、日本ゲーム大賞選考委員による厳選なる審査を行い、決定しております。

【経済産業大臣賞 歴代受賞者】

画像(005)[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に



ゲームデザイナーズ大賞 2019
『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』
(Sony Interactive Entertainment)
プラットフォーム:PS VR

「日本ゲーム大賞 2019(JGA2019)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA、会長:早川英樹)は、『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』(Sony Interactive Entertainment)を2019年度の「ゲームデザイナーズ大賞」に決定しました。

ゲームデザイナーズ大賞の審査員長である桜井政博氏(有限会社ソラ代表)からの受賞理由です:

家庭用ゲーム機のVR作品として、最も高い完成度を誇る作品です。
操作するキャラクターのみならず、手にしたコントローラーやヘッドセット(≒カメラ)自体をもゲーム世界に介在させる手法などは、没入感に注視しがちなVR作品に対するひとつの解答になっています。

斬新というよりは磨き込みが光る作品ですが、『ASTRO BOT』でしか味わえないであろう感覚や遊びは多数あり、結果的に唯一の作品であると評価されました。

ゲームデザイナーズ大賞は、日本を代表する9名のトップクリエイターが、プロの視点から「独創性」や「斬新性」などの評価軸で選出する賞です。今後のゲーム産業の発展のための一つの指標として、創造性豊かな作品に贈られる来年の「ゲームデザイナーズ大賞2020」に是非ご期待ください。

「ゲームデザイナーズ大賞 2019」審査員(敬称略、五十音順)

画像(006)[TGS 2019]「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が「日本ゲーム大賞2019」年間作品部門の大賞を受賞。そのほかの受賞作も発表に

  • 関連タイトル:

    大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

  • 関連タイトル:

    Nintendo Labo

  • 関連タイトル:

    ASTRO BOT:RESCUE MISSION

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
75
DEATH STRANDING (PS4)
74
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月