オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
荒野行動-Knives Out-公式サイトへ
  • NetEase Games
  • 発売日:2017/12/14
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/02 14:09

リリース

テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開

「荒野行動」に関する調査
配信元 テスティー 配信日 2018/11/02

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


【10代・20代男女1,406名対象】テスティー
「荒野行動」に関するNPS調査を実施
〜NPS調査から、若年層荒野行動プレイヤーの
流入経路やプレイ状況、課金状況を分析〜

株式会社テスティー(本社:東京都中央区、代表取締役:横江優希)は、男女1,406名(10代703名、20代703名)を対象に「荒野行動」に関する調査を実施しました。

画像(001)テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開

■調査記事URL:
https://lab.testee.co/knivesout-result

<TOPICS>
■【若年層】荒野行動プレイヤーのプレイ状況・課金状況
■アプリダウンロードのきっかけは「家族・友人の紹介」、「動画アプリ・サービス」
■【NPS調査】若年層が「荒野行動」を支持する理由とスコア別利用状況


<調査概要>
■【若年層】荒野行動プレイヤーのプレイ状況・課金状況(調査記事一部抜粋)
・荒野行動プレイヤーの27.7%が「毎日プレイする」と回答。

・荒野行動のアプリ内課金経験者は26.7%。荒野行動プレイヤーのゲーム課金経験率が60.1%であることから、ゲーム課金経験者であっても荒野行動ではあまり課金をしていないと推察される。

・プレイ環境は、第1位「一人でプレイする」72.7%、第2位「友人と集まってプレイする」64.2%、第3位「離れた友人と通話しながらプレイする」54.5%という結果に。ソロプレイヤーが多いものの、大人数でプレイ可能な「荒野行動」では、複数の友人と一緒に楽しむユーザーが多い傾向にある。

画像(002)テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開

■ダウンロードのきっかけは「家族・友人の紹介」、「動画アプリ・サービス」(調査記事一部抜粋)
・荒野行動ダウンロードのきっかけは、第1位「家族・友人の紹介」59.3%、第2位「動画アプリ・サービス」53.1%、第3位「アプリストア検索」「SNS」17.6%と判明。

・ゲームアプリ利用者全般においては、ダウンロードきっかけとして「アプリストア検索」が半数以上と最も多いのに対し、荒野行動では約6割が「家族・友人の紹介」をきっかけにダウンロードしている。

画像(003)テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開

■【NPS調査】若年層が「荒野行動」を支持する理由とスコア別利用状況(記事内一部抜粋)
・荒野行動プレイヤー対象のNPS調査結果を発表。推奨者(9〜10点)、中立者(7〜8点)、批判者(0〜6点)に分けてスコアを算出した結果は下記の通りとなった。

 全体:+7.9
 10代:+10.1(男性:+6.6 女性:+13.7)
 20代:+5.7 (男性:+3.4 女性:+8.0)

・推奨者の具体的な支持理由としては下記のような内容が挙がった。

「友達同士でも戦えて、ボイスで喋りながらできるので、友達同士でやると盛り上がる。(10点21歳女性)」
「ほとんどのゲームは課金者=強者になるが、荒野行動は無課金者でも公平に遊べるから。(10点22歳男性)」
「ボイスチャット機能で仲間や友達とワイワイ楽しめるから。ドン勝した時の嬉しさがいいから。(9点14歳女性)」
など、推奨者からは「友人と一緒に楽しめる」「課金の有無にゲームバランスが依存しない」といった意見が多く挙がった。

・NPSスコアを分析した結果、【プレイ時間・プレイ頻度・課金経験】全ての項目で、推奨者>中立者>批判者が高い割合となった。特に課金経験率ではその結果が顕著に表れ、推奨者における荒野行動への課金経験率は中立者、批判者の2倍以上ということが判明した。

画像(004)テスティー,男女1406名を対象にした「荒野行動」に関する調査結果を公開

NPSとは:
顧客ロイヤリティを可視化する指標で、GoogleやApple、Amazonなど世界の名だたる企業5,000社以上が導入しており、近年注目されています。大きな特長としては、「NPS設問はすべて同様であることから汎用的な指標として認識できる」「未来で起こりうるリスク、リターンの可視化ができる」といったことが挙げられます。NPSによる改善施策を行うことで、ポジティブな効果が期待できます。

 本調査結果のさらなる詳細は、若年層リサーチによる自主調査メディア「TesTeeLab(テスティーラボ)」にて公開しています。ぜひ、ご覧ください。

■調査記事URL:
https://lab.testee.co/knivesout-result

<調査概要>
調査期間:2018年10月11日(木)〜10月12日(金)
調査対象:10代、20代/男女/自社モニター会員
割付方法:1,406サンプル(10代男性351サンプル、10代女性352サンプル、20代男性351サンプル、20代女性352サンプル)
※「TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co/
  • 関連タイトル:

    荒野行動-Knives Out-

  • 関連タイトル:

    荒野行動-Knives Out-

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月23日〜04月24日