オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
モダンコンバット Versus公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/06 15:06

ニュース

新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

 スマートフォン向けアプリ「モダンコンバット Versus」iOS / Android)は,ゲームロフトとカヤックの共同運営によるFPS「モダンコンバット」シリーズの最新作だ。

 今年の8月には2回目となる全国大会「MCVS JAPAN CUP 2018 SUMMER」も行われ,ますます大きな盛り上がりを見せている。そんな本作において,過去最大を謳う大型アップデートが本日行われたので,その詳細な内容を本稿でお届けしよう。

画像(003)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

「モダンコンバット Versus」公式サイト


 今回のアップデートでは,大きく分けて9つの新要素が登場している。いずれも今後のゲームプレイに大きな影響を及ぼす重要なものばかりだ。

■新エージェント「サージ」
 多くのプレイヤーが最も注目しているポイントは,やはり新たに登場するエージェントだろう。本アップデートから参戦するのは,強烈な範囲火力を提供するアタッカー「サージ」だ。機動力はやや低めだが,高威力のセミオートアサルトライフルを装備し,前線へのダメージ供給源として活躍してくれる。

画像(007)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

タイプ アタッカー 画像(001)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介
武器 ・セミオートアサルトライフル
射撃レート:低/ダメージ:大
アビリティ ・ミサイルストライク
指定地点への爆撃
アルティメット
アビリティ
・ファイヤーストーム
爆撃範囲拡大

 注目ポイントは,なんといっても固有アビリティ「ミサイルストライク」だ。マップ上の地点を指定すると,その位置に連続ダメージを発生させる爆撃地点を作り出せる。サポートタイプのエージェントとの相性も良く,相手の移動速度を低下させるタイプのアビリティと併用すれば,サージの力で敵を一網打尽にすることも不可能ではない。

 アルティメットアビリティは爆撃の効果範囲を広げる「ファイヤーストーム」で,アビリティ起動時のミサイルストライクは狭い路地であれば横幅を完全に覆い尽くせるほどの効果範囲を誇る。防衛体制に入った敵を,このスキルを駆使して燻り出してやろう。

■新マップ「アフターウォー」
 今回はエージェントだけでなく,新たなマップ「アフターウォー」も登場する。このマップでは,7月17日のアップデートで追加されたマップ「スタジアム」が,戦火に巻き込まれて破壊された姿を見ることができる。

 ただし,あくまでスタジアムとの共通点は一部の外観だけで,構造はまったくの別物だ。高低差や壁の多くは破壊によって消滅しており,スタジアムと比較すると見渡しの良いマップとなっている。通路と開けた場所のバランスが良く,様々なエージェントが長所を活かして戦えるだろう。

 中央には開けたエリアが存在し,そこに至るまでの道がスタジアムよりも多くなっているので,裏取りなどの戦略も機能する。加えてスナイパースポットが合計2箇所存在し,この地点ではマップの半分ほどを一望することができる。攻守ともに戦況をコントロールするにあたって最重要のスポットなので,必ず覚えておこう。

画像(008)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

■新機能「クイックチャット」
 マッチングしたチームメイトたちと意思疎通をはかるための新たな方法として導入されたのが「クイックチャット」だ。
 対戦中にチャット欄を開くと「集合」「アビリティステータス」「了解」「ありがとう」「こんにちわ」「笑い」「ボイスライン」のアイコンが表示され,対応するアイコンをタップすることで意思表示を行える。画面上部のチーム一覧を見れば,誰がどのチャットを行ったのかがひと目で分かるのも有り難いところだ。

 各エージェントに対応したモーションが用意されているほか,ボイスラインではエージェントの特徴を活かした特殊ボイスが発せられる。対戦中の意思疎通だけでなく,試合前の挨拶などにも活用しよう。

■ギアシステム
 今回の目玉のひとつが,エージェントを自由にカスタマイズできる「ギアシステム」の導入だ。アップデート後からは「ギア」と呼ばれる特殊な装備品が追加され,これを装着することで対応するステータス(射撃精度,攻撃範囲,体力回復速度,リロード速度,弾薬数,ヘッドショットダメージ,機動力,アビリティチャージ)が強化される。

 エージェントには6つのギアスロット(バイザー,アーマー,グローブ,ブーツ,エクソ,ニーパッド)が用意されており,それぞれに適するギアを装着可能だ。
 また,ギアの種類ごとにセットボーナスが存在し,ボーナスを成立させることで追加の効果を得られる。ギアによって成立条件となる装備数が異なる(2個,もしくは4個で成立)ので,うまく複数のボーナスを発動させる組み合わせを考えてみよう。

 ただし,初期段階ではギアスロットはロックされていて,エージェントのマスタリーを上げていくとアンロックされる仕組みとなっている。

ギアには5段階のグレードが存在し,高グレードほど性能が高く設定されている
画像(005)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

個々のギアはコインを消費することで,最大でレベル10まで強化可能だ。強化によって効果が大きくなるだけでなく,サブ効果が追加される場合もある
画像(009)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

マスタリーを上昇させることで得られる報酬も一新され,その中にはギアも含まれている。いろいろなエージェントのマスタリーを上げるとギアのラインナップも増えていくので,あまり触れていないエージェントをプレイするきっかけとして活用しよう
画像(010)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

 ギアはガチャで入手可能なほか,後述の「メガイベント」で目標を達成したり,各エージェントのマスタリーを上げたりすることでも入手可能できる。
 不要なギアは売却すればダイヤに変換可能なので,まだゲームを開始したばかりで装備不可能なギアが手に入った場合は,売却するのも選択肢のひとつだ。

■メガイベント
 ギアの取得方法として毎週末に実施されるのが「メガイベント」だ。参加のためには「チケット」を消費する必要があるが,その代わりにイベント内で提示されるミッションをクリアすれば,報酬として高グレードのギアを入手できる。

画像(013)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

 イベント内のミッションをクリアすると「ピース」と呼ばれるアイテムが手に入り,一定数のピースが溜まるとメガイベントの報酬と交換することができる。
 基本的に提示されたミッションをすべてクリアすれば必ず報酬が手に入る仕組みになっているが,時間の問題で手がつけられないミッションなどがあった場合は,ダイヤを用いてピースを直接購入することも可能だ。

 ちなみに,メガイベントは毎週独立したイベントとして扱われるため,消費しなかったピースの持ち越しはできない。挑戦にもチケットが必要なので,一度挑戦を始めたら全ミッションのクリアを目指すべし。

■ディビジョン
 これまでの「リーグ」システムに代わり,今まで以上に細分化したシステムだ。ブロンズ以降のディビジョンは,1〜3までのランクに分割され,ディビジョン内で集計されるランキングによってディビジョンの移動が行われる。

 ディビジョンは100人で構成され,うち上位10名にランクインすれば上位のディビジョンへと移行可能だ。上位のディビジョンほど,多くのクレジットが毎日もらえるほか,対戦で獲得できるクレジットとコインの上限が引き上げられる。シーズンが切り替わる期間は1週間と短く,短期的な競争目標としてモチベーションを高める助けとなってくれることだろう。
 もちろん,マッチングそのものは今までどおりリーグ内全体で実施される。ディビジョン内の100人でしか戦えない,ということはないのでご安心を。

 長期間プレイしていなかった場合は一時的に別ディビジョンへと移動することになるが,その場合もプレイを再開してしばらく後に適正なディビジョンへと割り振られる形となる。

■カスタマイズ
 まずは,外見を変更できる「カスタマイズアイテム」の追加だ。アイテムには,武器の色や模様を変更できる「武器スキン」と,キャラクターが着用可能な「ビブス」の2種類に分かれており,合計250種類以上が新たに登場する。
 これらは,後述のデイリークレートやイベント,大会などの報酬として入手可能。仲間と外見を合わせたり,自分だけの組み合わせを探してみるのも面白そうだ。

画像(004)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介
画像(002)新エージェントに新システム,外見のカスタマイズ要素も大幅に強化。「モダンコンバット Versus」大型アップデートの内容を紹介

■デイリークレート
 「デイリークレート」は,スキンやビブス,武器スキンなどが出現する新たなアイテムガチャだ。デイリークレートの中身は毎日変化し,ダイヤを消費することで開放できる。

 事前に抽選内容を確認できるので,欲しいアイテムが入っている時に購入すれば,より高確率で入手ができるというわけだ。よくある言い方にするならば,日替わりのピックアップガチャのような感覚である。報酬内容は外見のカスタマイズ要素がメインなので,どうしても入手したいアイテムがある人はチャレンジしてみよう。

■月額サービスの導入
 本作としては初となる定額課金サービスが,今回のアップデートで導入されることになる。価格は月額1200円で,購入タイミングから30日間有効となる形式で展開される予定だ。

 登録者は,週末に行われるメガイベントの報酬として得られるクレジットやコインを含む,あらゆるコインやクレジットなどの通貨系の報酬が2倍になるほか,月額サービス利用者専用のデイリークレートを回せたり,10日に1度,武器スキンやビブスを始めとするアイテムを受け取ったりできる。

 さらに,定期的に専用無料ガチャが引けるので,毎日本作を遊ぶほどに大きな恩恵が得られる仕組みになっている。長期的に本作をプレイしている人にとっては,それほど高い買い物ではないだろう。

 以上が今回のアップデートで追加される内容だ。こういったアップデートにおける仕様の詳細は,対戦を楽しむプレイヤーにとって勝敗を分かつ重要な要素となる。ギアによる性能変化の感触や,クイックチャットの使用方法など,今後の対戦に活かせる要素が多数追加されているので,ゲーム内で強化された新要素に触れてみてほしい。

「モダンコンバット Versus」公式サイト

  • 関連タイトル:

    モダンコンバット Versus

  • 関連タイトル:

    モダンコンバット Versus

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月17日〜08月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月