オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アッシュと魔法の筆公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/21 18:15

イベント

[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 TGS 2018のビジネスデイ初日となる2018年9月20日に,ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売予定のPlayStation 4用ソフト「アッシュと魔法の筆」のメディアセッションが実施された。本作の開発を手掛けるPixelopusのクリエイティブディレクター,ドミニク・ロビリヤード氏が,体験版を使ってゲームの解説をしてくれたので,その模様をお届けしよう。

画像集#001のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート
画像集#002のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート 画像集#003のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

Pixelopus クリエイティブディレクター,ドミニク・ロビリヤード氏
画像集#004のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 北米では原題の「CONCRETE GENIE」というタイトルで開発が進められている本作。CONCRETE(コンクリート)には壁という意味が込められており,GENIE(ジーニー)は主人公が壁に描く“かいぶつ”を指している。タイトルが示すとおり,主人公のアッシュが魔法の筆を使って壁に“かいぶつ”の絵を描くとそれが動き出し,その力を借りて物語を進めていくという,独自のシステムを持ったアクションゲームとなっている。

壁に描いた絵が“かいぶつ”や景色となり,それをうまく使ってゲームを進めていく
画像集#005のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 アッシュは寂れた漁村「デンスカ」に生まれ育った心の優しい少年だが,友達がおらず,ほかの子供達にいじめられている存在だ。体験版のシーンの直前に,アッシュはいじめっ子達に大事なスケッチブックを破かれており,その散り散りになったページを探していくこともゲームの目的の1つとなっている。

 アッシュには,背負っている大きな魔法の筆を使って目の前にある壁などに絵を描くと,その絵の“かいぶつ”が彼を助けてくれるという不思議な能力があり,スケッチブックのページを集めていくと,より複雑な絵を描けるようになる。“かいぶつ”の場合はツノやシッポなどを描き加えられ,景色なら草や木々,太陽などのさまざまなオブジェクトを描けるという具合だ。最終的には100種類以上の絵が描けるようになるとのこと。

壁に描いた“かいぶつ”。色によって使える力が異なるという
画像集#006のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 壁に絵を描くときはDUALSHOCK 4を使用する。絵の種類を選んでDUALSHOCK 4を動かすと,ジャイロで検知した動きによって絵が描かれていく。感覚で動かすだけで描けるので,絵心がなくても問題なし。また[R2]の押し加減でタッチを変えられるなど,絵に変化を付けて楽しむこともできる。

画面の左右にあるアイコン群が描ける絵のパーツ。これを選んで絵を描くのだ
画像集#007のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート 画像集#008のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 アッシュが描いた“かいぶつ”は,AIによって壁の中を自分の意思で動き回っている。アッシュと“かいぶつ”は持ちつ持たれつの関係にあり,彼らの行く先に景色を描いて進む道を作ってあげたり,一緒に遊んで楽しませてあげたりすることで,彼らの特別な力を借りられるのだ。
 セッションでは火の力を使う“かいぶつ”を描いて,ルート上の障害物を火で燃やしてもらうというギミックが披露された。彼らは,体を縦長に描けば2足歩行に,横長に描けば4足歩行となり,通れる場所などが変わってくるそうだ。

笑ったり怒ったりと表情豊かな“かいぶつ”。ときには,アッシュに遊んでくれとせがむことも
画像集#009のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 ステージ内の青黒く光った壁は,普段どおりに絵を描くことができないので,“かいぶつ”から得た「スーパーペイント」の能力を使う必要がある。スーパーペイントは力が一定量溜まると使えるようになり,普段よりも派手に絵を描いて,“かいぶつ”の行動範囲をさらに広げられる。

 ゲームには,アッシュが進む道を切り拓くこと以外にも目的があり,今回のステージでは壁に絵を描くと明かりが灯り,すべてに絵を描くと漁村全体を明るく蘇らせることができた。こうした目的はステージによって変わり,先に進むほど複雑で攻略しがいのある内容になっていくという。また,アッシュ自身もステルス行動やパルクールといったアクションが可能で,その動きもゲームの面白みの1つとなっている。

いじめっ子達に見つかると追いかけられ,筆を放り投げられてしまうことも。アクションで退けよう
画像集#010のサムネイル/[TGS 2018]魔法の筆で描いた“かいぶつ”達の力を借りて道を切り拓く。「アッシュと魔法の筆」メディアセッションをレポート

 ちなみに,主人公のアッシュという名前は開発チームのメンバーの名前で,その人物が描いた,「小さな男の子が,壁に描いた怪物と共にいじめっ子達に立ち向かう」という絵がゲームデザインの原案になっているそうだ。

 全部で18人という小さな開発チームが手掛けているゲームながら,E3 2018では7つもの賞を取ったという「アッシュと魔法の筆」。ロビリヤード氏は,ユーザーからのポジティブなリアクションが開発の原動力となっていると感謝の言葉を述べると共に,期待してくれているユーザーを裏切らない作品を作ることを約束し,セッションを締めくくった。

「アッシュと魔法の筆」公式サイト

4Gamer「東京ゲームショウ2018」記事一覧

  • 関連タイトル:

    アッシュと魔法の筆

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月25日〜10月26日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月