オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
スターリンク バトル・フォー・アトラス公式サイトへ
  • Ubisoft Entertainment
  • 発売日:2019/04/25
  • 価格:パッケージ版:スターターパック 8424円(税込)
    ダウンロード版:スタンダードエディション 8424円(税込)/ デラックスエディション 1万368円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ブンドド系オープンワールドADV「スターリンク バトル・フォー・アトラス」は2019年4月25日に国内発売。UBIDAY2018出展版をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/15 18:05

プレイレポート

ブンドド系オープンワールドADV「スターリンク バトル・フォー・アトラス」は2019年4月25日に国内発売。UBIDAY2018出展版をレポート

 ユービーアイソフトは2018年10月14日,東京・ベルサール秋葉原において「UBIDAY2018」を開催した。本稿では,そこにプレイアブル出展されていた「スターリンク バトル・フォー・アトラス」PS4 / Xbox One / Nintendo Switch)を,同作のステージイベントとあわせて紹介したい。

 「スターリンク バトル・フォー・アトラス」は,コントローラに装着したフィギュアとゲーム内自機の連動を特徴とするアクションアドベンチャーゲーム。北米などでは10月16日に発売される。


 会場で試遊できたのはPS4版とNintendo Switch版で,どちらもすでにUIや音声は日本語化されていた。Nintendo Switch版は任天堂の「スターフォックス」とコラボレーションしており,別途販売されるフォックス・マクラウドやアーウィンのフィギュアを使用することで,そのキャラクターや自機を用いてゲームをプレイできる。

PS4版の模様
スターリンク バトル・フォー・アトラス スターリンク バトル・フォー・アトラス
Nintendo Switch版ではアーウィンが登場する
スターリンク バトル・フォー・アトラス スターリンク バトル・フォー・アトラス

 本作の基本的なゲームプレイは,スターシップを駆って7つの惑星を探索し,宇宙の脅威である“レギオン”を撃滅していくというもの。スターシップは宇宙空間や空中を自由自在に航行できるほか,地上でも「スター・ウォーズ」のスピーダー系ビークルのようなホバリングで軽快に移動できる。ちなみに,惑星や宇宙空間はシームレスに接続されている。

 本作の醍醐味は先述の通り,フィギュアとゲームの連動だ。自機はパイロット/機体/ウイング/武器といった要素から構成されており,プレイヤーはそれらを敵の特性に合わせて組み替えていくことになる。簡単に言えば,ブンドド(口で「ブーンドドド!」などと言いながらフィギュアを戦わせたりする行為)を思う存分楽しめるゲームというわけだ。

 パイロットはそれぞれ特殊能力を持っており,たとえばメイソンは衛星兵器からのレーザー砲撃が可能だったり,密輸入を生業としていたシェイドは敵から身を隠したり,エイリアンのジャッジは時間の流れを遅くしたりできる。

自機セッティングはパイロットの装着から
スターリンク バトル・フォー・アトラス スターリンク バトル・フォー・アトラス
スターリンク バトル・フォー・アトラス
パイロットへ被せるように機体を接続
スターリンク バトル・フォー・アトラス
プレイ中,武装の付け替えは頻繁に行う

 武器はウイング上に左右1つずつ搭載可能だ。冷凍攻撃と熱量攻撃を続けて当てると“サーマルショック”という特殊ダメージが発生したり,強力だが当てにくい溜め撃ち系の武器は敵を強制的に浮遊させるレビテイターと組み合わせると効果的だったりと,武装の組み合わせがなかなか面白い。また,「ウイングにウイングを重ねる」といった機動力重視のカスタマイズも行える(連結させられる上限はあるが)。

 フィギュアからパーツを外すとゲームは自動的にポーズ画面へと遷移するので,急に戦況が変化したような場合でも,じっくりとカスタマイズを考えられる。ただ,この自動ポーズ機能はオフにでき,リアルタイムで武器を取っ替え引っ替えしながら慌ただしく戦うことも可能だ。

 機体のフィギュアが複数あれば,「自機が撃破された場合,機体を取り替えてコンティニューする」ことができる。なお,フィギュアだけでなくゲーム内で集めた素材を用いての機体強化も可能となので,頑張ればフィギュアが少ない状態でも戦っていけるだろう。

 惑星上には独特な動植物が棲息しており,その観察も面白い。最初の惑星で植物に実っている“ボーンフルーツ”は,収穫してみると果実ではなく寄生虫ということで驚かされる。レイザーというパイロットを使用していたら,彼女は露骨に気持ち悪がったのだが,他のキャラクターだと反応も違ってくるのだろう。

 ステージイベントでは,本作を開発するUbisoftトロントスタジオのクリエティブディレクターであるローラン・マルヴィル氏が登壇。PS4版のゲームプレイを通して,本作の魅力を紹介した。

アーウィンでブーンとやってみせるマルヴィル氏。純粋に立体物としても魅力的な造形だ
スターリンク バトル・フォー・アトラス スターリンク バトル・フォー・アトラス

 語られたところによると,本作は「若者のためのリッチな体験」の提供を目指して開発されたとのこと。基本的なターゲット層は10代を想定しているようだが,グラフィックスのクオリティは超大作に見劣りしないものだったり,高難度設定も可能だったりと,熟練ゲーマーでも十分に楽しめるだろう。

紹介用に,高機動タイプの自機をセッティング
スターリンク バトル・フォー・アトラス

 マルヴィル氏は,惑星から資源を奪い取るレギオンの施設“エクストラクター”への攻撃を実演した。エクストラクターはそれ自体が強力なうえ,迎撃装置や警護のレギオンに囲まれている難敵だ。ここではアイスジャイアントと呼ばれる氷属性のレギオンに対して炎属性の武器で攻めるなどして,エクストラクター戦を突破した。

 続けてマルヴィル氏は,エクストラクターを設置するボス的なレギオンの“プライム”を襲撃。巨大なエネミーをSF戦闘機で叩くというのは,怪獣モノの特撮っぽいシーンだ。プライムはエクストラクター以上の強敵だが,レビテイターと溜め撃ち武器の併用,機体の交換,メイソンのレーザー砲撃などを駆使して撃破した。

スターリンク バトル・フォー・アトラス スターリンク バトル・フォー・アトラス

 さらに,UBIDAY2018終盤に行われたラウンドテーブルにおいて,本作の日本国内における発売日が2019年4月25日と発表された。PS4/Nitnendo Switchのほか,Xbox Oneでもリリースされる模様だ。フィギュアの販売形態なども気になるところなので,続報に期待したい。

※画像はUBIDAY2018 大生放送をキャプチャしたもの


「スターリンク バトル・フォー・アトラス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    スターリンク バトル・フォー・アトラス

  • 関連タイトル:

    スターリンク バトル・フォー・アトラス

  • 関連タイトル:

    スターリンク バトル・フォー・アトラス

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/05/24)
スターリンク バトル・フォー・アトラス スターターパック - PS4
Video Games
発売日:2019-04-25
価格:3620円(Amazon) / 6350円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日