オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
EPYC
EPYC
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
AMD,最大64コア128スレッド対応のサーバー向けCPU「EPYC 7002」を発表。Ryzen 3000と同じZen 2コアを採用
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/08 18:29

ニュース

AMD,最大64コア128スレッド対応のサーバー向けCPU「EPYC 7002」を発表。Ryzen 3000と同じZen 2コアを採用

 北米時間2019年8月7日,AMDは,米国サンフランシスコで行った独自イベントで,サーバーおよびデータセンター向けCPUブランド「EPYC」の新製品として,開発コードネーム「Rome」と呼ばれていた第2世代EPYCとなる「EPYC 7002」シリーズの計19製品を発表した。
 第2世代EPYCは,Ryzen Desktop 3000シリーズと同じ「Zen 2」マイクロアーキテクチャのCPUコアを採用し,1パッケージで最大64コア128スレッドを実現するのが特徴だ。

2018年11月のイベントで披露された第2世代EPYCのパッケージ
画像(002)AMD,最大64コア128スレッド対応のサーバー向けCPU「EPYC 7002」を発表。Ryzen 3000と同じZen 2コアを採用

 第2世代EPYCの詳細は,2018年11月に行われたイベントで詳しく報じているので,詳細はレポート記事を参照してもらうとして,ここでは簡単におさらいしておこう。
 EPYC 7002シリーズは,CPUパッケージの中央にメモリコントローラやI/O機能をまとめたI/Oダイを1基配置し,その周囲に1基あたり8基のCPUコアを統合したCPUダイが最大で8基並ぶという構造を採用している。CPUダイが1基で8コアなので,最大64コアを実現できる計算だ。
 CPUパッケージ1基あたり,PCI Express 4.0インタフェースを128レーン分備えるほか,8チャネルのDDR4-3200メモリに対応する点もポイントだろう。
 発表となった19製品の主な仕様は以下のとおり。

画像(003)AMD,最大64コア128スレッド対応のサーバー向けCPU「EPYC 7002」を発表。Ryzen 3000と同じZen 2コアを採用

 EPYC 7002シリーズ自体は,ゲーマーが直接購入するCPUではない。しかし,同CPUをベースとしたHEDT(High End DeskTop)市場向けCPUであるRyzen Threadripperの第3世代モデルが登場すれば,選択肢の1つとなるかもしれない。

関連記事

西川善司の3DGE:驚異の64コア128スレッド対応。AMDの次世代モンスターCPU「Rome」はどんな構造になっているのか

西川善司の3DGE:驚異の64コア128スレッド対応。AMDの次世代モンスターCPU「Rome」はどんな構造になっているのか

 北米時間2018年11月6日にAMDは,7nmプロセス技術を採用して64コア128スレッドに対応する次世代EPYCプロセッサ「Rome」(開発コードネーム)を予告したが,果たしてこれはどんな構造で,次世代Ryzenとはどう絡むのだろう? 連載「西川善司の3Dエクスタシー」,今回は,現時点で明らかになっている情報をまとめてみたい。

[2018/11/08 00:00]

AMDによる当該プレスリリース(英語)

  • 関連タイトル:

    EPYC

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月