オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
掲載作品292本からベストアプリを選出。「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」の2017年をライター陣らが振り返る特別編(第1608回)
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/28 00:20

紹介記事

掲載作品292本からベストアプリを選出。「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」の2017年をライター陣らが振り返る特別編(第1608回)


 今年のスマホゲーム市場を振り返ってみると,任天堂の人気作品「どうぶつの森」シリーズを題材にしたスマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」iOS / Android)がリリースされたり,Yostarの「アズールレーン」iOS / Android)がブレイクしたりと,話題に事欠かない1年だったと感じる。2018年のスマホゲーム事情はどうなるのか,今からワクワクしている人も多いのではないだろうか。

 そんな世間の流行を横目に,マイペースでさまざまな作品を取り上げてきた「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」は,本稿が2017年最後の掲載となる。今回は,担当ライター陣と4Gamerスタッフが,この1年で紹介した292本の作品から各々のベストアプリをチョイスした「特別編」としてお届け。いずれも気軽に遊べるが,自信を持ってオススメできる作品なので,ぜひダウンロードして年末年始に楽しんでもらえれば幸いだ。

※以下,記事内にある価格は,すべて税込です。また,セールなどで値下がりしている場合があります。


ライター:トリスター/目代将規


OPUS-地球計画
■ベストアプリ:OPUS-地球計画
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:アドベンチャー
価格:基本プレイ無料+アイテム課金

 2017年を振り返ってみると,豊作な1年だったと思う。そんな中から筆者がナンバーワンに推すのが「OPUS-地球計画」である。
 その内容は,数十万年後の世界を舞台に,孤独なロボットが地球を探すというもの。きめ細やかなグラフィックスと愛らしいキャラクター,そして広大な宇宙から惑星を探すゲームシステムが,物語と非常にうまくリンクしている点が最大のポイントだ。
 発見した惑星に名前を付けられるシステムや,少しずつ地球に似た惑星を発見し始めたときの高揚感など,中盤以降の没入感はとても高い。とりわけ最後に待つ展開には思わず熱いものがこみ上げてくる。センス抜群の本作を,2017年のベストアプリとしてオススメしたい。

OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

神話と化した地球を遥か未来のロボットが探し出す。「OPUS-地球計画」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1389回

「OPUS-地球計画」ダウンロードページ

「OPUS-地球計画」ダウンロードページ




OPUS-地球計画
■次点:世界は心に満ちている。
対応プラットフォーム:iOS
ジャンル:アドベンチャー
価格:120円

 本作は,撮影した写真に含まれる色味によって,少女の心が成長するという非常に斬新なアイデアが目を引く作品だ。このゲームシステムは,まさに“スマホならでは”と言えるだろう。儚い世界観や幻想的なストーリーも見逃せない。
 ただ,残念ながらゲームのボリュームは控えめで,適当に写真を撮っていると,すぐにクリアできてしまう。写真の撮り方を工夫するなど,プレイヤーに考える余地があれば,さらに良かったのではないだろうか。

少女の心を“色”で成長させる。カメラを使うiOS向けADV「世界は心に満ちている。」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1542回

「世界は心に満ちている。」ダウンロードページ






ライター:H.H


OPUS-地球計画
■ベストアプリ:どうぶつタワーバトル
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:カジュアル
価格:基本プレイ無料+アイテム課金

 筆者が今年もっともハマった「どうぶつタワーバトル」を,2017年のベストアプリとしたい。
 本作は,「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」の第1592回で取り上げた「どうぶつタワー」iOS / Android)に,オンライン対戦機能を盛り込んだ作品である。ルールは,マッチングした相手と交互に動物を積み上げていき,先に崩してしまったほうが負けというシンプルなものだが,動物を回転させ“強い”設置方法を研究したり,相手に不安定な盤面をパスするための策を考えたりと,勝つための戦略がいくつもあり,やり応えは十分。
 ちなみに,実力が近い相手とマッチングする仕様なので,対戦系ゲームに尻込みしている人も安心してほしい。

OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

君は象を何度回す? スマホ向け対戦パズル「どうぶつタワーバトル」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1598回

「どうぶつタワーバトル」ダウンロードページ

「どうぶつタワーバトル」ダウンロードページ




OPUS-地球計画
■次点:魔女の泉3
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:RPG
価格:各480円

 「魔女の泉3」は,森に隠れ住む少女アイールディが,自ら作り出した“友達”の魔法人形とともに冒険するスマホ向けRPGだ。
 本作では,フィールドを探索してモンスターと戦えるのはもちろん,集めた素材を自宅に持ち帰ってアイテムを作成したり,修練に励んでパラメータを強化したりと,RPGの定番要素を手軽に味わえる。シリーズとして3作リリースされているが,前作のプレイ経験は不要なので,魔女っ娘好きな人はぜひ試してほしい。

森に住まう魔女を描いたファンタジーRPGシリーズの第3作。「魔女の泉3」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1582回

「魔女の泉3」ダウンロードページ

「魔女の泉3」ダウンロードページ





ライター:げっつ☆先生


OPUS-地球計画
■ベストアプリ:TimeMachine
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:カジュアル
価格:基本プレイ無料+アイテム課金

 2017年も数多くのスマホ向けゲームを楽しんだが,その中でもひときわ異彩を放っていた放置系ゲーム「TimeMachine」を筆者のベストアプリとした。
 プレイヤーは現代で生活する主人公になり,部屋にある謎の機械(タイムマシン)を利用して,人類最後の生き残りになった自身の子孫に物資を“仕送り”してやるのだ。転送できるアイテムは,水や乾電池,歯ブラシなど日常生活で身の回りにあふれているものばかりだが,未来の世界ではいずれも貴重品である。仕送りした結果に応じて未来に変化が訪れ,複数のエンディングを迎えられるが,その行く末はハッピーエンドか,それとも……?

OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

未来に生きる子孫を助けよう。放置系ゲーム「TimeMachine」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1375回

「TimeMachine」ダウンロードページ

「TimeMachine」ダウンロードページ




OPUS-地球計画
■次点:なるものか
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:カジュアル
価格:無料

 本作は,夕飯の支度を進めているおかんの卵割りをいくつ阻止できたかを競うカジュアルゲームだ。遊び方はとてもシンプルで,画面をタイミングよくタップするだけでいい。上手くいくと卵の黄身が踏ん張る動作を行い,割れるのを防いでくれるのだ。
 こうして,作業を妨害していくと,おかんがイライラしだす。最高潮に達すると“ハイパーおかん”に覚醒する演出があり,プレイヤーを飽きさせない工夫もなされている。また,リザルト画面では,卵がどのように調理されたかも表示されるので,その結末にも注目したい。

おかんの卵割りを阻止するスマホ向けアプリ「なるものか」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1426回

「なるものか」ダウンロードページ

「なるものか」ダウンロードページ





ライター:飛鳥


OPUS-地球計画
■ベストアプリ:Ballz
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:カジュアル
価格:基本プレイ無料+アイテム課金

 数字が書かれたブロックに,その数の分だけボールをぶつけて壊していくという,一風変わったブロック崩しゲーム「Ballz」を筆者の2017年ベストアプリとした。
 放ったボールが画面下に着地すると1打終了となり,それに合わせてブロックが降りてくる。もっとも効率よくブロックを破壊するにはどの角度で放てばいいのか,それを考えるのがとても楽しく,暇を見つけてはプレイし続けてしまった。
 なお,アイテムを入手するとボールの数が増加していく。大量のボールがブロックにぶつかる音が心地良いので,ぜひ体験してほしい。

OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

大量のボールで破壊しよう。スマホ向けブロック崩しゲーム「Ballz」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1445回

「Ballz」ダウンロードページ

「Ballz」ダウンロードページ




OPUS-地球計画
■次点:Sky Dancer
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:アクション
価格:基本プレイ無料+アイテム課金

 「Sky Dancer」は,プレイヤーキャラクターが島から島へ渡りながら,ひたすら走り続けていくランゲームだ。島から島へ飛び移るときの浮遊感や,ギリギリのところで障害物を避けていくスリルとスピード感によって,独特のプレイフィールを味わえる。単純明快なルールと簡単な操作で,プレイする人を選ばないタイトルだ。

落下するときの感覚が気持ちいいランゲーム「Sky Dancer」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1478回

「Sky Dancer」ダウンロードページ

「Sky Dancer」ダウンロードページ





ライター:オクムラワタル


OPUS-地球計画
■ベストアプリ: Goblin Sword
対応プラットフォーム:iOS
ジャンル:アクション
価格:240円

 筆者が2017年のベストアプリに選んだ「Goblin Sword」は,ステージクリア型のレトロ風アクションゲームで,細部にわたる作り込みが光る作品だ。敵や仕掛けの種類が多いうえ,隠しアイテムの探索や最強の武器探しなどやり込み要素も豊富。記事掲載時点で89ものステージがあり,そのボリュームには大満足だった。
 ゲームの難度は高く,繰り返しの挑戦が求められる。ゆえにやっとの思いでクリアできたときは,ガッツポーズしたくなるような喜びを味わえるだろう。骨太な作品を求める人にオススメしたい。

OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

骨太な大冒険。iOS向けレトロ風アクションゲーム「Goblin Sword」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1447回

「Goblin Sword」ダウンロードページ




OPUS-地球計画
■次点:みどりのほしぼし
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:シミュレーション
価格:基本プレイ無料+アイテム課金

 「みどりのほしぼし」は,ゴミだらけで荒れ果てていたり,すべてが凍ってしまっていたりと,さまざまな状況にある惑星の緑化を進めるシミュレーションゲームだ。簡単な作業をしていくと,殺風景な景色が次第に美しく変化していくのだが,それを眺めていると穏やかな気持ちになり,とても癒される。のんびりと時間を過ごすことのできるアートのような作品だ。

惑星の緑化,請け負います。スマホ向けSLG「みどりのほしぼし」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1359回

「みどりのほしぼし」ダウンロードページ

「みどりのほしぼし」ダウンロードページ





4Gamer編集部:Chihiro


OPUS-地球計画
■ベストアプリ:Monument Valley 2
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:パズル
価格:各600円

 筆者が2017年のベストアプリとした「Monument Valley 2」は,2人のプレイヤーキャラクターを操作して,エッシャーのだまし絵に代表される“不可能図形”をモチーフにした迷宮からの脱出を目指すパズルゲームだ。
 面白いところは,迷宮内の通路が途中で途切れて先に進めないという状況でも,バルブを回す,足場を動かす,スイッチを動かすといったステージ内にある仕掛けを作動させ,足場がつながっているように見える状態を作り出してしまえば,先に進める点だ。プレイ中はヒントが出ないが,見方を変えてみると思わぬ発見があるはず。詰まった場合でも攻略サイトを見ずに,まずは試行錯誤してみてほしい。
 なお,原稿掲載時はiOS版のみリリースされていたが,現在はAndroid版も登場しており,幅広いプレイヤーが楽しめるようになった。

OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

傑作パズルゲームに続編が登場。iOS向けパズルゲーム「Monument Valley 2」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1443回

「Monument Valley 2」ダウンロードページ

「Monument Valley 2」ダウンロードページ




OPUS-地球計画
■次点:Strange Telephone
対応プラットフォーム:iOS / Android
ジャンル:アドベンチャー
価格:各480円

 「Strange Telephone」は,主人公の少女・ジルが,奇妙な空間からの脱出を目指す,マルチエンディング制のアドベンチャーゲームだ。
 最大の特徴は,アプリ内から任意の番号を入力し電話をかけるとワールドが自動生成され,移動できるところだろう。移動先で入手したアイテムを別の場所で使って……といった具合に,手探りで攻略する点が楽しい。
 なお,App Storeでは,ボリューム大幅増加版こと“バージョン2.0.0”の配信が予告されているので,こちらにも期待したい。

これは夢か現実か……。スマホ向けADV「Strange Telephone」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1340回

「Strange Telephone」ダウンロードページ

「Strange Telephone」ダウンロードページ




「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    OPUS-地球計画

  • 関連タイトル:

    OPUS-地球計画

  • 関連タイトル:

    世界は心に満ちている。

  • 関連タイトル:

    どうぶつタワーバトル

  • 関連タイトル:

    どうぶつタワーバトル

  • 関連タイトル:

    魔女の泉3

  • 関連タイトル:

    魔女の泉3

  • 関連タイトル:

    TimeMachine

  • 関連タイトル:

    TimeMachine

  • 関連タイトル:

    なるものか

  • 関連タイトル:

    なるものか

  • 関連タイトル:

    Ballz

  • 関連タイトル:

    Ballz

  • 関連タイトル:

    Sky Dancer

  • 関連タイトル:

    Sky Dancer

  • 関連タイトル:

    Goblin Sword

  • 関連タイトル:

    みどりのほしぼし

  • 関連タイトル:

    みどりのほしぼし

  • 関連タイトル:

    Monument Valley 2

  • 関連タイトル:

    Monument Valley 2

  • 関連タイトル:

    Strange Telephone

  • 関連タイトル:

    Strange Telephone

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月22日〜01月23日