オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
神話と化した地球を遥か未来のロボットが探し出す。「OPUS-地球計画」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1389回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/04/06 10:00

連載

神話と化した地球を遥か未来のロボットが探し出す。「OPUS-地球計画」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1389回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマートフォン向けアプリ「OPUS-地球計画」iOS / Android)を紹介しよう。

ダウンロードは無料だが,最後まで遊ぶにはアプリ内課金で“完全版”にしなければならない
OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

「OPUS-地球計画」ダウンロードページ

「OPUS-地球計画」ダウンロードページ


 現代から数十万年後という時代,広大な宇宙で「地球」を探すことになった研究者達。彼らが開発したアシスタントロボット「エム」を操作し,幾千万の星々の中から地球を見つけ出すことがゲームの目的となっている。

調査途中に停電に見舞われ,そのしばらく経った頃から物語はスタートする
OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

 画面左下のアイコンをタップして,望遠鏡を使った惑星調査モードに移行できる。この状態でスワイプすると移動,画面下のアイコンをタップするとスキャンが可能なので,地球を見つけ出すために数々の惑星を調査しよう。
 しかし,無数の惑星をしらみ潰しで探しても限界がある。画面上のモジュールをタップし,地球と似た惑星に関する座標のヒントを手に入れるのだ。

OPUS-地球計画
ヒントをもとに地球と似た惑星を発見すると,ストーリーが進展する
OPUS-地球計画
発見した惑星に命名できるのもポイント

 広大な宇宙を目印もなく見渡しても疲れるだけだが,一定時間が経過するとガイドアイコンが点灯し,タップで方角を示してもらえるので,活用するといいだろう。

 物語を進めていくと宇宙ステーション内部にある各施設がアンロックされていき,“停電中に起きたできごと”が情報として得られる。そうして,ある真相に近づいていくことにもなる。

施設のアンロックによって惑星調査をサポートするAIや,隠れた惑星を発見するフィルターが使えるようになる
OPUS-地球計画 OPUS-地球計画

 なお,このメインモードだけでなく,「恒星調査」や「超新星調査」といったサブミッション的な要素も用意されている。サブミッションは宇宙ステーション内のさまざまなオブジェクトをタップすることで調査用データとして入手可能だ。クリア後には「自由調査」も開放されるというお楽しみもある。

 1〜2時間でクリアを迎えられるシンプルなゲームだが,エンディングの味わい深さは一級品だ。興味がある人はぜひ完全版の購入も検討してみてほしい。

著者紹介:トリスター/目代将規
 ゲームやアニメの書籍企画,編集,シナリオライティングや広告制作なども手がける編集プロダクション「トリスター」所属。スマートフォンならではのゲームや,一瞬で遊べてしまうゆるいゲームが大好物。好きなゲームのジャンルはRPGとアドベンチャー。“モンハン”好き。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    OPUS-地球計画

  • 関連タイトル:

    OPUS-地球計画

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日