オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2017]驚異の遮光性能! 折りたたみ式室内テント「ぼっちてんと」の新バージョンに入って安心してきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/09/22 00:56

ニュース

[TGS 2017]驚異の遮光性能! 折りたたみ式室内テント「ぼっちてんと」の新バージョンに入って安心してきた

「デスク秘密基地化計画」なる怪しげな文言が目を引くBauhutteブース
 既報のとおり,2017年9月20日,家具ブランドの「Bauhutte」(Bauhutte)で知られるビーズは,仮設型プライベート空間設置機器とでも言うべき室内用テント「ぼっちてんと」の新バージョン計2製品を発売した。
 ぼっちてんとの旧バージョンについては,東京ゲームショウ2014でのレポート記事に詳しくある。新バージョンでは,旧バージョン発売後に寄せられたユーザーの声を反映したり,さらにぼっち空間としてマーヴェラスになるように部材を変更したりしたものであるという。

 ラインナップはサイズ別に,旧バージョンと同じ幅130cmの「BT1-130-BK」と,それよりもやや小さい幅110cmの「BT1-110-BK」の2製品となっている。メーカー想定売価はいずれも1万350円(税込)

リニューアルされた新ぼっちてんと
Bauhutte

 その新バージョンが,東京ゲームショウ2017(以下,TGS 2017)のBauhutteブースに出展されていたので,実際に中に入って,真っ暗空間でのほほんとしてみたレポートをお送りしよう。

ぼっちてんとから顔を出す,さわやかスマイルの担当者さん
Bauhutte


ポンっと設置できる快適個室空間

魅力は圧倒的な遮光性


Bauhutte
 ぼっちてんとは,屋外でキャンプをするのに使う普通のテントとは異なり,屋内にプライベートな空間を設置するためのアイテムだ。
 ゲームをプレイする環境は,人によりバラバラだ。完全な個室があるケースもあれば,そうではないケースもあるだろう。また同居人が気になって,ゲームに集中できないという話は珍しくもない。そんな環境でも,没入感を高められる場所が欲しいという要望から生まれたのが,ぼっちてんとである。

 ちなみに,男性の多くは背中に遮蔽物があると安心するそうで,より安心して過ごせる空間を意識して開発されたという。東京ゲームショウに出展されているとはいえ,ぼっちてんとはゲーマー専用というわけではなく,自宅に個室が欲しいエンジニアや,プライベートな環境を用意したいネットカフェなどからも引き合いがあるそうだ。

ぼっちてんとは,Bauhutteのゲーマー向けデスクやゲーマー向けチェアと組み合わせられるように設計されている
Bauhutte

そこそこの閉所で覚える謎の安心感を,Bauhutteは「俺,囲われているな!」と表現している
Bauhutte

 それでは,新ぼっちてんとの特徴やステキなポイントをチェックしていこう。
 ぼっちてんとは,折りたたみ式で,両端をもって捻りつつ折りたたむことができる。組み立て時も少し力を入れるだけで,幅110cmまたは130cmの黒くて四角い箱ができあがる仕組みだ。収納時に必要なスペースはごくわずかで,必要なときだけ,サッと個室を用意することができる。

 出入り口はファスナーで上から下まで開き,机や椅子などの運び入れをしやすくしている。側面だけでなく,天井を大きく開くこともできるのに加えて,側面には簡易な小窓もあり,完全な暗所ではなくある程度の採光と通気も可能であるなど,柔軟な使い方が可能な作りだ。
 しかも小窓の位置は,通気性を確保しても外部からは中が見えにくい場所となっているといった具合で,細部まで実に徹底している。

オープン・ザ・ぼっちてんと。ファスナーは上から下まで開くため,出入りも搬入も楽。四隅には配線用の隙間もある
Bauhutte

天井は内部から開けられる。この状態だとネットカフェっぽい
Bauhutte Bauhutte

母ちゃん対策レディ的な位置にある小窓。分かりやすいようにノートPCを設置しているが,通常の液晶ディスプレイなら,ほどよく画面が見えない場所とサイズだ。男子諸君らにおいては,母ちゃんによるカジュアルな尊厳ブレイクを食らったこともあると思うのだが,その回避率アップアイテムとしては,実にありがたい
Bauhutte

 圧倒的な魅力と言うべきポイントは,四辺に使っている生地の遮光性が極めて高いこと。Bauhutteによると,遮光性能は,30ルクスの環境下において,ぼっちてんと内は0ルクスになったそうだ。明るいTGS 2017の会場内においても,遮光性の高さは体感できる。試しにぼっちてんと内に入ってみたら,中は本当に真っ暗だった。

出入り口を開いた状態でも,中に置いた液晶ディスプレイは見えにくい作りだ(左)。右写真を見ると,遮光性の高さがよく分かるだろう
Bauhutte Bauhutte

ぼっちてんと内で出入り口をしめた状態で撮影(左)。光源はノートPCのディスプレイだけというくらい遮光性が高い。ちなみに,右はブースでの製品購入で貰える「ゲーミングカロリーメイトFPS味」。なんというか,ブラックな味だった
Bauhutte Bauhutte

 また,ある程度の遮音性能もあるという。TGS 2017の原稿は,編集部が用意したホテル(※3人部屋)で執筆しているのだが,ぼっちてんとがあれば,もっと原稿が捗る気がするので,その場の勢いもあるが買ってしまいそうだった。

Amazon.co.jpで「ぼっちてんと」(幅1300mmのBT1-130-BK)を購入する
(Amazonアソシエイト)

Amazon.co.jpで「ぼっちてんと」(幅1100mmのBT1-110-BK)を購入する
(Amazonアソシエイト)


Bauhutteの「ぼっちてんと」製品ページ

4Gamer「東京ゲームショウ2017」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Bauhutte

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月21日〜02月22日