オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/23 00:00

プレイレポート

少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 コーエーテクモゲームスから,2017年3月30日に発売予定の「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」PS4 / PS Vita)。「駆け足の“きれい”は過ぎていく」をキャッチコピーに,キャラクターデザイン・監修を岸田メル氏,シリーズ構成を時雨沢恵一氏,五十嵐雄策氏,夏海公司氏の3人の人気作家陣が担当していることでも注目を集める本作を一足先に遊んでみたので,そのプレイレポートをお届けしよう。

画像集#012のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」公式サイト



仲間との交流を通じて絆を深める日常パート


 本作は,星ノ宮女子高等学校に通う少女,白井日菜子を主人公に,さまざまな生徒達との交流を通じて絆を深めていく学園での日常生活を送りながら,「リフレクター」と呼ばれる能力者として,異世界の探索や,現実世界に侵入してくる謎の巨大生物「原種」との戦いを繰り広げるRPGだ。

バレエを踊れなくなって以来,心を閉ざしてしまい,憂鬱な表情で学校に通う日菜子
画像集#013のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 かつては将来を期待されたバレエダンサーだったが,足の怪我の後遺症のために踊ることができなくなり,精神的なショックから心を閉ざしていた日菜子。しかし,不思議な姉妹,司城夕月,司城来夢との出会いによって,自分が特別な能力をもたらされた存在であることを知る。
 そして2人から,すべての原種を倒せば願いを1つだけ叶えられると聞かされた日菜子は,大好きなバレエをもう一度踊れるようになるため,非日常の戦いに身を投じていく……。

髪を三つ編みにしているのが,ユズこと夕月。ゆるいウェーブのロングヘアが,ライムこと来夢
画像集#014のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#015のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 学園での日常パートは,朝,登校するところなどからスタート。学校では,授業中や昼休みなどに特別なイベントが発生することがあり,新しい生徒との出会いや交流が待っている。
 放課後は基本的に自由時間となっており,校内を探索して,仲間になった生徒に話しかけることで「交流値」を上げたりできる。交流値は仲間との絆の強さを表しており,値が高いほど,原種との戦いでサポートが得やすくなる。また,仲間に話しかけた際,お出かけに誘うとデートイベントとなり,ランダムでさまざまな場所に出かけられる。

校内にはさまざまなスポットがあり,多くの生徒達が思い思いの日常を過ごしている
画像集#016のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#017のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

放課後に仲間を誘うと,一緒にお出かけできる。積極的に話しかけて,絆を深めていこう
画像集#018のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#019のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

仲間との絆が深まると,「成長ポイント」がもらえることも。本作では戦闘によって経験値を得るのではなく,この成長ポイントをステータスに割り振ることでレベルアップする
画像集#022のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#020のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

「フリスペ!」というSNSツールを使って,仲間とメッセージのやり取りをすることもできる。フリスペ!には,ヘンテコな生き物を育てるミニゲーム「やみのどうくつ」などの機能もある
画像集#023のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#024のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 校内を歩いていると,悩みを抱えた生徒に出会うこともある。そうした悩みを解決していくことも,本作における大事な要素の1つだ。悩みの解決は「ミッション」の形で受けられ,これをクリアすることで得られる「評価ポイント」が一定に達することでストーリーが進行していく。

悩みを抱えた生徒からは,怪しいオーラのようなものが出ている。ちょっと情緒不安定な生徒が多いような気がするが,その理由はのちに判明する。まあ,多感なお年頃ということで……
画像集#025のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#026のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 これらを終えて帰宅したら,自室で翌日の準備をしたり,お風呂に入ってのんびりしたりして過ごす。このとき,どの選択肢を選んだかによって翌日のイベントが変化し,それによって日菜子の能力がアップすることもある。そして次の日は,またいつもどおりに学校に通うというのが,日菜子の一日のサイクルだ。

帰宅後は翌日の予習をしたり,お風呂に入ってリラックスしたり。こうして日菜子の一日は過ぎていく
画像集#027のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#028のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#029のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載


異世界で繰り広げる冒険。そして「原種」との戦い


 異世界は人の集合的無意識によって生み出された場所で,ここへは主に学園生活で受けたミッションをこなすために来ることになる。異世界には悩みを抱えた生徒の想いの欠片「エーテルフラグメント」(通称,フラグメント)があり,それを狙う魔物も存在している。この魔物を倒し,フラグメントを守ることが,生徒の悩みを解決することにつながるのだ。

幻想的な光景が広がる異世界。ここでは,魔物からフラグメントを守ることや,日常パートで受けたミッションの遂行が大きな目的だ
画像集#031のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#030のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

手に入れたフラグメントは,スキルに装着することでさまざまな効果を得られる
画像集#046のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#047のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

異世界にある「知覚の束柱」では,集めた素材を使ってアイテムを作成したり,フラグメントを強化して効果を高めたりできる。アイテムは戦闘中に使用できないので,事前に使っておく必要がある
画像集#042のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#043のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#044のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 フィールド上を徘徊している敵シンボルに接触すると,バトルに突入。戦いは,画面上部にあるタイムライン上を移動するアイコンが中央に来たキャラクターから順に行動していく,ターン制のコマンドバトルで進行する。戦闘中はMPを消費してさまざまなスキルを使用でき,「エーテルチャージ」コマンドでMPの回復が行える。

攻撃スキルやサポートスキルを駆使して魔物と戦う。MPが少なくなったら,エーテルチャージで補おう
画像集#037のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#038のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#039のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 エーテルチャージを行うとMPが回復するだけでなく,画面左下の「エーテルゲージ」が上昇する。このゲージを一定量消費することで,1回の行動で連続してスキルを放てる「オーバードライブ」が発動できる仕組みだ。また,エーテルゲージは味方全員のHPやMPを回復する「リカバリー」や,ダメージを軽減する「ガード」などのアクティブコマンドに使うこともできるので,使いどころを見極めて戦いを有利に進めよう。

エーテルゲージを溜めて,オーバードライブ(上段)やリカバリー/ガード(下段)を発動。アクティブコマンドは入力時間の長さに比例して効果が高まるが,そのぶんゲージを多く消費する
画像集#040のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#041のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 さらにストーリーが進むと,現実世界で原種とのバトルが発生することがあり,この戦いでは仲間になった生徒からのサポートを受けられる。原種との戦いは,いわばボス戦にあたり,戦闘直前にチーム編成を行って,パーティメンバーの誰に,どの仲間をサポーターとして付けるかを決めることになる。サポートの効果は仲間によって異なり,戦闘中に表示されるコマンドを入力することで,仲間のスキルを使用できる。

ストーリーを進めると,現実世界に原種が出現する。とにかくデカい!
画像集#036のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#045のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

原種との戦いでは,仲間からのサポートを受けられる。戦闘中にどこからともなく現れた仲間が,巨大な原種にバスケットボールをぶつけたり,ダンスで応援してくれたりする姿は,ちょっぴりシュール
画像集#032のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#033のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#034のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載


画面からあふれ出るフェティシズム!


 ところで,古くからの言い伝えによれば,リアルの女子校は決して我々ピュアボーイズが夢見る少女達の秘密の花園などではなく,想像を遥か斜め上に超えた修羅の国だという。「女子校の理想と現実」みたいなイラストも,ネット上でよく見かける。うう,イヤだ。信じたくない……。

夢も希望もないリアルなんて,もはや必要ない。この校門の先にあるのが僕らの“リアル”だ
画像集#035のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

 しかし,星ノ宮女子高等学校ではすべてがまぶしく透きとおり,キラキラと輝いている。そして,岸田メル氏自ら監修したというキャラクターモデルはもちろん,教室や廊下に差し込む光の加減から,1つ1つのカメラアングルに至るまで,画面のそこら中から,これでもかと言わんばかりのフェティシズムがあふれ出ている。本作最大の魅力は,まさにここにある。

 というわけで,最後に筆者が感じたフェチポイントを紹介したい。同志諸君,我々はついに目指していたシャングリラにたどり着いた。駆け足の“きれい”はここにあったんだ!

●あれもこれも揺れる
キャラクターを操作すると,制服のリボンやスカートのすそがひらひら揺れる。よく見ると胸も揺れているので,無駄に急停止を繰り返して確認してみよう。あと,何がとは言わないが,ときどき見える
画像集#001のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

●いつでもローアングル
本作で最も多用されているのが,太ももを膝裏から見たこのアングル。会話シーンでさえ,相手は足しか見えないことが珍しくない。開発スタッフの中に,よほどの膝裏フェチがいるに違いない
画像集#002のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#003のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

●控えめなチラリズム
チラリズム評論家の筆者を思わずうならせたのが,制服のすそからちらりと見える背中。バリエーションとして,ちらりと見えるお腹もある。うーん,この絶妙なさじ加減,分かってらっしゃる……!
画像集#004のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#005のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

●濡れてすけすけ
制服が雨に濡れると,下着が透けて見える。こんなに嬉しいことはない。ほかにも,お風呂に入ったときの髪の毛や肌,泳いだあとの水着の描写など,濡れ表現にそこはかとないこだわりを感じる
画像集#007のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#008のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#006のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

●制服の白さがまぶしい
本作のPS4版で最も印象的なのが,日中の明るい陽射しや夕陽など,さまざまな光を浴びた制服の白さを引き立たせる描写。逆光を受けて体のラインがうっすらと透けて見えるところも素晴らしい
画像集#009のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#010のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載
画像集#011のサムネイル/少女達の日常と非日常を透明感あふれるグラフィックスで描いた「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」のプレイレポートを掲載

「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」公式サイト


※掲載している画面写真は,PlayStation 4で開発中のものです
  • 関連タイトル:

    BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

  • 関連タイトル:

    BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ