オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
PUBG: BATTLEGROUNDS公式サイトへ
読者の評価
41
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
KRAFTON,「PUBG」の人気によって2023年の売上高が過去最高となる1兆9106億ウォンを達成。2024年から毎年新作をリリースする方針も発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/02/08 18:26

ニュース

KRAFTON,「PUBG」の人気によって2023年の売上高が過去最高となる1兆9106億ウォンを達成。2024年から毎年新作をリリースする方針も発表

画像集 No.002のサムネイル画像 / KRAFTON,「PUBG」の人気によって2023年の売上高が過去最高となる1兆9106億ウォンを達成。2024年から毎年新作をリリースする方針も発表
 KRAFTONは本日(2024年2月8日),1月26日に公示した2023年の年間および第4四半期実績に関する決算説明会を実施した。

 2023年の売上高は1兆9106億ウォン(前年同期比3.1%増),営業利益は7680億ウォン(同2.2%増),当期純利益は5931億ウォン(同18.8%増)となり,売上高は過去最高を記録した。看板タイトル「PUBG: BATTLEGROUNDS」PC / PS4 / Xbox One)の2023年の売上が前年比37%増を達成したことや,インドでサービスを再開した「BATTLEGROUNDS MOBILE INDIA」関連記事)の急回復が今回の好決算につながったという。

 また,同社は2024年から「Scale-up the Creative」戦略を掲げ,毎年新作をリリースする方針だと発表し,主なラインナップとして「Dark and Darker Mobile」iOS / Android)や「inZOI」などを挙げた。

関連記事

[インタビュー]「PUBGだけでないKRAFTON」を目指して。「Dark and Darker」から新作RPGまで,KRAFTONがついにグローバル制覇のために動き出す

[インタビュー]「PUBGだけでないKRAFTON」を目指して。「Dark and Darker」から新作RPGまで,KRAFTONがついにグローバル制覇のために動き出す

 PUBGといえばKRAFTON,KRAFTONといえばPUBG。それくらい強いイメージでPUBGと結びついていたKRAFTONだが,今年のG-STARを見る限りは,ついにそこから拡大していくようだ。このあと何をしようとしているのか,ちょっとだけ聞いてみよう。

[2023/12/07 12:00]

KRAFTONの公式サイト


KRAFTON、2023年の売上高が過去最高の1兆9,106億ウォンを達成

  • 営業利益7,680億ウォン、純利益5,941億ウォンを計上
  • 『PUBG: BATTLEGROUNDS』PC/コンソールと『BATTLEGROUNDS MOBILE INDIA』の人気により売上が増加
  • 『Dark and Darker Mobile』や『inZOI』等の新作を毎年リリースし段階的な成長を目指す

画像集 No.001のサムネイル画像 / KRAFTON,「PUBG」の人気によって2023年の売上高が過去最高となる1兆9106億ウォンを達成。2024年から毎年新作をリリースする方針も発表

(株)KRAFTON(代表取締役 キム・チャンハン)は、1月26日に2023年年間及び第4四半期実績を暫定公示し、2月8日午後に決算説明会を開催しました。

KRAFTONは韓国採択国際会計基準(K-IFRS)に基づき、2023年の売上高は1兆9,106億ウォン、営業利益は7,680億ウォン、当期純利益は5,941億ウォンの成果を記録しました。売上高は前年同期比3.1%増、営業利益は同2.2%増、当期純利益は同18.8%増となり、年間売上高は過去最高となりました。
また、2023年第4四半期の売上は、同期比12.8%増の5,346億ウォン、営業利益は同30.3%増の1,643億ウォンとなりました。

『PUBG: BATTLEGROUNDS』PC/コンソール版の昨年の売上は前年比37%と増加し、2023年12月にはピーク時の同時接続者数が前年同月比70%増を記録しました。
また、昨年サービスを再開した『BATTLEGROUNDS MOBILE INDIA』は、12月に月間最大売上を記録する等、トラフィック、収益ともに急速に回復をしています。
KRAFTONは、このような成果が“PUBG: BATTLEGROUNDS IP”の堅調な成長見通しを示すものであり、インド市場における事業及びゲームポートフォリオ等の拡張可能性を示唆すると分析しています。

同日の説明会では、新作タイトルと中長期的な方向性について発表しました。
KRAFTONは2024年から「Scale-up the Creative」戦略を掲げ、毎年新作タイトルをリリースしていく方針です。 主なラインナップである『Dark and Darker Mobile』、『inZOI』、『Dinkum Mobile』、『Project Black Budget』、『Subnautica2』等を紹介しました。
その他にも、マイノリティ投資とパブリッシングを組み合わせた“2nd Party Publishing”を通じて、10以上のプロジェクトに投資を行っていることを紹介しました。
さらに、中長期的な方向性として、“PUBG: BATTLEGROUNDS IP” のフランチャイズ化やインド市場での成長及び独立的なパブリッシングの拡大を、そして、AI(ディープラーニング)分野への研究開発投資の拡大を発表しました。
キム・チャンハン代表取締役は、「昨年は主に“PUBG: BATTLEGROUNDS IP”を通じて安定した業績を達成し、複数のラインアップの確保に注力したため、新たな飛躍に向けた準備が整った。今年はこのような努力が成果につながる初年度であり、KRAFTONの段階的成長のための分岐点になるだろう」と述べました。

当期実績
(2023年第4四半期)
前年同期実績
(2022年第4四半期)
前年同期比増減率
(%)
売上高 5,346 4,738 12.8%
営業利益 1,643 1,262 30.3%

▲表:KRAFTON連結財務諸表基準、2023年第4四半期の営業 (暫定) 実績(単位:億ウォン)

年間実績
(2023年)
前年実績
(2022年)
前年比増減率
(%)
売上高 19,106 18,540 3.1%
営業利益 7,680 7,516 2.2%
当期純利益 5,941 5,002 18.8%

▲表:KRAFTON連結財務諸表基準、2023年年間(暫定)実績(単位:億ウォン)
  • 関連タイトル:

    PUBG: BATTLEGROUNDS

  • 関連タイトル:

    PUBG: BATTLEGROUNDS

  • 関連タイトル:

    PUBG: BATTLEGROUNDS

  • 関連タイトル:

    Dark and Darker Mobile

  • 関連タイトル:

    Dark and Darker Mobile

  • 関連タイトル:

    inZOI

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月12日〜04月13日