オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS公式サイトへ
読者の評価
48
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/16 16:11

イベント

「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく

 2019年10月14日,PC版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」の日本公式リーグ「PUBG JAPAN SERIESSeason4 Grade1 Day5が開催されました。台風19号の影響を受けて,当初の開催日である10月12日から延期となり,通常,Grade1の試合は都内のオフライン会場で実施されていますが,いつもとは異なるオンライン環境で試合が行われました。

 11月にアメリカで開催される世界大会「PUBG Global Championship 2019」には,Season4の総合ランキング上位2チームが日本代表として出場します。今シーズンも終盤に差しかかり,トップを独走するRascal Jesterに続く,2つ目の枠を巡る争いが見どころです。

 それでは,Season4 Grade1 Day5の模様をお届けします。

画像(001)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
実況のシンイチロォさん(左),解説のSHAKAさん(右)
画像(002)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
優勝チームに贈られるトロフィー。各Seasonの優勝チームのロゴが刻まれています

出場チーム一覧(Season4 Phase1ランク順)

  • Rascal Jester(RJ)
  • Sengoku Gaming(SG)
  • BLUE BEES(BB)
  • Crest Gaming Xanadu(CGX)
  • All Rejection Gaming(ARG)
  • SunSister(SST)
  • Lag Gaming(LAG)
  • V3 FOX(V3F)
  • DetonatioN Gaming Black(DGB)
  • Zoo Gaming / Penguin(ZOO)
  • Crazy Cats Cosmo(CCC)
  • DetonatioN Gaming White(DGW)

Grade2から昇格

  • Team RAYZE(RAY)
  • JUPITER NOVA(JUN)
  • GrimNight REDCELL(GNR)
  • 野良連合(NR)



Round6 - Miramar


 Round6の開幕では,BLUE BEESのLiavely選手がパラシュートキルに成功しました(残念ながら配信に映りませんでした)。
 また,残り6チームとなったところで,Crest Gaming XanaduのRio01選手が,それぞれに家屋を確保していたRascal Jesterの3名を各個撃破。チームを全滅に追い込むという圧巻のプレイを見せました。

 3チームが残った最終局面では,All Rejection GamingとJUPITER NOVAが戦闘に突入したタイミングでBLUE BEESが動き出し,敵の動きを封じるような布陣を展開。これが功を奏し,ドン勝獲得となりました。

画像(003)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
画像(009)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく

BLUE BEES
Liavely選手:YouTube
ShowK選手:Twitch
Sabrac選手:Twitch
BrazilianSM選手:Twitch


Round7 - Miramar


 Round7では,Crest Gaming Xanaduが今シーズン初のドン勝をもぎ取りました。ここまでドン勝はなかったものの,着々と順位を上げていたCrest Gaming Xanaduは,この勝利によって大きくポイントを伸ばしました。
 試合終盤は5チームが互いに睨み合う混戦になりましたが,3名を残していたCrest Gaming Xanaduが複数のチームに対して一気に仕掛け,畳み掛けるように制圧しています。

画像(004)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
画像(010)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく

Crest Gaming Xanadu
Rio01選手:Twitch
Aries選手:Twitch
kurad選手:Twitch
Dep選手:Twitch


Round8 - Sanhok


 試合序盤,Quarry北側の家屋にて,Sengoku Gamingが巧みな連携でRascal Jesterを殲滅。ここで勝ち取った家屋が最終盤まで,安全地帯に含まれる展開になりました。
 残り3チームとなった終盤では,Zoo Gaming / PenguinのRuytv選手の活躍が光り,Lag Gamingの3名が全滅。しかし,Sengoku Gamingは両チームが削り合うことを想定した冷静な判断から,Ruytv選手を討ち取ることに成功してドン勝を獲得しました。

 これにより,Sengoku Gamingは総合ランキング2位の座をCrest Gaming Xanaduから奪い返し,ますます2位争いが激化する展開となりました。

画像(005)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
画像(011)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく

Sengoku Gaming
XhanZ選手:YouTube
gaaamiii選手:Twitch
Brost選手:Twitch
inko選手:YouTube


Round9 - Erangel


 Round9はBLUE BEESが再びドン勝を獲得。この日,2度のドン勝を獲得したことで,上位チームとのポイント差を大幅に縮め,世界大会への切符を狙える位置まで順位を上げています。
 試合終盤には複数のチームによる激しい戦闘が相次ぎましたが,4名が残ったBLUE BEESは安全地帯の北東側を制圧し,Round6と同様に危なげなく勝利を収めています。

画像(006)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
画像(012)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく

BLUE BEES
Liavely選手:YouTube
ShowK選手:Twitch
Sabrac選手:Twitch
BrazilianSM選手:Twitch


Round10 - Erangel


 Round10では,マップ上の見た目から“ぎょうざ”と呼ばれることもある,Gelorgopol南東に位置する大きな山を中心とする安全地帯になりました。
 試合終盤,4名生存のV3 FOXが南側から山を登って山頂付近を制圧。そこから中腹の敵を倒しながら山を下ると,息を潜めていたRascal JesterのWesker選手によって1ダウンを喫します。しかし,最後は数的有利を活かして,Team RAYZEのPureboy選手を討ち取り勝利を手にしました。

画像(007)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
画像(008)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく

V3 FOX
poly選手:Twitch
Manju選手:Twitch
tomus選手:Twitch
whitejack選手:Twitch




画像(013)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
Season4 Phase2総合ランキング
画像(014)「PUBG JAPAN SERIES」Season4 Grade1 Day5レポート。いつもとは異なるオンライン環境で2位争いがさらに激しく
Season4 Phase1からPhase2を通した総合ランキング

 Season4 Phase1からPhase2を通した総合ランキングは,Rascal Jesterが依然として断トツ首位をキープ。続くCrest Gaming XanaduとSengoku Gamingが,わずか1ポイント差で2位を争う状況になっています。また,2度のドン勝を獲得したBLUE BEESもトップ争いに食い込んでいます。
 一方,下位4チームはGrade2への降格となりますが,残留争いを繰り広げるチームのポイント差は小さく,決して油断できない最終日となりそうです。

 次回のSeason4 Grade1 Day6は,10月19日に行われます。世界大会「PUBG Global Championship 2019」への出場枠をかけた戦いの決着を見届けましょう。

「PUBG JAPAN SERIES」公式サイト

「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」公式サイト

  • 関連タイトル:

    PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月