オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
クラッシュ・ロワイヤル公式サイトへ
  • Supercell
  • 発売日:2016/03/02
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
58
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「クラッシュ・ロワイヤル」はMOBAやRTSの良さが凝縮されたカジュアルなリアルタイム対戦型カードゲーム。プレイインプレッションを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/03/05 00:00

プレイレポート

「クラッシュ・ロワイヤル」はMOBAやRTSの良さが凝縮されたカジュアルなリアルタイム対戦型カードゲーム。プレイインプレッションを掲載

 2016年3月2日,Supercellによるスマートフォン&タブレット向け新作アプリ「クラッシュ・ロワイヤル」iOS / Android,クラロワ)の正式配信が開始された。クラクラこと「クラッシュ・オブ・クラン」iOS / Android)で広く知られる同社の新作は,どういったゲームになっているのか。さっそく遊んでみたので,そのプレイフィールをお届けしよう。

クラッシュ・ロワイヤル
料金形態は基本プレイ無料のアプリ内課金制。いわゆる「スタミナ」は採用されていない

「クラッシュ・ロワイヤル」公式サイト

「クラッシュ・ロワイヤル」ダウンロードページ

「クラッシュ・ロワイヤル」ダウンロードページ



新鮮な触り心地のリアルタイム対戦型カードゲーム


 本作は,手札を切って自陣営のタワーを守りつつ,敵陣営のタワーを攻め落とすという,リアルタイム対戦型のカードゲームとなっている。
 プレイ中,少しずつ供給される「エリクサー」をリソースとし,手持ちカードを切るとそのカードのユニットが場に出現。場に出たユニットは自動で進軍/攻撃を開始する。

 そして,それはもちろん対戦相手も同じことである。お互い敵陣営の領域にユニットは出せないのだが,タワーを守る砦が破壊されると陣営の領域が狭くなり,接近を容易にしてしまう。カードには,ユニットを出現させるほか,建築物を設置したり,呪文を唱えたりできる種類も存在するので,これらを状況に応じて使い分けよう。

クラッシュ・ロワイヤル
場に出たユニットは完全にAIで制御されるため,プレイヤーの操作量は考えているほど多くない
クラッシュ・ロワイヤル
対戦相手が「飛行系ユニット」を出してきたら,相性的に有利な「遠距離攻撃系ユニット」で対抗するなど,基本的に“後出し戦術”が有効だ

クラッシュ・ロワイヤル
砦やタワーは迎撃能力を備えており,射程内の敵ユニットを自動で攻撃する
クラッシュ・ロワイヤル
試合時間は3分間(180秒)。ラストの1分間はエリクサーの供給速度が2倍になる。3分を超えると,60秒の延長戦に突入する

 本作においてもっとも悩ましい(面白い)要素は,デッキの編成である。デッキには8枚のカードしか登録できず,「あれも」「これも」と言っているとデッキがまったく完成しないこと請け合い。手札は最大4枚なので,基本的にどんな状況でも対応できそうな汎用性重視のデッキを作りがちだが,それでは何かに特化したタイプのデッキに対抗しきれなかったりするため,嬉しい意味で悩みが尽きないのだ。

クラッシュ・ロワイヤル
画面下に4つ並んでいるのが手札のカードだ。その左側には,次にドローするカードが表示されている。対戦相手の出方を窺いながら,戦術を組み立てていこう
クラッシュ・ロワイヤル
エリクサーは4秒前後で1マス分が溜まり,最大10マス分まで蓄積できる。カード1枚に必要なコストは,だいたい2〜5。6〜10は高コストだが,強力な性能を持ち合わせている

クラッシュ・ロワイヤル
相性的に有利なカード(ユニット)を使っていきたいところだが,リアルタイムでさまざまカードが使われる状況では,なかなか思い通りの展開にならない
クラッシュ・ロワイヤル
クラクラでおなじみのキャラクターが多数登場。同名のカードを集めていくと,カードのレベルアップが可能だ

クラッシュ・ロワイヤル
カードには「コモン」「レア」「スーパーレア」といったレアリティが存在するが,スーパーレアは問答無用に強いといったゲームバランスではない
クラッシュ・ロワイヤル
デッキを編成するときは,レア度よりもコストに注目したい。体感だが,6以上のコストが必要なカードの出番は少なめだ


プレイモチベーションにつながるご褒美「宝箱」


 バトルに勝つ/負けると「トロフィー」の値が変動し,この値に応じてプレイヤーは8種類の「アリーナ」に振り分けられる。要は,プレイヤーの“強さ”の指標になっているわけだ。対戦相手は,基本的に同じアリーナの中からマッチングされるので,実力の拮抗した試合を楽しみやすいのもポイントである。

 なお,勝利報酬としてもらえる「宝箱」は,上位のアリーナほどグレードが高くなる。グレードによって出てくるカードのラインナップが変わるので,上を目指すプレイモチベーションを高めてくれる。

クラッシュ・ロワイヤル
宝箱は「金の宝箱」「銀の宝箱」「巨大宝箱」「クラウン宝箱」「おまけの宝箱」「魔法の宝箱」「スーパー魔法の宝箱」などがある。獲得条件は大きく分けて3パターンがある
クラッシュ・ロワイヤル
獲得した宝箱は連続で開けられない。それぞれ次の開放にはクールタイムの経過を待つ必要があり,「普通の宝箱」は3時間/8時間/12時間(グレードで異なる),「クラウン宝箱」は24時間,「おまけの宝箱」は4時間となっている


プレイヤー間でカードをプレゼントできる

「クラン」のリクエスト/寄付システム


 クラロワでは,「クラン」のメンバーが欲しいカードを“リクエスト”すると,ほかのメンバーが“寄付”としてそのカードをプレゼントできる。
 リクエストに応えてもらったメンバーはもちろん,寄付をしたメンバーも経験値とゴールドを獲得でき,両者にとってメリットがある。このシステムは,クランメンバー同士の結束を高めて,クラン内の雰囲気も良くするのではないだろうか。

クラッシュ・ロワイヤル
寄付で手に入る経験値とゴールドの量は高めに設定されており,かなりおいしい
クラッシュ・ロワイヤル
サービス開始から間もないこともあってか,数秒でマッチングが成立する。格上の対戦相手とマッチングすることもあるが……

 シンプルな操作で高い戦術性を味わえるゲームプレイと,クラン内のリクエスト/寄付システムによるプレイヤー間コミュニティを促進する要素が魅力的で,長く遊べるゲームだと感じた「クラッシュ・ロワイヤル」。筆者は上位のアリーナを目指して遊び込んでいるが,ちょっとした空き時間に宝箱をチェックしたりできるので,日頃忙しい人でもライフスタイルに合わせて遊びやすいと思われる。

 日本での正式サービス開始から日も浅いこともあり,今ならどこのクランに所属しても,同タイミングでゲームを始めた人が多いはず。本稿で興味を持った人は,この機会にプレイを開始してみてはいかがだろうか。

「クラッシュ・ロワイヤル」公式サイト

「クラッシュ・ロワイヤル」ダウンロードページ

「クラッシュ・ロワイヤル」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    クラッシュ・ロワイヤル

  • 関連タイトル:

    クラッシュ・ロワイヤル

  • 関連タイトル:

    Clash of Clans

  • 関連タイトル:

    Clash of Clans

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
83
82
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
2018年05月〜2018年11月