オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
シンデレラガールズ4thライブ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story」開催。サプライズゲストとしてかわいいボクと着ぐるみアイドルが登場したですよ,のさいたま初日レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/10/17 15:56

イベント

シンデレラガールズ4thライブ「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story」開催。サプライズゲストとしてかわいいボクと着ぐるみアイドルが登場したですよ,のさいたま初日レポート

「アイドルマスター シンデレラガールズ」公式サイト

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」公式サイト

「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」公式サイト


 バンダイナムコエンターテインメントは2016年10月15日,「アイドルマスター シンデレラガールズ」のライブイベント「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story」をさいたまスーパーアリーナ(以下,SSA)で開催した。モノの順序として,「Brand New Castle」と名付けられた初日の模様をお伝えしたい。
 ちなみにSSAといえば,2014年2月22日と23日に行われた「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」の舞台として,もっぱら私によく知られているが,あのときは「アイドルマスター史上最大規模のライブ」として,765PRO ALLSTARSとミリオンスターズのメンバーが一緒だったが,今回は「アイドルマスター シンデレラガールズ」のみの単独開催になり,シンデレラだけで,いつ見てもやたらデカいこのSSAを埋めてしまったわけだ。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

 さらに,2014年の公演では実施されなかったライブビューイングが日本全国88(9月30日調べ)の映画館で行われており,動員総数は前回を上回るだろう。さすがの私も勢いを感じずにはいられない。簡単に言って,すごっ。

 さて,いつものように千川ちひろ(声は佐藤利奈さん)の諸注意でイベントは始まった。ちひろによれば「長い公演になるが,休憩はありません」とのことで,話が前後するが,結果としてだいたい4時間以上のイベントになり,私はエナジードリンクがほしいぞ。楽しかったけど。


 ご存じのように,出演者は初日と2日めで異なる,かぶりなしという,かつてなかった構成になっており,「Brand New Castle」というタイトルどおり,初日はボイスが付いたのが比較的最近というキャラクターが中心になっており,シンデレラガールズのライブには初出演,という人も少なくなかった。初出演でSSAとか,その緊張感の高さは想像を超えるものがあるのではあるまいか。私じゃ無理なので,シンデレラガールズのキャストでなくて良かった。言ってる意味が分からないが。出演は,以下の皆さんだ。

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story」(リスト中敬称略)
■10月15日:Brand New Castle
藍原ことみ(一ノ瀬志希役),青木志貴(二宮飛鳥役),飯田友子(速水 奏役),今井麻夏(佐々木千枝役),桜咲千依(白坂小梅役),金子真由美(藤本里奈役),金子有希(高森藍子役),木村珠莉(相葉夕美役),佐藤亜美菜(橘 ありす役),下地紫野(中野有香役),鈴木絵理(堀 裕子役),髙野麻美(宮本フレデリカ役),立花理香(小早川紗枝役),種﨑敦美(五十嵐響子役),千菅春香(松永 涼役),長島光那(上条春菜役),原 優子(向井拓海役),春瀬なつみ(龍崎 薫役),牧野由依(佐久間まゆ役),村中 知(大和亜季役),杜野まこ(姫川友紀役),山下七海(大槻 唯役),ルゥティン(塩見周子役),和氣あず未(片桐早苗役)


 タイトルに書いてあるのでバレバレのような気がするし,もう2日も前のことなので皆様,とっくにご存じであると思うが,公演では,サプライズゲストとして,かわいいボクこと輿水幸子役の竹達彩奈さんと,着ぐるみアイドル市原仁奈役の久野美咲さんが出演したんでごぜーます。最初は24人でスタートしたのに,最後は26人になるというサービス満点の公演ということになる。ゲストを含めて属性で分けると,クール9人,キュート8人,パッション8人になると思う。間違ってたらごめんなさい。全36曲のセットリストは,以下のとおりだ。

■10月15日:セットリスト(リスト中敬称略)
1.BEYOND THE STARLIGHT (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
2.Snow Wings (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
3.Flip Flop (金子有希,鈴木絵理,杜野まこ,山下七海,和氣あず未)
4. 恋のHamburg♪ (種﨑敦美)
5.青の一番星 (ルゥティン,立花理香)
6.共鳴世界の存在論 (青木志貴)
7.き,ま,ぐ,れ☆Cafe au lait! (髙野麻美,鈴木絵理,種﨑敦美,村中 知,和氣あず未)
8.エヴリデイドリーム (牧野由依,下地紫野,長島光那)
9.Bloody Festa (桜咲千依)
10.お散歩カメラ (金子有希,今井麻夏,春瀬なつみ)
11.lilac time (木村珠莉)
12.明日また会えるよね (藍原ことみ,金子真由美,下地紫野,髙野麻美,立花理香,種﨑敦美,牧野由依)
13.Radio Happy (山下七海)
14.気持ちいいよね 一等賞! (杜野まこ,木村珠莉,髙野麻美,種﨑敦美,原 優子,牧野由依)
15.Can't Stop!! (和氣あず未,飯田友子,金子有希,鈴木絵理,立花理香,千菅春香,山下七海)
16. きみにいっぱい☆ (金子有希,木村珠莉,鈴木絵里,原 優子,春瀬なつみ,杜野まこ,山下七海,和氣あず未)
17.恋色エナジー (下地紫野)
18.花簪 HANAKANZASHI (立花理香,種﨑敦美,牧野由依)
19.秘密のトワレ (藍原ことみ)
20.咲いてJewel (青木志貴,飯田友子,今井麻夏,桜咲千依,佐藤亜美菜,千菅春香,長島光那,村中 知,ルゥティン)
21.ミラクルテレパシー (鈴木絵理,山下七海,和氣あず未)
22.To my darling… (竹達彩奈)
23.Near to You (Long Intro Ver.) (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
24.Absolute NIne (Long Intro Ver.) (藍原ことみ,木村珠莉,原 優子,ルゥティン)
25.Dance ShowCase - Hotel Moonside (飯田友子,青木志貴,千菅春香)
26.in fact (佐藤亜美菜)
27.あいくるしい (立花理香,牧野由衣)
28.生存本能ヴァルキュリア (今井麻夏,金子真由美,金子有希,木村珠莉,佐藤亜美菜,千菅春香,長島光那,原 優子,春瀬なつみ,村中 知)
29.Lunatic Show (桜咲千依,金子真由美,村中 知)
30.Tulip (藍原ことみ,飯田友子,髙野麻美,ルゥティン)
31.純情Midnight伝説 (Long Intro Ver.) (金子真由美,千菅春香,原 優子,村中 知)
32.ハイファイ☆デイズ (Long Intro Ver.) (今井麻夏,春瀬なつみ,久野美咲)
33.みんなのきもち (Long Intro Ver.) (久野美咲,藍原ことみ,青木志貴,今井麻夏,桜咲千依,金子真由美,佐藤亜美菜,下地紫野,長島光那,春瀬なつみ,杜野まこ,ルゥティン)
34.GOIN'!!! (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
35.EVERMORE (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
36.お願い!シンデレラ (THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)


 というわけで,さあ,神戸公演に続く2つめのお城,「Brand New Castle」の開門だ。オープニング曲は「BEYOND THE STARLIGHT」。いつもなら衣装はお揃いだが,今回は全員が違う衣装になっており,ゲームに出てくるカードや,CDジャケットなどを再現したものだ。これは個性的。


 2曲めの「Snow Wing」では歌唱中,固まったり離れたりと複雑なフォーメーションで動き,会場を埋め尽くしたプロデューサー達の目を奪った。つかみはオッケーというか,少なくとも私はつかまれた,グッと。
 ちなみにステージは,大きなお城のセットが正面に組まれた大きなもので,高いテラス部分でも歌えるほか,アリーナのセンター付近にもステージが用意されているという感じだ。

 それぞれの自己紹介では,フレデリカがさいたまをサイパンと言い間違えるという,分かる人には分かりすぎるSSAネタが登場し,2年前を懐かしく思い出すわたくし。

 最初のブロックは,「Flip Flop」でスタートし,続く「恋のHamburg♪」では,4人のダンサーの皆さんがおたまやしゃもじ,種﨑さんがフライ返しを持って登場した。可能性は減る一方だが,私もいつか若妻に「もうすぐご飯だよ〜」なんて言われてみたい。マジで。そして,お城の高いところで和風衣装のルゥティンさんと立花さんがデュエットする「青の一番星」,また,赤いレーザーが会場を飛び交った「共鳴世界の存在論」ではスタンドマイクを使用して,衣装にもLEDが仕掛けられ,もう,キラキラだ。
 そして,私は行ったことがないが,パリのエスプリが感じられる気がしてならない「き,ま,ぐ,れ☆Cafe au lait!」では,かな子がパンを食べると代わりに,サバゲ好きアイドルと元警官アイドルによるコミカルなシーンが演じられた。また,ストレートなラブソングに思えて,不穏な空気が次第に高まる「エヴリデイドリーム」は私の好きな曲だが,3人で歌うという構成に。会場は,いつものように真っ赤っかだ。


 次のブロックは,ライブへの出演がこれで4回めという,もうベテランと呼んでいい桜咲さんの,「Bloody Festa」でスタートした。シンデレラのお城が悪魔城みたいなムードになったが,そういえばハロウィンも近いので季節感があるなあ。強引ですか。続く「お散歩カメラ」では悪魔城から雰囲気がガラリと変わり,こちらも3人で歌唱。ライブ初お披露めの「lilac time」「明日また会えるよね」と続いたが,「明日また会えるよね」では,トロッコが登場した。いや,トロッコではなく,かぼちゃの馬車だった。記者席の真ん前をかぼちゃの馬車が通り過ぎて行ったので,思わず手を振りたくなったが,私もこう見えて仕事中なのでそこはグッとこらえた。もっとも,最近,こらえる必要はないんじゃないかとも思い始めており,危険な兆候だ。


 次の「Radio Happy」は,筆者期待の一曲である。こういう,ノりまくりのダンスチューン,好きなんですよね。唯もかわいいし。ハロー! そして,拓海がボールを投げて,友紀がそれをバットで撃ち返すという,3rdライブに続いてこれで2回めだが,文章でかくとよく分からないかもしれないシーンに続き「気持ちいいよね 一等賞!」が始まる。杜野さんの話によれば,友紀が打ったのはチェンジアップだったとのこと。なるほど細かい。じゃ,次はシンカーで。
 さて,ここで会場の雰囲気はスタジアムからバブル期のディスコに一変する。「Can't Stop!!」も楽しみな一曲で,お立ち台というか,お城のテラスで通称「ジュリ扇」を振って踊るシンデレラ達の姿が個人的に懐かしい。いや,当時のディスコとかは行ったことないんですけど。パッション全員で歌われた「きみにいっぱい☆」では,再びカボチャの馬車が登場した。

 お次のブロック,「恋色エナジー」は空手の型のようなダンスがきゅん,という感じでかわいらしく,「花簪 HANAKANZASHI」は,ダンサーの皆さんが持った和傘がいつもながらに華やかだ。「秘密のトワレ」の妖しい雰囲気で瞳孔が開きそうになり,「咲いてJewel」で,またまたカボチャの馬車が登場した。なんとなくMVモードの開放がしたくなったが,それはともかく,続く「ミラクルテレパシー」では,サイキックミラクルスロットをオール7にするという裕子のサイキックパワーを見せ,そのパワーを使って召喚したのが,なんと竹達さんだった,という流れだ。すごい。すいません,サイキックパワー,なめてました。まあ,分かりにくいとは思うので,いずれBlu-rayとか見て確認してね。

 アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」では,なかなかの存在感を発揮していた幸子だが,竹達さんがシンデレラガールズのライブに出演するのは,これが初めて。世界一かわいいボクにプロデューサーさんが会いたがっていると聞いたので,会いに来たとのことだが,そうだったのか。ありがとう,幸子。もちろん,会場からはすごい歓声がわきあがった。
 竹達さんの「To my darling…」は2013年にリリースされた楽曲だが,それがステージで生で聞けたわけなので,歓声も当然といったところだ。うおー。
 25人がステージ一杯に広がって「Near to You」を歌ったあと,次のブロックに突入した。


 「Absolute NIne」はオリジナルメンバーのうち,4人で歌唱。そして,私が楽しみにしていた飯田さんの「Hotel Moonside」は,前回の3rdライブ2日めと同様,オリジナルの長いイントロとハードなダンス付きだ。3rdライブで圧倒的なパフォーマンスを見せ,私が3rdライブBlu-rayの2日めDisk2ばっかり穴のあくほど繰り返して見るという状況を作り出した一曲だけに,今回は期待半分,不安半分といったところ。しかし,ダンスはキレまくりで,さらに青木さんと千菅さんが参加したことで,非常にいい感じになっていた。私にほめられても嬉しくないと思うが,初日のオレ的ハイライト。

 ここから「in fact」への流れは,前回のライブと同様で,魂が浄化される感じは,続く「あいくるしい」で最高潮に。なんだか,長生きできそうな気がしてきた。そして,ブロックの最後は「生存本能ヴァルキュリア」。そのあとの振り返りでは,歌った全員,無事に生き残れたと述べていた。


 さて,ここで拓海が会場に気合を入れたのち,いよいよ最終ブロックに突入した。桜咲さんが「悪夢を見せてあげる」と宣言しての「Lunatic Show」から,ほぼオリジナルメンバーで「Turip」へ。ここにはいない美嘉は,神戸公演と同じくCGで出演だ。「純情Midnight伝説」もオリジナルメンバーで,ここにはいない木村夏樹は,CG出演で夜露死苦。
 そして,続く「ハイファイ☆デイズ」で,2人めのサプライズゲストとして,上記のように久野さんが登場し「みんなのきもち」を歌った。ここにはいない,みりあと桃華ちゃまは同じくCG出演という形だが,仁奈Pの要望で久野さんが決まったという話も漏れうけたまわるので,これはもう仁奈P大歓喜といったところ。竹達さんと久野さんの歌が聞けた人は,今年の運を使い果たしたと思われるので,今後の生活に注意が必要だ。


 そして,26人に増えたシンデレラガールズ全員で「GOIN'!!!」を歌い,アンコールでは,「アイドルマスター シンデレラガールズ」のサービス開始5周年を記念して作られたアニバーサリーソング「EVERMORE」と,これがなくては終わらない「お願い!シンデレラ」を歌う。そして最後は,桜咲さんの音頭で「これからもアイマスですよ,アイマス」でイベントは終了したのだ。

 というわけで,ライブでおなじみの出演者があまりいない状況で,しかもSSAという大きな会場で行われた,ある意味,挑戦的なイベントだったが,いや,もうね,全然大丈夫でしょう。層の厚さを感じて,思いっきり楽しませてもらいました。アイマス最高。伝説になりそうな雰囲気が濃厚な今回のライブだけに,ちょっと趣を変えて時系列で追ってみたが,疲れて途中から駆け足になって歳を感じる今日この頃。16日は,シンデレラプロジェクトを中心にベテランを中心にした構成になっている。もう知っていると思うけど,こちらにも2人のサプライズゲストが登場して,SSAが歓声に包まれたので,その模様は追ってお伝えしよう。

「アイドルマスター シンデレラガールズ」公式サイト

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日