オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/18 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

画像(001)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」
「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamで公開されている気になるタイトルを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,麻雀なら得意だぜと意気込んでエオルゼアに突撃し,今まで自分がプレイしていたのが「上海」という別ゲーだったことを知る上級Steamerにジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第225回は,インディーズ開発者Zeng Xiancheng氏がたった1人で開発している「Bright Memory - Episode 1」を紹介しよう。「Devil May Cry」や「NieR:Automata」ばりのハイスピードかつスタイリッシュなバトルが,一人称視点で繰り広げられるという,アクション好きにはたまらない作品だ。

4Gamer公式キュレーター



画像(004)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

個人開発とは思えないクオリティのスタリッシュFPS「Bright Memory - Episode 1」


画像(013)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

 アーリーアクセスとは,開発途中のゲームを購入して,デバッガー兼プレイヤーとして参加できる,Steamの販売形態の1つだ。今回は海外のインディーズ系デベロッパ,FYQD Personal StudioのZeng Xiancheng氏がたった1人で開発している「Bright Memory - Episode 1」を紹介しよう。

 本作は,自然科学研究機関に所属する主人公のSheliaと,軍事組織「SAI」が,死んだ生物を蘇らせるという謎の素材を巡って戦いを繰り広げる,一人称視点のアクションゲームだ。
 Sheliaは,斬撃を飛ばすライトブレードや,EMPの衝撃波を前方に発射するガントレットといった特殊な装備を身に着けており,これらとアサルトライフルを組み合わせて戦いに挑むことになる。

画像(010)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

 このゲームの魅力は,「Devil May Cry」や「NieR:Automata」ばりのハイスピードかつスタイリッシュなバトルが,一人称視点で繰り広げられるという部分にある。
 EMPの衝撃波で宙に飛んだ敵にワイヤーフックを打ち込んで急接近し,ライトブレードで斬り刻んだり,敵の攻撃を前後左右に回避しながらアサルトライフルを浴びせたりと,操作がなかなか忙しいぶん爽快感が高く,一人称視点だからこその臨場感も味わえるのがポイントだ。筆者はなんだか「バレットストーム」を思い出してしまった。

戦闘では,どれだけスタイリッシュに戦えているかも評価される。評価段階はC〜SSSで,戦闘中はリアルタイムで評価が変動する仕組みだ
画像(007)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

 プレイヤーが最初から使えるアビリティは,「EMP」「ライトブレード」「ワイヤーフック」の3つだが,戦闘を通じて得た経験値を消費すれば新しいアビリティを習得できる。アビリティには,キーを押して発動させるアクティブ系と,常時発動するパッシブ系があり,アクティブ系の方は強力なぶんコストが高くなっている。
 ゲームクリアまでに得られる経験値は限りがあるので,高い経験値コストと引き換えに強力なアビリティを覚えるか,低コストのパッシブを複数習得していくかは悩みどころになるだろう。

画像(009)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

 ゲーム内の言語は,英語と中国語(簡体字)しかサポートされていないが,ステージは基本的に1本道なので,ストーリーの内容がわからなくても迷ったりすることはない。長々と会話するだけのカットシーンなどでゲームのテンポを邪魔されるようなこともなく,開発者のセンス溢れるカメラワークと演出でストーリーもとんとん拍子に進んでいく。

画像(011)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

 現時点で実装されているストーリーは40分ほどでクリアできるが,正式リリース版では約3時間くらいのボリュームになるそうだ。クリア後はアップグレードの状態を引き継いだまま2周めに入れるので,アビリティの全習得を目指してもいいし,よりスタイリッシュに戦えるよう操作を極めてみるのも面白いだろう。

唐突なDARK SOULSネタに思わずにんまり
画像(006)ハロー!Steam広場 第225回:ハイスピードかつスタイリッシュなバトルが楽しめるFPS「Bright Memory - Episode 1」

 ゲームは2019年内に完成する予定で,正式リリース後は価格も引き上げられるとのこと。720円という価格を考えても,現状で十分に楽しめる作品になっているので,興味のある人は今のうちに遊んでみてほしい。



  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月17日〜02月18日