オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2014]「ケイオスリングスIII」プレイレポート。スマートフォンの人気RPGシリーズが,サクサクのプレイ感覚はそのままにPS Vitaでも遊べる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/09/19 11:13

イベント

[TGS 2014]「ケイオスリングスIII」プレイレポート。スマートフォンの人気RPGシリーズが,サクサクのプレイ感覚はそのままにPS Vitaでも遊べる

ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー
 TGS 2014のスクウェア・エニックスブース内にて,同社が2014年10月16日に発売を予定しているスマートフォン向けゲーム「ケイオスリングスIII」iPhone / Android)およびPS Vita用ソフト「ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー」のプレイアブルバージョンが出展されている。両タイトルは,同社がスマートフォン向けRPGとして展開してきた「ケイオスリングス」シリーズの最新作で,「プリクエル・トリロジー」には過去のシリーズ作もすべて収録されている。

スクウェア・エニックスブース
ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

 今回出展されたプレイアブルバージョンは,両タイトルともに「ケイオスリングスIII」のエンディングまで収録しているとのこと。ただし,試遊には基本的に15分という制限時間があるので,エンディングにたどり着くのはまず不可能だろう。
 また,セーブデータはゲーム冒頭からプレイできるものと,レベル21からプレイできるものが用意されている。制限時間内なら,途中でタイトルに戻って,別のセーブデータを選び直すこともできる。

ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

 選択できるモードは「シナリオモード」と「バトルモード」の2種類だ。前者は,受付のNPCに話しかけることでクエストを受託できる。クエストには,討伐クエストや納品クエストなどがあり,それらをこなしていくと,新たなクエストが発生してストーリーが進行するという仕組みである。
 一方のバトルモードは,その名のとおり,バトルのみをプレイできる。短い時間でも楽しめるので,移動時間などのちょっとした空き時間を利用して遊べるようになっているほか,プレイ中に実況風のキャラクターボイスが流れる仕様だ。

ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

 今回は,シナリオモードをプレイすることができた。
 クエストを選択すると,基本的には画面左上のマップに表示されている目的地に向かってダンジョンを進んでいけばいいのだが,フィールドが立体的に交差していたり,マップには表示されない行き止まりがあったりと一筋縄ではいかない。プレイヤーは,何とか目的地につながる道を探して頭をひねり,右往左往することになるのだ。

ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

 バトルはコマンド形式となっている。その中でもポイントとなるのは,「ケイオスリングス」シリーズ特有の「ジーン」だ。
 ジーンは,敵に大ダメージを与えたり,特殊な効果をもたらしたりする,いわゆる魔法やスキルにあたる存在だ。ジーンの発動にはMPを消費するので,肝心なときにMPがないなんてことを避けるべく,きちんと使いどころを考えなければならない。
 ジーンはバトルの報酬などの形で入手可能で,「キャンプ」でアイテムや装備の変更するときと同様,各キャラクターに付け替えられる。したがって,敵の属性に合わせて,相性のいいジーンに切り替えながら戦っていくのが攻略のポイントと言えそうだ。

ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー
ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー
ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー
ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

 プレイ全般に関しては,従来の「ケイオスリングス」シリーズと同じく,スマートフォンで快適にプレイできるようにUIが設計されているが,PS Vita版でもストレスなくサクサクと遊べる
 ちなみに,スマートフォン版の仮想スティック操作と,PS Vita版のアナログスティック操作では,どちらのほうが快適なのかという疑問も当然あるだろうが,筆者としては甲乙付けがたいといったところだ。あえて言うならば,仮想スティックは画面にタッチし続けなければならないため,そのぶん視界が妨げられてしまうというデメリットがあるくらい。これはもう,各プレイヤーの好みの問題と言って差し支えないだろう。

PS Vita版でも,すべてタッチ操作でプレイできるとのことだ
ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー


 最後に「ケイオスリングスIII」プロデューサーの加藤 渉氏から,同タイトルに注目している人に向けてメッセージを寄せてもらった。こちらを掲載して本稿の締めとしよう。

「ケイオスリングスIII」プロデューサー 加藤 渉氏
『ケイオスリングスIII』は通常プレイで50〜60時間,それ以外の要素もすべて楽しもうと思えば100時間は必要という,ボリュームのあるゲームです。また,PS Vita版の『プリクエル・トリロジー』は,これまでのシリーズ3作品を全部詰め込んでいますので,220時間くらい遊べます
 『ケイオスリングス』シリーズは,長年RPGを作り続けてきた実績のあるスクウェア・エニックスが贈る王道タイトルです。PS Vitaユーザーの皆さんには,スマートフォン向けにもこんなRPGがあったんだ,そして今はコンシューマ機でも遊べるんだ,ということをぜひ知っていただきたいです。
 また,ストーリーモードはRPGの王道ですが,連戦して勝ち進むと強い武器やレアアイテムが得られるバトルモードは,ソーシャルゲームを作ってきた経験を持つ私達だからこそできるものだと自負しています。両方が組み合わさると,こういうゲームになるというところを実感してください」

ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

「ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー」公式サイト


4Gamer「東京ゲームショウ2014」特設サイト

  • 関連タイトル:

    ケイオスリングスIII プリクエル・トリロジー

  • 関連タイトル:

    ケイオスリングスIII

  • 関連タイトル:

    ケイオスリングスIII

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月26日〜06月27日